季語/接木(つぎき)を使った俳句

「接木」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「接木」について

【表記】接木

【読み方】つぎき

【ローマ字読み】tsugiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・接穂(つぎほ:tsugiho)

・砧木(だいぎ:daigi)

・接木苗(つぎきなえ:tsugikinae)

・芽接(めつぎ:metsugi)

・切接(きりつぎ:kiritsugi)

・根接(ねつぎ:netsugi)

季節による分類

・「つ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

接木を含む俳句例

乾坤の間に接木法師かな/前田普羅

接木師に接穂三千刀一つ/岸/霜蔭

沖を走る波の白兎や柿接木/中拓夫

垣越にものうちかたる接木哉/蕪村

畑中や接穂青める土の上/飯田蛇笏

接木師に接穂三千刀一つ/岸/霜蔭

接木してゐる傍の小米花/松瀬青々

鎌倉に九代栄ゆる接木かな/正岡子規

接木して僧の手洗ふ筧かな/倉田萩郎

うらうらと海上三里接木かな/上村占

接木見に来たる隣の主かな/篠崎霞山

はる雨や接木見に行園の奥/松岡青蘿

足音の迫るをきけり接木人/前田普羅

一畑は接木ばかりの昼淋し/内藤鳴雪

落葉して心元なき接木かな/村上鬼城

穂は枯て接木の台の芽立けり/炭太祇

梨棚の中なる梨の接木かな/高浜虚子

接木して視野狭窄を怖れけり/大牧広

湖の夕日さしゐる接木かな/山口青邨

接木すや垣の外なる人通り/島田青峰

俳句例:21句目~

柿接木居坐る雲の雨ぶくみ/高澤良一

家内して覗からせし接木かな/炭太祇

接木せり傷を舐めあう間柄/武田和郎

柿接木してみづいろの煙立つ/中拓夫

梅桃の接穂ちらばり忘れ霜/堀口星眠

庭中にあるじ酒くむ接穂哉/加舎白雄

鬼ひしぐ手を徒に接木かな/尾崎紅葉

零落や竹刀を削り接木をす/子規句集

接木すと小刀見せし旅人かな/野村泊月

接木するうしろ姿の昼となる/中村汀女

年順に栄えて果樹の接木かな/山崎楽堂

やはらかき光の降りぬ桃接木/根岸善雄

接木僧耶馬柿の穂を齎せる/清源天行子

白雲の他来ぬ谷の接木かな/大峯あきら

眼鏡ふとく口が一の字接木翁/河野静雲

口笛の口とがらせて接木かな/太田土男

菜畠にきせるわするゝ接木哉/蕪村遺稿

雨雲の春重畳と接木かな/長谷川零餘子

夢すこし現とちがふ接木かな/神尾季羊

大木へ接木してゐる甲斐の夏/高橋馬相

俳句例:41句目~

黄塵の町のこなたに接木する/中村汀女

更科の山のどかんと接穂かな/宮坂静生

接木して儲けものなる雨少し/能村研三

吾を信ず柿の接木をするときも/大石悦子

ひと真似のおぼつかなくも接穂哉/炭太祇

接木してつながる肉の疎ましき/長谷川櫂

交番でばらの接木をしてゐるよ/川端豊子

接木せし夜は己が身の末思ふ/藤井寿江子

百姓の来てのぞきをる接木かな/橋本鶏二

教へ子に教へられつつ接木せり/西浦末寿

高野へと雲を見送る接木かな/上田五千石

雲静かに影落し過ぎし接木かな/高浜虚子

川音の高みのなかの接木かな/鷲谷七菜子

芽吹く木の瘤より接木農夫の婚/佐川広治

接木するうしろに神の鳴にけり/松瀬青々

農学部しづかに接木してをりぬ/館岡沙緻

接木して曇りし水の流れ去る/大峯あきら

聖経を少し読んでは接木する/土屋美津二

接木すやあちこちとして小鳥影/野村泊月

さんらんと日照雨降る接穂かな/芝不器男

俳句例:61句目~

ほしかりし枝乞ひ得たる接穂哉/中村雪後

接木してこち向かぬ父あはれかな/原石鼎

接穂の事尋ね入りたる濛雨かな/前田普羅

昼過ぎの雨となりたる接木かな/野中亮介

苞の中あめつちくらき接穂かな/橋本鶏二

接木すと三かいの藁をうちにけり/高田蝶衣

接木せしその夜あはあは人逝けり/柿本多映

あたらしき空ひらきゆく接木かな/寺澤慶信

接木赤しつらぬくことを思ひつつ/赤尾兜子

接木してまた新たなる月日かな/岡部名保子

文を手につぶやき居るや接木人/石島雉子郎

落日にうづくまりたる接木かな/大峯あきら

僧接木つくもつかぬも弥陀まかせ/高羽吐心

もの問へば接穂くはへてゐたりけり/飴山實

医王嶺のあきらかとなり接木する/中西舗土

薔薇の接穂の白いきれのにじむ字/喜谷六花

接木する台木の刃入れ息ころす/三井紀四楼

接木人にいつか去りたる縁の猫/島村元句集

愚豚児の一つ妙ある接木かな/菅原師竹句集

出そびれし我を囚へて接木せり/島村元句集

俳句例:81句目~

気にかかる接木の縄を解きにけり/秋山英子

接木して世を去る伯父でありしかな/平井照敏

舟よりのこゑに手を挙ぐ接木かな/中戸川朝人

山は山で鳥鳴くよ接木しにくれば/西村白雲郷

接木して落ちつかぬ日の夕餉なり/藤原たかを

四五人の解く圍みたる接木かな/片岡/北窓子

そゝこしきあるじが接木おぼつかな/高井几董

格子戸に影のとどきし接木かな/伊予田由美子

うぐひすのこゑちかづける接木かな/橋本鶏二

接ぐべきものふと忘る接木せんと思ひ/安東次男

接木して日をふる雨となりにけり/冬の土宮林菫哉

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ