季語/春の霙(はるのみぞれ)を使った俳句

「春の霙」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の霙」について

【表記】春の霙

【読み方】はるのみぞれ

【ローマ字読み】harunomizore

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春みぞれ(はるみぞれ:harumizore)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の霙を含む俳句例

姥捨の巌に春の霙かな/大信田梢月

旅の荷とおもひし傘を春霙/及川貞

春霙栄螺の籠を打ちにけり/大串章

春霙遠き電話の声浮沈/八牧美喜子

晨朝の紙燭ともすや春霙/西本一都

浪々や春の霙の音よけれ/飯島晴子

無人灯台ともる十五時春霙/瀧春一

春霙ひとりの旅に別れはなし/樋笠文

春霙豆腐屋が声かけてゆく/石川桂郎

春霙鳴りし身節に寝巻着る/木津柳芽

隠れ湯のひとりの昼や春霙/戸田道子

こころざし涸れて醍醐の春霙/塚本邦雄

もろもろの木に降る春の霙かな/原石鼎

カレル橋春の霙となりにけり/阪本萩生

原つぱは原つぱ色に春みぞれ/藤田湘子

宮城野や春のみぞれを半眼に/佐藤鬼房

巨船着く春の霙の中にかな/伊藤いと子

春霙明治生まれがぞろぞろと/内田美沙

海近き川に降りこむ春みぞれ/坂本宮尾

独学は履歴に載らず春みぞれ/細川加賀

俳句例:21句目~

限りなく何か喪ふ春みぞれ/山田みづえ

鹿の斑のまだ見えてをり春霙/柚木紀子

さすらひに用なき鍵ぞ春みぞれ/佐藤鬼房

上州に入るいきなりの春みぞれ/矢島久栄

汝をいたむ春の霙と降りしかな/石塚友二

能を観て春の霙に濡れにけり/植田八重子

春みぞれ手に受けている渡り漁夫/筒井フサ子

春みぞれ逢へばかなしきことばかり/井上春美

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ