季語/春の筍(はるのたけのこ)を使った俳句

「春の筍」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の筍」について

【表記】春の筍

【読み方】はるのたけのこ

【ローマ字読み】harunotakenoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春筍(はるたけのこ/しゅんじゅん:harutakenoko)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春の筍を含む俳句例

春筍の玉の重さに棹秤/百合山羽公

春筍を狸寺より貰ひけり/竹内/旦

春筍祖母の里より賜りぬ/草間時彦

空晴るる春筍の穂先より/田村恵子

舞妓の辺春の筍甘き香を/渡辺桂子

小にして春の筍ひんまがり/村沢夏風

旅終へて春筍京に溢れをり/巌谷小波

春筍の大嚼を云ふ従はじ/相生垣瓜人

朝掘りの春筍思ひの外重し/青木重行

読点のなりして春の筍ぞ/加藤かな文

子の炊煮春の筍煮られあり/石田あき子

春筍の土を拭ひてむせて居り/星野紗一

春筍の重さ大地の重さなり/百合山羽公

春筍は犀の角ほど曲りをり/福田甲子雄

子を抱いて春の筍買ひに出づ/瀬戸口民帆

春筍に夢のたぐひの黒斑あり/藤田あけ烏

春筍の地下一尺にあらんとす/相生垣瓜人

春筍の息ひそめゐて風化仏/小木曽かね子

春筍をむくや天女になる心地/鈴木恵美子

荷くづれて土のこぼれる春筍/松丸きよ子

俳句例:21句目~

観音さまほどに春筍むきにけり/坂井春青

春筍掘られ総身ほとばしるものあり/長谷川秋子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ