季語/春燈(しゅんとう/はるともし)を使った俳句

「春燈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春燈」について

【表記】春燈

【読み方】しゅんとう/はるともし

【ローマ字読み】shunto_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の燈(はるのひ:harunohi_)

・春の燭(はるのしょく:harunoshoku)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春燈を含む俳句例

提灯屋大小提灯春灯/上野泰

春暁や一点燈の大伽藍/青畝

春の灯や女は持たぬ喉仏/草城

春の燈油盛りたる宵の儘/召波

檣頭や煙の上の春灯/五十嵐播水

鴎外の文机のきず春灯/加藤耕子

横町の春泥地獄燈をつらね/青畝

春の灯や一つ上向く箪笥鐶/風生

一つある霞が浦の春灯/岸本尚毅

雪の上一柱春の灯あり/高木晴子

翳にさへ語りかけたく春灯/林翔

一春燈忘恩の如装へど/杉山岳陽

病窓の一つは母の春灯/鈴木昌江

熱川の宿てふ宿の春灯/高澤良一

滝口に燈を呼ぶ声や春の雨/蕪村

手鏡のやうな小港春燈/川崎展宏

湯の宿の傘も飴色春燈/石川桂郎

枯桜灯ちらばり春近し/野澤節子

氏素姓なくて美し春灯/吉屋信子

折鶴を生む指繊し春灯/吉屋信子

俳句例:21句目~

杢兵衛の燐寸箱の字春灯/角光雄

関帝に燭上り春惜しむ/石塚友二

春燈の三十五燈余興室/高濱年尾

春灯下金平糖の赤白黄/高浜年尾

子規堂の電燈の笠春埃/高澤良一

春灯や女は持たぬ喉佛/日野草城

春の燭石卓の花全貌を/飯田蛇笏

句仏のごとき面々春灯/落合水尾

春の灯や絞問屋の格子内/大谷句佛

あはび噛む灯暗し春の雪/会津八一

あをあをと水族館の春灯/西村和子

春潮を灯の中にきく下関/石原八束

春灯のもと愕然と孤独なる/桂信子

からまつの林に遠し春灯/小川軽舟

春灯の下に我あり汝あり/高浜虚子

春灯の因幡の宿の茶粥かな/いちろ

つくばひや灯の数尽す春の雨/忍月

古も美女はありけり春灯/佐藤春夫

君と居ること現実の春灯/稲畑汀子

春灯の壁に弥勒の耳の影/西村和子

俳句例:41句目~

とびとびの滝沢村の春灯/川原程子

春灯の山へのびゆき港町/高濱年尾

虚子館の展示春灯溢れしめ/堀恭子

春灯や盆にのせくる筆硯/橋本鶏二

春灯息入れてある女の髪/金田咲子

春燈のその一方に髪を梳く/上村占

春の夜の灯影眩きのぼせかな/蚊斎

春の夜や内陣深く仏の灯/野村泊月

春燈のもと愕然と孤独なる/桂信子

大部屋の消灯までの春灯/高澤良一

春燈の下に我あり汝あり/高浜虚子

春燈や中腰で書く芳名簿/宮城白路

天上の灯は二月堂春の闇/井沢正江

春燈や云ひてしまへば心晴れ/立子

春燈や金泥にほふ塩草子/加古宗也

江に映る関の灯や宵の春/羅蘇山人

嫁ぐ娘に嫁がす母に春灯/能美優子

灯点して妻現れず春の家/岩城久治

蝦夷の灯や氷の上に春半ば/中條明

談さびし春の灯上にあり/京極杞陽

俳句例:61句目~

宝石の如きおヘそや春灯/佐藤春夫

春の灯に高く消防感謝状/依光陽子

越後屋も徳利屋ももう春灯/原田喬

近松の遊びし茶屋の春灯/山本圭子

都ホテルその窓々の春灯/田中冬二

雛見世の灯を引ころや春の雨/蕪村

駐在所紅一燈の春の暮/上田五千石

常に濃き君がひとみに春灯/上村占

一生を賭けし俳諧春の燭/飯田蛇笏

二月堂春の燭足す堂童子/吉原文音

手燭して庭ふむ人や春惜しむ/蕪村

晨朝の紙燭ともすや春霙/西本一都

燭の火を燭にうつすや春の夕/蕪村

春浅き灯を神農にたてまつる/蛇笏

指先に春燈あつめ綴れ織/佐々木良子

お初天神菊づくしなる春灯/西本一都

からかみを開けて一間の春灯/上村占

ことばなき指話美しや春灯/鈴木貞雄

春深し青磁の小壺燈影曳き/河野南畦

入口に紙燭ありけり竹の春/福井啓子

俳句例:81句目~

春灯や征途を明日に腕角力/椎橋清翠

とぎれては一燈江南の春燈/川崎展宏

十二神将春暁の燭ゆるるなき/原幸子

灯の下を過ぎ春泥の道続く/茨木和生

のみ干す酒いま春月は一円燈/桂信子

後志の春さむけれど夜の燭/飯田蛇笏

まことより嘘が愉しや春灯/吉屋信子

建設の春燈起重機の頂点に/斉藤夏風

みどり児の瞳の中の春灯/今橋眞理子

春燈に読む十五分注射終へ/相馬遷子

春恨といふべき誦経燭の華/飯田蛇笏

湖の町灯ともれば春の山消ゆる/雷子

ゆく春のひるの灯赤き佛哉/会津八一

海霧を来し船に港の春灯/五十嵐播水

をみならのうち揃ひたる春燈/小島健

思ひがけなく君に逢ひ春灯/高濱年尾

春灯や金婚の父母健やかに/山田弘子

春雪や誰にともなく港の灯/川村静子

春灯別るべく刻充たしをり/吉野義子

春灯原書の革の饐ゆるなり/小川軽舟

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ