季語/鳥曇(とりぐもり)を使った俳句

「鳥曇」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳥曇」について

【表記】鳥曇

【読み方】とりぐもり

【ローマ字読み】torigumori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鳥雲(とりくも:torikumo)

・鳥風(とりかぜ:torikaze)

季節による分類

・「と」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

鳥曇を含む俳句例

毎日の鞄小脇に鳥曇/富安風生

佃島渡しの跡や鳥曇/石川桂郎

吹浦も鳥海山も鳥曇/佐藤漾人

旅宿に病養ふ鳥ぐもり/上村占

八十を一期と決めし鳥曇/原裕

神棚の飾は解かず鳥曇/古舘曹人

風紋を均す風ある鳥曇/小川昇一

静脈に薬入りゆく鳥曇/中村里子

船底を足音のゆく鳥曇り/桂信子

ゆく春に佐渡や越後の鳥曇/許六

椀を挽く才一切を鳥曇/古館曹人

芭蕉布の銀糸を紡ぐ鳥曇/芝由紀

駅弁の蓋の飯粒鳥曇り/門前正徳

出漁の見送りの浜鳥曇/津森延世

朱筆置き一誌安寧鳥曇/斉藤夏風

焼場への道の凹凸鳥曇/古賀まり子

海に沿ふ一筋町や鳥曇り/高浜虚子

鳥曇り誕生日の海見えてゐる/林桂

鳥曇売地畑に菜の痩する/石川桂郎

笹山のうしろ笹山鳥ぐもり/岸田稚

俳句例:21句目~

鳥曇畝傍耳成香久山老ゆ/津田清子

鳥曇黒身鴉のうしろ向く/村越化石

思ひ出も鳥風もはや聾し/石原八束

鳥風や蓋ある壺とない壺と/中田剛

伊良子岬は杜国曇や鳥曇/鈴木てい

本貫を問はれてゐたる鳥曇/妹尾健

十まりの顔にわかるゝ鳥曇/飴山實

唐招提寺伽藍の布置や鳥曇/森澄雄

墨染を銀座に見たる鳥曇/新井礼子

学生と在りし歳月鳥曇/上野さち子

毛氈に水平の琴鳥曇り/神尾久美子

流木のはたと冥みし鳥曇り/岸田稚

慶弔に夫婦分かれて鳥曇/石丸泰子

大雁塔鳥風を聞く拝手台/田中英子

鳥曇りつつや三十三回忌/京極杞陽

鳥曇り少女一人の銃砲店/柿本多映

胸伝ふ鬚剃り水や鳥曇り/米澤吾亦紅

絵付筆壺にいろいろ鳥曇/黒木千代子

ペン立てに立錐の余地鳥曇/小宅容義

支那町を細長く出て鳥曇/小島千架子

俳句例:41句目~

丘の上に村のうぶすな鳥曇/北野民夫

焙恪のひび割れ進む鳥曇り/柿本多映

師の寝墓厚み辞書めく鳥曇/奈良文夫

板屋根の石積みなほす鳥曇/平井照敏

廃園にただ来しのみぞ鳥曇/藤田湘子

鳥曇り父に病名告ぐべきか/石川文子

稿料を待ちがて顔の鳥曇り/石原八束

鳥曇似顔は子に見せられず/毛塚静枝

半顔に鉛を注ぐ鳥ぐもり/磯貝碧蹄館

鳥曇おんはは転びたまひけり/原田喬

鳥曇波のこみあふ隅田川/久保田慶子

鳥曇漂着物みな懐かしき/宇多喜代子

口笛を吹きしは老女鳥曇り/池田澄子

香水を微震と覚ゆ鳥曇り/鳥居おさむ

竹縫ひて木雨を浴みぬ鳥曇/石川桂郎

鳥曇働いて寝る日のつづく/岡田耕治

鳥曇夫亡きのちの設計図/溝口みさを

病むことの遊行めく日の鳥曇/野澤節子

眉あげて男の婚期鳥ぐもり/平井さち子

眼鏡より曇りはじめし鳥曇/亀田虎童子

俳句例:61句目~

文反古をねぢりて燃やす鳥曇/伊藤京子

製油所の銀の血管鳥ぐもり/磯貝碧蹄館

見えぬ背を孫の手に掻く鳥曇/井沢正江

釈迦の眉うすく彫られて鳥曇/隈元拓夫

非常口どこより出ても鳥曇に/対馬康子

飲食のひとりに慣れず鳥曇/古賀まり子

えり壷に諸子魚の波や鳥曇/水原秋櫻子

よべ焚きし灰のぬくもり鳥曇/鈴木貞雄

鳥ぐもり子が嫁してあと妻残る/安住敦

鳥ぐもり干潟八方うごき出す/高安正子

アイロンは汽船のかたち鳥曇/角谷昌子

ストーブを焚きて窓開け鳥曇/原田青児

ペン先をのぼる睡魔や鳥曇/山元志津香

予告なく主治医かはれり鳥曇/朝倉和江

鳥曇り火山灰の土より墓林/鳥居おさむ

供花さげて母が遅るる鳥曇/古賀まり子

天草に更紗を買ひて鳥曇る/上野さち子

鳥曇わが身叱るは声立てず/神尾久美子

嫁きし子の部屋を書斎に鳥曇/亀井糸游

鳥曇あきらかにさす汐のみち/原コウ子

俳句例:81句目~

岩ひとつ土となりゆく鳥曇/鷲谷七菜子

底のなきしづかさにあり鳥曇/石川桂郎

鳥曇妻として生き書斎なし/八牧美喜子

鳥曇子を案じゐて文書かぬ/冨田みのる

廃船のなほ沖を向き鳥ぐもり/矢島久栄

振つてみるアフガンの鈴鳥曇/川崎展宏

歩きつつ人の老いゆく鳥曇り/高橋寛子

鳥曇虚ろの吾にわが侍して/馬場移公子

母の命迫りしを識る鳥ぐもり/荒井正隆

気休めにひもどく一書鳥曇/宇多喜代子

気易くは燃えぬ粗朶かも鳥曇/橋石和栲

噴煙のけふ高からず鳥曇り/吉井敬天子

鳥風や十字架の空くらめては/朝倉和江

過疎の戸に犬が仔を生む鳥曇/戸塚時不知

ライターの火映ゆる歯鏡鳥曇り/宮武寒々

鳥曇チユーブ糊踏みあやまてる/石川桂郎

ひとの夫へ文を一途に鳥ぐもり/手塚美佐

肩張つて軍鶏老いしかな鳥曇/小松崎爽青

まばたきてはかる疲れや鳥曇/中戸川朝人

手も足も杖もねむたし鳥ぐもり/村越化石

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ