季語/春惜しむ(はるおしむ)を使った俳句

「春惜しむ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春惜しむ」について

【表記】春惜しむ

【読み方】はるおしむ

【ローマ字読み】haruoshimu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・惜春(せきしゅん:sekishun)

・春を惜しむ(はるをおしむ:haruoshimu_)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春惜しむを含む俳句例

春を惜む心の外に更衣/樗良

関帝に燭上り春惜しむ/石塚友二

入水の老優悼み春惜む/大橋敦子

春惜む人や落花を行みどり/召波

春惜む男勝りの女かな/籾山柑子

惜春や耳の形の噴火口/京極杞陽

春惜む心一しほ俳諧に/高林蘇城

春惜む心に遠き夜の雲/臼田亞浪

礼状を認め吉野の春惜む/坂井建

湖や春惜み居る足許に/尾崎迷堂

山吹や春惜しからむ谷の水/宗養

春惜む食卓をもて机とし/安住敦

春惜み命惜みて共にあり/星野立子

饗宴の卓の白花春をしむ/飯田蛇笏

惜春の雄波もみあひ谺せり/上村占

惜春の雷ぞ海彦統ぶる国/大西淳二

塵焚きて木末の春を惜みけり/篠原

春惜む心大原へ急ぎけり/野村泊月

春惜む指栞して本を手に/福田蓼汀

春惜む三千院の茶店かな/野村泊月

俳句例:21句目~

春惜しむ食卓をもて机とし/安住敦

切崖を落ちる土くれ春惜む/辻桃子

雀よく囀る庭に春惜む/大場白水郎

手燭して庭ふむ人や春惜しむ/蕪村

恋々と春惜しむ歌や局人/飯田蛇笏

採点のペンを離さず春惜む/森田峠

旅に寝て故郷の春を惜みけり/春武

腥き息して春を惜むなり/高橋睦郎

春惜しむ心と別に命愛し/富安風生

田の水に月の明暗春惜しむ/及川貞

犬とゐて春を惜める水夫かな/篠原

春惜しむ宿やあふみの置火燵/蕪村

春惜む句座整ひて人少な/島田青峰

農場に大櫻あり春惜しむ/西本一都

惜春や斯く老いて吾異国に/間崎黎

春を惜む心ほの~塵拾ふ/渡邊水巴

汐曇笘屋に春を惜む日ぞ/尾崎紅葉

春惜む宿や日本の豆腐汁/正岡子規

惜春の人ら夕の水亭に/浅井青陽子

春惜しむ刷渋淡き茶の袋/大谷句佛

俳句例:41句目~

惜春の女に白き波がしら/本岡歌子

惜春の座に一人の狂言師/高野素十

惜春の心しみ~人に従き/星野立子

九品仏迄てくてくと春惜む/川端茅舎

降りぐせも又惜春の心とも/稲畑汀子

惜春や白き日暮を繰返し/櫛原希伊子

人の顔ながめ歩きて春惜しむ/上村占

人も旅人われも旅人春惜む/山口青邨

金沢に住み惜春の能登の旅/高木晴子

足どりに春を惜める情あり/松藤夏山

春惜しむ風の一日や船の上/永井荷風

良寛の愛語に馴染む春惜しむ/石井保

春惜しむ語らぬ山の大いなる/上村占

門蛙間のびて鳴けば春惜しむ/及川貞

春惜む各々水のほとりかな/野村泊月

筆談もして茶を啜り春惜む/福田蓼汀

惜春の犬と目が合う車椅子/有馬英子

惜春の瞳の片寄れる猫目石/後藤綾子

吹きさらし白鳳の鐘春惜ぞ/瀧井孝作

惜春の蒔絵に顔を磨き出す/古舘曹人

俳句例:61句目~

惜春の虚しく鋤田ばかりなる/瀧春一

端然と坐りて春を惜みけり/富安風生

春惜む卓上の酒や色とり~/島田青峰

祭服にかゝりし雨や春惜む/高田蝶衣

春惜む深大寺蕎麦一すゝり/皆吉爽雨

春惜む文細々と書かれけり/石井露月

切岸にけふも馬立つ春惜む/下村槐太

礎石巨きこれに円柱惜春夢/山口青邨

眼鏡橋阿片患者と春惜しむ/石原八束

眼鏡橋阿片患者が春惜しむ/石原八束

春をしむ座主の聯句に召れけり/蕪村

惜春の鼻を浮かべて池の亀/高澤良一

春惜む人に暮れゆく東山/五十嵐播水

片みちは歩いて春を惜みけり/安住敦

焼跡の春を惜しまむ酒少し/石田波郷

宮様の春惜しまるる御姿/成瀬正とし

春惜む二合の酒に蕎麦二枚/橋本榮治

春惜しむ人に侍りて犬聰き/林原耒井

春を惜む姿や笛を吹く老妓/渡邊水巴

惜春やまなぶた薄き麗子像/向笠和子

俳句例:81句目~

山番と山を見廻り春惜しむ/影島智子

惜春やもつとも遠き友に文/井沢正江

沈む日に湖も北なる春惜む/岸風三楼

惜春や堆朱の香炉艶ふかむ/伊藤敬子

徒に惜春の語を弄しけり/相生垣瓜人

春惜む心うたげの半ばにも/高浜年尾

忘れ物したる如くに春惜む/伊藤虚舟

惜春や山すみれなど花束に/松林朝蒼

恋塚の碑文を写し春惜しむ/安成三郎

春惜むすなはち命惜むなり/石塚友二

横穴の狩の壁画に春惜しむ/松本澄江

惜春のひとで渚に朱印押し/岩本尚子

春惜む名も山吹の流かな/松根東洋城

松そびへ魚をどりて春を惜む哉/一茶

惜春のオーデコロンは潤沢に/樋笠文

惜春の七嶺七谿越えて旅/稲垣きくの

春惜む思ひ屈する如くにも/高浜虚子

雲遠き塔に上りて春惜しむ/飯田蛇笏

ミサ終へし乙女峠の春惜む/松尾白汀

惜春の妻を黒白にして撮す/吉館曹人

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ