季語/羽抜鳥(はぬけどり)を使った俳句

「羽抜鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「羽抜鳥」について

【表記】羽抜鳥

【読み方】はぬけどり

【ローマ字読み】hanukedori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・羽抜鶏(はぬけどり:hanukedori_)

・羽脱鶏(はぬけどり:hanukedori__)

・羽抜鴨(はぬけがも:hanukegamo)

・羽抜雉子(はぬけきじ:hanukekiji)

・鳥の換羽(とりのかえば:torinokaeba)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

羽抜鳥を含む俳句例

羽抜鶏中仙道へ出没す/原田喬

羽抜鶏歩む王家の石畳/品川鈴子

松風や関はむかしに羽抜鳥/白雄

土間に人畳の上に羽抜鶏/岸本尚毅

雨止んで庇の下に羽抜鶏/岩田由美

かの群は人間の筈羽抜鳥/栗林千津

太陽は焔ひき燃ゆ羽抜鶏/山口青邨

森閑とわが眼前の羽抜鶏/嶋田麻紀

なかなかに安堵顔なり羽抜鳥/一茶

羽抜鶏怒れば羽の又とべり/堤剣城

学校の隅にまばたき羽抜鶏/原田喬

逆光に人哀します羽抜鳥/倉田素香

羽抜鳥高き巌に上りけり/前田普羅

尋常に餌を啄ばめり羽抜鶏/原田喬

辺陲に道ふとかりし羽抜鶏/中田剛

羽抜鶏いたく己を顧みる/萩原麦草

己が羽くわえて歩く羽抜鶏/穴井太

羽抜鶏黙殺といふ別れ方/中尾杏子

羽抜鶏高き巌に上りけり/前田普羅

羽抜鶏男は無口通しけり/成田昭男

俳句例:21句目~

一本の縄たれてゐる羽抜鶏/原田喬

二葉亭四迷の墓や羽抜鶏/有馬朗人

羽抜鶏吾も患ひ髪失せし/品川鈴子

戒名の文字をうかがふ羽抜鶏/原裕

余所者を窺ふ佃の羽抜鶏/伊東宏晃

卵白し天を仰ぎて羽抜鶏/西東三鬼

羽抜鶏愛して猫を愛さざる/日原傳

羽抜鳥子育て下手な親叱り/樋笠文

羽抜鶏常に人後に立つ如し/萩原麦草

水売りの漢につきて羽抜鶏/藺草慶子

水際は人にもさびし羽抜鶏/下村槐太

羽抜鶏広き肩胛あはれなり/山口誓子

無精卵産みつづけゐて羽抜鶏/上村占

羽抜鶏暮光を沈め戻りくる/巌谷小波

羽抜鶏無聊の犬の視野歩む/矢島房利

羽抜鶏牛に一目置きにけり/太田土男

男気の廃れたる世の羽抜鳥/高澤良一

み仏の時間をずらす羽抜鶏/栗林千津

羽抜鶏生みし卵を笊に盛る/加古宗也

鶏冠の燃えて首立つ羽抜鶏/西村公鳳

俳句例:41句目~

羽抜鶏童に追はれ蘆の中/水原秋桜子

羽抜鶏見て奧の間の磔刑図/藤田湘子

羽抜鶏高足おろす露けくて/加藤楸邨

一塊の肉羽ばたきて羽抜鶏/福田蓼汀

一羽より一匹となり羽抜鶏/斎藤由美

人土に還りしあたり羽抜鳥/坊城俊樹

羽ばたきて一尺宙に羽抜鶏/近藤一鴻

老犬と飼はれて睦む羽抜鶏/浦野芙美

雄心のまだ少しくは羽抜鳥/大井戸辿

大いなる門の開かれ羽抜鶏/中村若沙

風雨来る垣の頽れに羽抜鳥/松瀬青々

首伸ばし己たしかむ羽抜鶏/右城暮石

羽抜鳥墓光を沈め戻り来る/巌谷小波

羽抜鳥暮光を沈め戻り来る/巌谷小波

羽抜鳥瞼ゆるめて眠りをり/上野澄江

己が白き抜羽眺めて羽抜鶏/野澤節子

羽抜鳥花野に熱き卵置く/殿村菟絲子

亡妻の形見といふは羽抜鶏/上原恒子

年暮れぬ己れや醜の羽抜鳥/石塚友二

羽抜鶏いましかがよふ風の沼/岸田稚

俳句例:61句目~

羽抜鶏人目憚るがに歩む/小松崎爽青

羽抜鶏刻つくるべき曇りかな/岸田稚

羽抜鶏吃々として高音かな/高浜虚子

羽抜鶏向き変へ風を驚かす/長谷川双

羽抜鶏咄咄逃ぐるお伊勢道/田中英子

羽抜鶏天地の間に呼吸して/栗林千津

水を飲むときも真顔の羽抜鶏/長田等

口閉づるとき聳えけり羽抜鶏/加藤秋邨

羽抜鶏吊せば束子まはりけり/長谷川双

さなぶりへ総出の家の羽抜鶏/青木綾子

羽抜鳥卒然として駈けりけり/高浜虚子

はばたける朱き腋見ゆ羽抜鶏/山口誓子

風吹かば吹けと雌雄の羽抜鶏/平井照敏

風いでしあたりを歩く羽抜鶏/長谷川双

まとひつき人語を解す羽抜鶏/富永小谷

羽抜鶏かなり神経使うなり/吉田さかえ

門内をうちひろげたる羽抜鶏/石田勝彦

縄文の地層を駆くる羽抜鶏/屋山漫太郎

選挙ビラ漁村にあまり羽抜鶏/中本柑風

羽抜鶏しづかに蛇を跨ぎけり/神生彩史

俳句例:81句目~

道路ほど寂しきは無し羽抜鶏/永田耕衣

羽抜鶏湖へ駆けだす出島村/北見さとる

喪の庭に鬨をつくれる羽抜鶏/渡辺大年

四五羽にて川を見てをり羽抜鶏/原田喬

太陽へ大手を振つて羽抜鶏/和田耕三郎

羽抜鶏なほも律儀に産卵す/加藤富美子

寵愛のおかめいんこも羽抜鶏/富安風生

寺の庭駆けて身軽き羽抜鶏/金箱戈止夫

川よりも低きに飼はれ羽抜鳥/見留貞夫

己が羽の抜けしを啣へ羽抜鶏/高浜虚子

羽抜鶏子路を愛して知命過ぐ/北澤瑞史

羽抜鳥胸の熱くてうづくまる/佐藤鬼房

羽抜鶏山桑畑に来て追はる/石橋辰之助

羽抜鶏鬨を忘るる影ひきて/吉野トシ子

羽抜鶏刻つくりても谷の底/成瀬桜桃子

羽抜鶏風に向ひて羽摶ちけり/木村保博

母呼べば馳せてくるなり羽抜鶏/日原傳

気骨あるその歩きぶり羽抜鳥/高澤良一

水呑んで喉のかなしき羽抜鶏/土方秋湖

波止に出て闊達の歩の羽抜鶏/福永耕二

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ