季語/蕗味噌(ふきみそ)を使った俳句

「蕗味噌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蕗味噌」について

【表記】蕗味噌

【読み方】ふきみそ

【ローマ字読み】fukimiso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蕗の薹味噌(ふきのとうみそ:fukinotomiso)

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

蕗味噌を含む俳句例

蕗味噌や音に近づく山の雨/森澄雄

雑炊や箸蕗味噌に度かさね/及川貞

蕗味噌の焦げ弟の忌と思ふ/角野良生

蕗味噌の香りに遠き母想ふ/広津幾代

蕗味噌や出は一夜の雪被り/田中裕明

蕗味噌や山は一夜の雪被り/田中裕明

蕗味噌といへば石塚友二かな/江口千樹

蕗味噌になじみて三日輪島箸/中西舗土

蕗味噌のにが味手窪に祝い酒/後藤光治

蕗味噌や先焦がしたる竹の箸/松岡一郎

蕗味噌や老をゆたかに遠き母/古瀬待子

蕗味噌を飯に拡ぐや野の光り/須田哲雄

流浪めく日々蕗味噌は母の味/町田しげき

蕗味噌にまづ箸をつけ親しみぬ/勝又一透

蕗味噌の舌にのりたる快癒かな/中西舗土

蕗味噌や夫逝きてわれ死に易き/武居/愛

蕗味噌や山あり谷もあるくらし/村越化石

蕗味噌や音なくひらく月の暈/神尾久美子

蕗味噌や黒髪愛でし世ありけり/天藤青園

蕗味噌に夜もざんざんと山の雨/鷲谷七菜子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ