季語/春浅し(はるあさし)を使った俳句

俳句例:201句目~

すかんぽの赤む砂山春浅し/山萩/志田素琴

猪の子走つて春浅き土散らしけり/中島月笠

春浅き路地にのつそり研ぎ屋来る/菖蒲あや

きりたんぽきちきち巻きて春浅し/黒沢京子

春あさし人のえにしの絶ちがたく/横山白虹

春浅き灯の明けてゐる湖畔かな/金尾梅の門

おしたしのたんぽぽたべて春浅き/高木晴子

春あさく巷の女ながら摘むものか/室生犀星

春浅しよくふりかへる木樵の子/中村草田男

行くほどに裾曳く富士や浅き春/佐野青陽人

春浅し父に愚痴などこぼしをり/横井かず代

込みあげる涙のみこむ春浅し/阿部みどり女

川風の丘にながれて春浅き/飛鳥田れい無公

仮借せぬ子の性を見る春浅く/長谷川かな女

トンネルを出るたびに溪春浅し/八木林之助

春浅き日のなか夫がかへりくる/柴田白葉女

春浅しひく波よりもよする波/久保田万太郎

春あさくやくざを泊むるはたごかな/飯田蛇笏

じやこ炒つてレモン絞つて春浅し/八木林之介

春あさくえりまきをせぬえりあしよ/室生犀星

俳句例:221句目~

春浅く著こなす縞の著つけかな/久保田万太郎

春あさくわが娘のたけに見とれける/室生犀星

春浅し海女小屋にあるランドセル/河西ふじ子

春浅き市にもとむる墓石かな/吉武月二郎句集

常盤木の葉がつんと青き春浅し/飛鳥田れい無公

春浅き水にきらきら日の舞へる/日石俳句鈔/井上日石

居並びて膝膝の春浅くたのし/涓滴不喚洞/宇佐美不喚洞

春浅き砂丘に立ちて人を待つ駱駝の背の紅き鞍掛/昌子明

春の季語
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました