季語/春日傘(はるひがさ)を使った俳句

「春日傘」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春日傘」について

【表記】春日傘

【読み方】はるひがさ

【ローマ字読み】haruhigasa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の日傘(はるのひがさ:harunohigasa)

・春パラソル(はるぱらそる:haruparasoru)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春日傘を含む俳句例

太神楽小道具箱の春日傘/安住敦

三四郎池のほとりの春日傘/南桂介

水郷の水の暗さよ春日傘/柳澤和子

南国の旅へ用意の春日傘/稲畑汀子

春日傘岬の道を降り登り/川崎展宏

春日傘お初天神通り抜け/前内木耳

細雪ふる春日傘廻しては/萩原麦草

四五人のちがふ方見て春日傘/辻桃子

春日傘たたむ足下の潮迅し/岸本尚毅

春日傘港の見える花屋さん/川崎展宏

母となり出づる病院春日傘/溝上青甕

かくす齢あらはす齢春日傘/谷口桂子

春日傘たたむ小さき眩暈かな/岡本眸

化粧ひ飾る女に生れ春日傘/岡本松浜

仏足に春の日傘をおもひゐる/岡井省二

公園に見かけし春の日傘かな/鈴木花蓑

墓訪はむ春の日傘を高かかげ/関戸靖子

春日傘心にいくさあることも/金田初子

つり橋を渡りて湯女の春日傘/飯田法子

春日傘うへの妹さんに会ふ/夏井いつき

俳句例:21句目~

ふとゆるむ口もと隠す春日傘/谷口桂子

春日傘大きな船の着くを待つ/細川加賀

日月の菩薩訪はまく春日傘/赤松けい子

浜の名が好きで来し海春日傘/藤田信子

瀬を落ちる舟にたたみて春日傘/上村占

旅先に用意のおしゃれ春日傘/稲畑汀子

落柿舎より去来の墓へ春日傘/倉田武夫

ぱと開く春の日傘に日は乗れり/佐藤漾人

砂山をおりゆきし春の日傘かな/長谷川櫂

宿出でててもとさびしき春日傘/田中裕明

持つて出て少し日の欲し春日傘/細井みち

春日傘ふりむきさうでふりむかず/河原淑

墓の夫に言はぬことども春日傘/関戸靖子

春日傘思慕の仏と逢ふ日かな/櫛原希伊子

春日傘たたみて人形寺へ入る/今村ふき枝

春日傘たゝみしよりの貴船道/井上兎径子

遠出せしごとくにたたみ春日傘/鷹羽狩行

すぐそこと言はれて遠し春日傘/斎藤美智子

春日傘浦曲に沿ひてうごきけり/つじ加代子

みづいろの遠嶺入れたり春日傘/山本千恵子

俳句例:41句目~

春日傘老いかげらせて橋わたる/柴田白葉女

シネマ出てさしかたむけぬ春日傘/清原枴童

二人づゝ三人づゝ連れ春日傘/久保田万太郎

春日傘といふやはらかき影うまる/坂巻純子

春日傘まあたらしきはさみしかり/宮坂静生

春日傘まはすてふこと妻になほ/加倉井秋を

春日傘ミスかミセスか当ててみよ/工藤克巳

春日傘千曲川の石を見てゐたる/加藤三七子

母の頭に白髪の増えて春日傘/かたぎり夏実

はなびらのごときをたたみ春日傘/片山由美子

春日傘ひとりの影の生まれける/三ケ尻/とし子

くたびれて来てたゝみたる春日傘/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ