季語/春雷(しゅんらい)を使った俳句

「春雷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春雷」について

【表記】春雷

【読み方】しゅんらい

【ローマ字読み】shunrai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の雷(はるのらい:harunorai)

・初雷(はつらい:hatsurai)

・虫出し(むしだし:mushidashi)

・虫出しの雷(むしだしのらい:mushidashinorai)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春雷を含む俳句例

春雷や女主に女客/星野立子

春雷や花見過たる町の空/篠原

春の雷林の空の力抜け/岸田稚

春雷や男が磨く女の靴/不死男

春雷や蒲団の上の旅衣/島村元

春雷や胸の上なる夜の厚み/綾子

強飯式大春雷に厳修す/西本一都

春雷の水に塔影揺るゝなし/裸馬

春雷や草に沈める松落葉/原石鼎

春雷や島には島の犬走り/三谷昭

春雷や俄に変る夜の色/杉田久女

春雷や旅の褥に男の香/大橋敦子

春雷や春木は學に志し/内田百間

春雷や刻来り去り遠ざかり/立子

春雷の一発に天革まる/高橋悦男

春雷やうす日来てゐる蓬原/石鼎

春雷や暗き廚の桜鯛/水原秋桜子

川上の欅長者に春の雷/桑原三郎

火柱を見し春雷の地中海/森田峠

春雷を背に疾走す野性馬/須藤徹

俳句例:21句目~

春雷や雀色時妻待てば/清水基吉

山間の小学枚や春の雷/田中冬二

峰わたる春雷一つ水戸言葉/原裕

十万の鶏冠立てし春の雷/吉川耕花

人体は哀しき器春の雷/鈴木けんじ

春雷や花なき壺と聖母像/福田蓼汀

春雷や皆腰浮かす貸農園/毛利友美

三山の天心にして春の雷/沢木欣一

春雷や能面赤き唇を持つ/豊東蘇人

いちまいの白い人体春の雷/島津亮

春雷の一瞬にして高澤家/高澤晶子

舟虫の巌や浪を一かぶり/平尾春雷

短日や制服のまゝ厨ごと/平尾春雷

春雷の去れば忽ち野の匂ひ/星野椿

春雷や筆垂直に習字塾/赤松けい子

左手に激烈な塔春雷す/田川飛旅子

春雷や海水旅館汐汲める/田中冬二

春雷や牡丹の蕾まつ蒼に/川端茅舎

軽石に蹠たのしぶ春の雷/石川桂郎

春雷の闇より椎のたちさわぐ/龍太

俳句例:41句目~

紫の雲起きて来て春の雷/細見綾子

火襷の裾に陶印春の雷/藤原美規男

海近き越前堀や春の雷/大場白水郎

春雷に話とだへし女客/鳥沢まさ江

春雷や観瀾亭に客となり/鈴木花蓑

春の雷天使躓き落ちてきし/伊藤梢

旅荷解く框に響き春の雷/村上光子

春雷や布団の上の旅衣/島村元句集

惜春の雷ぞ海彦統ぶる国/大西淳二

春雷や布團の上の旅衣/島村はじめ

春雷や戸隠を来し二才馬/田中冬二

夢殿へ畷づたひに春の雷/伊藤敬子

女人堂より道づれや春の雷/土屋菊女

山垣にとゞろきて消ゆ春の雷/及川貞

廃宮に鼎大いなり春の雷/楠目橙黄子

春雷の舌っ足らずに終りたる/八坂洵

春雷の身裡の瑕瑾暴きだす/火村卓造

春雷の雨垂れ溢れ土に消ゆ/松村蒼石

春の雷大阪の灯を昏くせり/松村富雄

兎の目春雷沖に出でにけり/小川軽舟

俳句例:61句目~

春雷の高々と去りぬ花の上/高濱年尾

再びの春雷をきく湖舟かな/富安風生

春の雷年増の全身灸を待つ/宮武寒々

春の雷漁邑の運河潮さしぬ/西島麦南

春の雷焦土やうやくめざめたり/楸邨

草山を比叡の内チや春の雷/尾崎迷堂

針山に針いきいきと春の雷/橋本榮治

春雷も膝の上なり俳諧は/奥山甲子男

骸骨の模型がきしみ春の雷/大槻和木

春雷やひそと嗅ぎ合ふ犬と犬/原石鼎

春雷や人につかはす酒五合/石橋秀野

春雷や人を疎むは己れをも/高倉和子

春雷や入江の奥にみかん山/田中冬二

春雷や夫を封ずる病個室/石田あき子

指栞して春雷を聞きゐたり/藤木倶子

掌中に乳房あるごと春雷す/藤田湘子

春雷や妻を欺くは罪ならず/青木重行

春雷や小米の花のうすら影/鈴木花蓑

春雷や岬をなせる御料林/文挟夫佐恵

春雷や椎群るゝ方に雲暗み/岩田昌寿

俳句例:81句目~

春雷にさし汐早き干潟かな/増田龍雨

春雷や母の掌いつも温かし/岩切恭子

春雷にさめて病の床にあり/中尾白雨

春雷に一瞬目覚夢うつつ/太田富美子

春雷や満庭ことに木瓜憂ふ/中島斌男

春雷に墓碑読む一つまた一つ/有働亨

春雷や火屑がもとの火吹竹/石橋秀野

春雷に椎茸の耳うごきけり/萩原麦草

春雷に眼くらりと娘木偶/井口弥江子

春雷に砂蹴る鶴の足掻かな/内田百間

春雷や灯りてビルうら若し/奥坂まや

春雷や玻璃戸を透きて日本海/杉本寛

黙々と小包つくる春の雷/鈴木しづ子

春雷に鯛のうしほの目玉かな/龍岡晋

春雷や菰の下なる胡瓜苗/島村元句集

春雷や落花もろとも雨の粒/草間時彦

春雷や覚めておはせし咳払/河野静雲

春雷や議論つきざる医学会/水原春郎

春雷のあと滴りの競ひ落つ/右城暮石

春雷や辞典倉庫の冷たさよ/椎橋清翠

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ