季語/杉の花(すぎのはな)を使った俳句

「杉の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「杉の花」について

【表記】杉の花

【読み方】すぎのはな

【ローマ字読み】suginohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・杉の花粉(すぎのかふん:suginokafun)

季節による分類

・「す」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

杉の花を含む俳句例

少年の脛に匂ひて杉の花/斎藤玄

他人の山己が山々杉の花/大野由宇

石二つ積めば仏や杉の花/館岡沙緻

海へ飛ぶ勿来の関の杉の花/堀古蝶

山畑のでこぼこ径や杉の花/福川悠子

雪の上に杉の花散り永平寺/田村萱山

みほとけの道の明暗杉の花/東原芦風

文弱の月のぼりゆく杉の花/長谷川双

杉の花けぶり巴の墓どころ/西本一都

杉の花けぶるを翔ちて大鴉/佐野美智

厠もる誰かのくさめ杉の花/鈴木鷹夫

杉の花ときには駅も休む村/西村泰三

杉の花径に風のいでしかな/石川桂郎

瑞垣や杉の花はらり~落つ/寺田寅彦

ゆさぶれば金の煙や杉の花/瀧澤伊代次

一すぢの春の日さしぬ杉の花/前田普羅

伊賀伊勢の神風劇し杉の花/阿波野青畝

大滝をかくさう杉の花ざかり/谷口南木

奉納のしやもじ新らし杉の花/杉田久女

峡空へ吹きぬけ杉の花けぶる/山口草堂

俳句例:21句目~

杉の花瀬音は径をはなれざり/中村秋晴

杣の家の湯文字高干し杉の花/岸風三樓

散るときは明王の香に杉の花/吉田紫乃

微笑仏ふもとは杉の花けむり/小鷹奇龍

素戔嗚のいづこに潜む杉の花/平井照敏

飛ぶは飛ぶは泣虫山の杉の花/冨田正吉

杉の花斧持たざればただの男/神尾久美子

杉の花光り降りつつ滝ほそし/柴田白葉女

ただよへるものをふちどり杉の花/富安風生

つくばひにこぼれ泛めり杉の花/松本たかし

如月や雪のる杉の花ざかり/吉武月二郎句集

杉の花にけぶりて杉を詠む気配/加藤知世子

杉の花はるばる飛べり杉のため/山田みづえ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ