季語/春愁(しゅんしゅう/はるうれい)を使った俳句

「春愁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春愁」について

【表記】春愁

【読み方】しゅんしゅう/はるうれい

【ローマ字読み】shunshu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春愁う(はるうれう:harureu)

・春恨(しゅんこん:shunkon)

・春怨(しゅんえん:shunen__)

・春の恨み(はるのうらみ:harunorami)

・春かなし(はるかなし:harukanashi)

・春思(しゅんし:shunshi)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春愁を含む俳句例

能面に紐通す穴春愁/山田千秋

春愁の墓群低き唱つなぐ/原裕

春愁ふ島の港の畳職/黒田杏子

春愁の或る日山椒を見に/麦南

春愁を深めし雨の草千里/上村占

老残といふ春愁の小盃/西本一都

海原と大空われは春愁/鈴木鷹夫

紙一反墨を一挺春愁ひ/伊藤敬子

春愁の親指深く本に入れ/日原傳

窟洞の奥行見えず春愁/毛塚静枝

前髪を揃えし額春愁/うえだ/鼓

春愁や鏡の中に己が顔/相羽宏紀

春愁や女は物を抱く癖/香西照雄

春愁や鉢曇らせて塩鯨/石塚友二

春愁や金の眼の深海/山下かず子

春愁の少し傾く肖像画/大谷章二

春愁や稽古鼓を仮枕/松本たかし

抽出しの古鍵いくつ春愁/羽豆英子

夢違てふ春愁の観世音/下村ひろし

襖絵の金泥寂びぬ春愁/金原登志子

俳句例:21句目~

天井のやたらに高い春愁い/森須蘭

薫ものに倦み春愁の縫司/筑紫磐井

ハンケチに鏝あてゝ春愁ひかな/敦

春愁や妻を怒らす生返事/野上水穂

白埴の甕春愁の翳つくる/村山古郷

教室に入る春愁の貌消して/樋笠文

男肥えて何春愁ぞ楽器弾く/清一郎

昔日の春愁の場木々伸びて/草田男

春眠に屈し春愁にも屈し/石田勝彦

春愁やインキの壺に蓋忘れ/森田峠

春愁や駅の坩堝を笛流れ/松山足羽

深海のと春愁分かち合う/西村睦子

春愁や心偽はる日記書く/山田弘子

春愁に魁けて雨降りはじむ/三宅桂

春愁や闇に眼のなき深海/福田蓼汀

春愁や石の裾曳く万治佛/川崎展宏

春愁や齢を外に夢老いず/吉屋信子

春愁や鏡に沈むおのが顔/日野草城

鳥の眼の春愁洛中洛外図/中原道夫

春愁や合併に消ゆ岩槻市/中村正一

俳句例:41句目~

春愁や三椏の花匂はざる/細見綾子

春愁の薬もすこし嗜みて/後藤夜半

春愁や遠き記憶の笛を吹く/町春草

春愁や水ほとばしる夕厨/羽畑幸子

春愁や草を歩けば草青く/青木月斗

春愁や口ほころびし翁面/松岡玉枝

春愁や胸のみ白き海の鳥/山田貴世

春愁や背後に月の橋のばす/石寒太

春愁の柱によりて立てるかな/篠原

春愁の一ときを猫侍るなり/及川貞

春愁や結婚披露宴豪華/遠藤若狭男

春愁の一奔流に稿起す/赤松けい子

春愁の一端に火が燃えてゐる/朱鳥

春愁の全重量を吊皮に/斉藤東風人

春愁ふ余部過ぐる夕汽笛/伊藤京子

春愁の足にの目腹に臍/小檜山繁子

春愁や竹人形の胸たひら/日阪昌子

春愁の夕べを帰る手の汚れ/桂信子

春愁に堪ふる面輪に灯りけり/草城

春愁の女けはしく男見る/高濱年尾

俳句例:61句目~

春愁やガスの炎の丈ちがふ/岡本眸

春愁の小さき嘘を恨みけり/上村占

洗濯も掃除も好きや春愁/依光陽子

春愁の屋上園は水噴ける/岸風三楼

春愁や明治の母の飾り櫛/三谷道子

春愁の渡れば長き葛西橋/結城昌治

春愁の我に二つの影法師/千原草之

春愁と問はば無常と石羅漢/林昌華

春愁の机古りたる桑づくゑ/及川貞

春愁や旅の終りの喫茶店/藤井法子

春愁や娘叱るにその子泣き/毛塚静枝

春愁や犬は寝そべり鯉沈む/清水基吉

春愁を赤きポストに投函す/田中冬二

春愁を語るに足らず村の人/高田蝶衣

春愁を眉間にあつめ馬丁俑/羽部洞然

春愁や熱の黒髪頬にしき/神尾久美子

春愁や無数の鳥と沖に逢ひ/中島斌雄

春愁や黒髪をとく肩のうへ/橋本鶏二

春愁や黒ばかり着る画学生/松本まり

春愁や鳴くこと知らぬ石の犬/上村占

俳句例:81句目~

春愁に似て旅を恋ふ心かな/稲畑汀子

春愁や派手いとへども枕房/飯田蛇笏

春愁や鳩の出て来ぬ鳩時計/宮脇白夜

春愁や髪切る前もその後も/西村梛子

春愁が船のかたちで現るる/柏木豊太

春愁に香薫きこもる中納言/筑紫磐井

春愁の沖へ出てその先も沖/北川英子

春愁や電池が切れし腕時計/佐伯昭市

春愁のあらずと思ふ鼾かな/茨木和生

髪多ければ春愁の深きかな/三橋鷹女

春愁や心通はぬ子の寡黙/佐野とし子

春愁や沙翁の原書赤茶けて/小橋敏午

春愁のうなじを垂れて夜の祈り/篠原

髪ばさと垂れて春愁の額としぬ/鷹女

饒舌を続け春愁を深くせり/麻生和子

春愁や着馴れし服の匂ひにも/桂信子

雑踏の中の孤独や春愁い/井上かつ枝

鐘乳石太古春愁一滴づつ/野見山朱鳥

試着室出て春愁の始まれり/田中雅子

観音の一面ことに春愁ひ/片山由美子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ