季語/春浅し(はるあさし)を使った俳句

「春浅し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春浅し」について

【表記】春浅し

【読み方】はるあさし

【ローマ字読み】haruasashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・浅き春(あさきはる:asakiharu)

・浅春(せんしゅん:senshun)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

春浅しを含む俳句例

病牀の匂袋や浅き春/正岡子規

仮住のなれぬ水仕や春浅き/立子

浅春の松は鋭し窓前に/石橋秀野

飯櫃を洗ひ雫し春浅し/細見綾子

春浅き顔々浮ぶ赤鉛筆/林原耒井

春浅く根芹沈めて水澄める/篠原

春浅し厨片身の鮭さげて/及川貞

剥製の鳥の埃や春浅し/柴田宵曲

春浅く短冊換へぬ床柱/高濱年尾

浅春の切口赤き桜榾/伊藤いと子

春浅き山家集より花こぼれ/原裕

春浅し土の匂の朝雀/岩谷天津子

穴掘りて遊ぶ鶏春浅し/島田青峰

漣の流るゝばかり浅き春/押谷隆

春浅き雑木林に木樵る音/星芳子

浅春や河骨沈み暗き水/田中冬二

春浅し波のいたゞき風に散る/余子

春浅し梅様まゐる雪をんな/泉鏡花

春浅き二階へ声をかけて出る/間石

春浅き六区の海を漂流す/石村与志

俳句例:21句目~

春浅くくづれ繕ふ梨の棚/細谷不句

春浅き草喰む馬の轡かな/飯田蛇笏

春浅き色を織り込む錦かな/原月舟

古都に買ふ匂袋や春浅き/吉田節子

陵のお祀りごとや浅き春/京極杞陽

喰み移る羊ら汚れ春浅し/荒井正隆

春浅き山の貯水池舟泛ぶ/飯田蛇笏

塩辛を壺に探るや春浅し/夏目漱石

夕月の淡き化粧や春浅く/田中冬二

春浅き鞍馬街道貴船かな/草間時彦

春浅し寺の奥より川みえて/井上雪

春あさき人の会釈や山畑/飯田蛇笏

遠き日の草城美男春浅き/太田鬼堂

浅春の夫の家づと吉野葛/細見綾子

眺めやる野水の行方春浅し/たかし

春浅き騏麟の空の飛行雲/三好達治

春浅く封緘を割く簪かな/宮武寒々

春浅き灯を神農にたてまつる/蛇笏

浅春や音一つなき楽器店/土生重次

春浅き門黄昏れて博物館/島田青峰

俳句例:41句目~

春浅し海の音する貝洗ふ/弓木和子

浅春や砂町通り馬糞飾り/皆川白陀

手織紬愛し着つづけ春浅し/及川貞

春浅し洟紙すてる深山草/飯田蛇笏

浅春の波あたらしき寺泊/野澤節子

春浅き水を渡るや鷺一つ/河東碧梧桐

春浅き浮葉空襲ありやなし/萩原麦草

春浅き海へおとすや風呂の水/飴山實

春浅き渓声森を出で来る/坂本山秀朗

春浅き漁港休みの樽積まれ/山口幸代

そそのかす女の眉や春浅し/夏目漱石

春浅き田の夕暮の火色こそ/大井雅人

春浅き芝にこぼれて鶫かな/太田鴻村

春浅き鏡の中の顔と会ひぬ/林原耒井

春浅く国とは何ぞ塔そびゆ/和田悟朗

春浅く深山がかりに飛行音/飯田蛇笏

春浅く踏みし穴居の土止石/萩原麦草

春浅しキリンの影の淡き壁/永井龍男

春浅し伐株にして木を惜む/籾山柑子

春浅し壁にかけたる鍬二挺/村上鬼城

俳句例:61句目~

春浅し小白き灰に燠つくり/芝不器男

春浅し日向薬師の藪の径/星野麦丘人

一日著て一日掛く簑春浅き/石井露月

春浅し欅大きな瘤を抱き/稲垣きくの

春浅し白兎地をとぶ夢の中/飯田龍太

春浅し相見て癒えし同病者/石田波郷

春浅し砂塵まみれの橄欖も/小池文子

地獄絵の鬼が溢るる春浅し/榎本愛子

夕煙る田家のさまや春浅し/小杉余子

春浅し苔にうつりて落椿/大橋櫻坡子

天神のほそ道に来て春浅し/角川照子

春浅し蛇籠にとほき瀬のひかり/柳芽

春浅し髪染めてゆく雑木山/柿本多映

富士渡し姉妹の尼に浅き春/飯田蛇笏

小焚火を焚火跡にぞ春浅き/皆吉爽雨

梢見てあゆむ乃木坂春浅し/高澤良一

浅春の夕日の中に鶴なけり/田中冬二

山の戸や洞に柴置き春浅し/尾崎迷堂

浅春の旅装はなべて色淡し/冬木瑞江

浅春の曇天うるむ細枝網/柴田白葉女

俳句例:81句目~

浅春の横にひろがる濤の音/高澤良一

浅春の欅に鵙のむかう向き/高澤良一

浅春の水勢矯めて熊野川/下村ひろし

浅春の波波波をおっぺして/高澤良一

春あさきまま川浪と笛の音と/中田剛

浅春や囚徒の手形壁にあり/角川春樹

浅春や小鳥こぼるる雑木山/渡辺立男

浅春や暈日かゝれる槇の枝/前田普羅

瀬の奥の奥の瀬見えて春浅き/瀧春一

無人踏切無人が渡り春浅し/和田悟朗

着ぶくれの女車掌や春浅き/島田青峰

紅型に紅の舟描く浅き春/岡部六弥太

網走行たためる胸や春浅し/石川桂郎

美しき人を見かけぬ春浅き/日野草城

蝉塚といふ浅春の石ひとつ/細川加賀

西門の浅き春なり天王寺/河東碧梧桐

鍬の柄に押す烙印や春浅し/野村喜舟

春浅き回章に捺す朱印かな/宮武寒々

雑木山朴ひともとの浅き春/松村蒼石

春浅き夜は妻も鉛筆削る/加倉井秋を

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ