季語/種物(たねもの)を使った俳句

「種物」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「種物」について

【表記】種物

【読み方】たねもの

【ローマ字読み】tanemono

子季語・関連季語・傍題・類語など

・物種(ものだね:monodane)

・花種(はなたね:hanatane)

・種売(たねうり:taneuri)

・種袋(たねぶくろ:tanebukuro)

・種物屋(たねものや:tanemonoya)

季節による分類

・「た」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

種物を含む俳句例

初午や物種売に日の当る/蕪村

花の如花種袋土に挿し/上野泰

花の如花種袋土に挿し/上野泰

縁先や後の月夜の種袋/清原枴童

札立てゝ花種蒔くや箱の中/篠原

花種を蒔く低き鉢高き鉢/森田峠

流れ入りて水廻り居り種袋/篠原

花種用喇叭印の燐寸箱/池田澄子

父よりの古封筒を種袋/坪井洋司

種物の事方丈と挨拶す/石井露月

種物の袋の中の袋かな/橋田憲明

物種の袋ぬらしつ春のあめ/蕪村

種袋花の命を手に乗せて/渕沢信子

物日なる石段狭し種物屋/西山泊雲

二三人陽中に覗く種物屋/赤尾恵似

藍問屋廃れし町の種物屋/上崎暮潮

母人の仮名書うれし種袋/高田蝶衣

種袋匂ひの花も一つ欲し/村越化石

種袋一つ一つに母の文字/大政光子

文机に三日置きたる種袋/関戸靖子

俳句例:21句目~

春寒や壁にかかりて種袋/田中冬二

種袋昭和の音と違ひけり/脇本星浪

紅花の種売りをらぬ尾花沢/飴山實

みちのくは道に棚出し種袋/飴山實

種袋負ひ絶壁の下をゆく/飯田龍太

種袋振り回しつゝ喋々と/高澤良一

種袋負うて人来る与謝峠/茂里正治

種袋沈めり泡を離さずに/宮田正和

抽出の奥より去年の種袋/松井百枝

忘れじの種物捜す嫗かな/服部雨亭

花種の心許なき軽さ買ふ/岡矢/笥

花種を蒔くや垣外柩ゆく/村越化石

種袋大口あけて陽炎へり/前田普羅

花種を郵便局で貰ひけり/角川春樹

種袋秩父の谷のまだ冥く/小原樗才

種袋よりこぼれたる常闇よ/久保純夫

抽斗のみな軽く開き物種屋/小沢初江

天領の街道沿ひの種物屋/大峯あきら

種袋大切に置く畦まぶし/金子星零子

母と花種天窓が飛翔さそふ/友岡子郷

俳句例:41句目~

物種の袋は函に小昼餉の茶/石塚友二

山國や花種を掌に御所言葉/田中英子

二三段並べてそれが種物屋/藤田湘子

種売に狐日和のおもしろし/古舘曹人

種袋蒔く前夜まで書に挾む/桜井博道

種袋太陽を描き如露を描き/後藤夜半

耳に先づ聞かせて嬉し種袋/村越化石

先代の顔となりたる種物屋/能村研三

光る海遠くに見えて種物屋/土井三乙

種袋風もてあそぶ庭のうち/山口青邨

ぼんやりと次男の耳よ種袋/宮坂静生

種袋海あをあをと膨れ来る/野中亮介

女房の心得顔なり種物屋/吉岡禅寺洞

一ト年の鶏頭まきつや種袋/松瀬青々

川筋に父の世よりの種物屋/伊藤白潮

人参の絵が濡れてゐる種袋/阿部菁女

種袋神仏一処の棚に吊り/小川斉東語

働きし大きな手なり種袋/今井つる女

大騒ぎして花種を少し蒔く/種市清子

日盛や誰も応へぬ種物屋/藤田あけ烏

俳句例:61句目~

手拭ひを縫ひ合せたる種袋/本宮哲郎

うす紙に花種嬰の深ねむり/長谷川双

狭き町の両側に在り種物屋/高浜虚子

種物の袋の花絵なぜ大きい/岡田史乃

花種の明るき音を振りにけり/小島健

花種の残りを水に流しけり/菅原鬨也

花種をまきて庭畑靄だちぬ/飯田蛇笏

花種をゴム風船に託しけり/太田土男

種物屋隠元豆はうすぼこり/高野素十

空に蒔く種もあるべし種物屋/大串章

花種を蒔く古妻や児等左右/西山泊雲

花種を蒔く幼年の土くれに/対馬康子

花種を蒔こか天皇誕生日/青葉三角草

通り抜け自由にさせぬ種物屋/森田峠

種袋がさがさ音のして安堵/坂口夢塔

霜柱花種を差し上げてをり/太田土男

物種を入れたる瓢爐邊にあり/高濱虚子

もの種や八十八夜はまだ遠し/高野素十

いつまでも種であれよと種袋/池田澄子

みえねども指紋あまたや種袋/小宅容義

俳句例:81句目~

佛壇のひきだしからも種袋/廣江八重櫻

戀をはるもうからつぽの種袋/田中裕明

種袋切つていのちを与へけり/石川文子

種袋抑ふる石に蝌蚪のよる/中戸川朝人

種袋振つて臓器の音がする/小内春邑子

種袋振ればはるかに花のこゑ/高橋悦男

種袋母のひらがなおもしろし/井出寒子

月照らしテラスのうへの種袋/多田裕計

鏡の向うに送りとどけし種袋/杉野一博

種売のとり出す種の多からず/中村汀女

出奔の花種混じりをるといふ/櫂未知子

夢に彩ありぬ花種蒔きし夜の/中村明子

夢多くまた花種を買ひ過ぎし/清水忠彦

天津日の下に花種蒔きにけり/塩谷渓石

妻しづかなれば花種蒔きてをり/東義人

嫁ぐ子と花種選りぬ春立つ日/伊藤京子

子に蒔かせたる花種の名を忘れ/安住敦

子は娶り妻は花種蒔いてをり/松村武雄

寂びしさに終の花種海へ蒔く/渡辺恭子

抽斗に花種ある夜の微熱かな/齊藤慎爾

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ