季語/葱坊主(ねぎぼうず)を使った俳句

「葱坊主」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葱坊主」について

【表記】葱坊主

【読み方】ねぎぼうず

【ローマ字読み】negibozu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葱の花(ねぎのはな:neginohana)

・葱の擬宝(ねぎのぎぼ:neginogibo)

季節による分類

・「ね」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

葱坊主を含む俳句例

波音強くして葱坊主/山頭火

二三本葱の坊主や別れ霜/虚子

坂東の埃臭しや葱坊主/石嶌岳

働いて少し幸せ葱の花/杉江久子

犬捕りの口笛巧し葱坊主/河村昇

生涯の屈託顔に葱坊主/荒川一圃

喪の家の厨屑なる葱坊主/亀井糸游

葱坊主畝一筋に残りけり/野村喜舟

晝近き雨落着くや葱の花/室生犀星

葱坊主立身安堵の太つ腹/香西照雄

定刻の泥の中より葱坊主/久保純夫

碑に兵の名ばかり葱坊主/西本一都

山の虹へ電線送り葱坊主/村越化石

その中の悪僧然の葱坊主/鈴木貞雄

買言葉放つ月下の葱の花/寺井谷子

寂庵へつづく畠の葱の花/菱田好穂

往還の巡礼ばかり葱坊主/井沢正江

女の眼女に意地悪葱の花/川村紫陽

所在なき旅の日暮を葱坊主/森澄雄

葱の花ふと金色の仏かな/川端茅舎

俳句例:21句目~

葱坊主見下し長き尿せり/大野林火

葱坊主童の持ちし土光り/金子兜太

晩鐘に首重くなる葱坊主/井上純郎

黒潮へ傾いてゐる葱坊主/坊城俊樹

鶏の遠出してゐる葱の花/倉田武夫

葱坊主雨の坊主や今庄町/松山足羽

愛されて放任されて葱坊主/岡本眸

信号の長き停車や葱坊主/稲畑汀子

干満を重ねて島の葱坊主/藤田湘子

葱坊主苞を破りて落慶式/高澤良一

葱坊主のど自慢また愚民策/香西照雄

葱坊主泡と消えたき子守歌/二村典子

甘えなど微塵も見えず葱坊主/吉本昴

葱坊主証のように立ち続け/久保純夫

神々の裔の諸びと葱坊主/小松崎爽青

葱の花黒き迅風に雲ちぎれ/西東三鬼

葱の花沖の沖まで霞みけり/松瀬青々

葱坊主犇めき合つて皆太し/川端茅舎

窯火猛り一刻雨意の葱坊主/巌谷小波

一畝の葱坊主にも落差はあり/樋笠文

俳句例:41句目~

不孝者みんな泣きけり葱坊主/龍岡晋

五月雨や浪打際の葱坊主/佐野青陽人

人間に退屈しをり葱坊主/松崎鉄之介

葱坊主蝶々ばかりに縋られて/貞弘衛

大粒の雨さけがたし葱坊主/水谷晴光

何事もなき顔をして葱坊主/露木茂子

山里に首出す富士や葱坊主/村山古郷

太葱の花の下総千鳥啼く/殿村菟絲子

唐寺に雨のはげしき葱坊主/渡辺鶴来

葱坊主ああと鴉が日暮云ふ/高澤良一

双乳に顔埋めなば葱の花/磯貝碧蹄館

草の戸や身上見する葱坊主/野村喜舟

葱坊主もう高望みなどはせず/長田等

春霜や袋かむれる葱坊主/松本たかし

水溜跳べぬがありて葱の花/石川桂郎

伝言を書かねば忘る葱の花/末松忠子

舫ひある沼舟一つ水葱の花/赤羽岳王

葱坊主燈台に風鳴るところ/沢木欣一

反抗や取り残されし葱坊主/上岡正子

廃鶏や途中で曲がる葱の花/新出朝子

俳句例:61句目~

音のなき刻の不思議に葱坊主/神蔵器

大病の後の無聊や葱坊主/松本たかし

少年の道衣きりりと葱坊主/藤原照子

葱坊主赤子に涙ありあまる/本宮鼎三

大佛や葱の坊主も太りゐむ/角川春樹

水葱の花折る間舟寄せ太藺中/杉田久女

いつもゐる烏はをらず葱坊主/高木晴子

葱の花しろき日暮れの道長き/太田鴻村

おいてくぞ二十世紀の葱坊主/高澤晶子

葱の花仏となれば安堵せむ/鈴木真砂女

過りたる刻のまぶしき葱の花/三橋迪子

雲の峰葱の坊主の兀と立つ/河東碧梧桐

風の中葱の坊主も子を連れて/中川宋淵

引き分けの試合を帰る葱の花/藤村克明

わが死後の夕日とどまり葱坊主/塚原哲

をさなごに虻放ちやる葱坊主/角川春樹

ネクタイに潮騒まとふ葱坊主/古舘曹人

何も言はずに毟らるる葱坊主/廣瀬直人

僻地校さらば冬日の葱坊主/堀井春一郎

夜が来る数かぎりなき葱坊主/西東三鬼

俳句例:81句目~

巡礼を見送りゐるは葱坊主/青柳志解樹

握手して葱坊主とも別れたる/二川茂徳

数群れて遊びを知らず葱坊主/鈴木淑生

日曜の一と日をわれと葱坊主/塩見武弘

時間からこぼれていたり葱坊主/橋間石

濯ぎ物散りて被りし葱坊主/山本美知子

燈を浴びて裁きのつづく葱坊主/徳弘純

空き瓶に水入れて葱坊主挿す/細見綾子

茎立と葱坊主とは仲間なり/粟津松彩子

葱坊主あるひは蝶のあがりけり/安住敦

葱坊主ごしに伝はる噂かな/波多野爽波

葱坊主にも横顔のありにけり/榊原池風

葱坊主ばかり飯場の置土産/百合山羽公

葱坊主わが句に釘の頭いづ/小檜山繁子

葱坊主仮の別れを繰り返し/小泉八重子

葱坊主地鎮の読経いつまでも/飯田龍太

葱坊主埴輪の馬の出でて来よ/角川春樹

葱坊主子を憂ふればきりもなし/安住敦

葱坊主愛のことばは道化めく/平井照敏

葱坊主昼の火事すぐ終りけり/小池文子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ