季語/巴旦杏(はたんきょう)を使った俳句

「巴旦杏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「巴旦杏」について

【表記】巴旦杏

【読み方】はたんきょう

【ローマ字読み】hatankyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

巴旦杏を含む俳句例

巴旦杏畑の上の嫂の墓/中戸川朝人

六月の出羽や火焔の巴旦杏/堀口星眠

四歳の唇の大きさ巴旦杏/松田ひろむ

巴旦杏もぐ庭にある八ヶ嶽/木村蕪城

巴旦杏の影なす妻の若さ過ぐ/森澄雄

巴旦杏掌中にして五十過ぐ/岸風三楼

巴旦杏落ちゐる道へ山下る/木村蕪城

巴旦杏酸っぱし虫喰い分校誌/森洋彦

一人づつまた一つづつ巴旦杏/古舘曹人

巴旦杏がぶりと夢を失ひぬ/大江かずこ

巴旦杏なほ熟れきらぬ一部分/岸風三樓

巴旦杏の酸味配られ女旅/津波古江津子

巴旦杏幼な古ごと皆似たり/水原秋櫻子

巴旦杏熟れしをささげ峡乙女/野口雅秀

巴旦杏相鬩ぐ瞳がかなしけれ/加藤楸邨

巴旦杏食うべのこせしもの深紅/村田脩

書に倦むや磨きて喰ふ巴旦杏/北野民夫

血肉噛むかに巴旦杏甘く渋し/津田清子

ひと籃の暑さ照りけり巴旦杏/芥川龍之介

ふるさとを語り掌に載す巴旦杏/伊藤京子

俳句例:21句目~

水照りに午後ふかみゆく巴旦杏/伊藤通明

老人に日の射しこめり巴旦杏/小島千架子

葉洩れ日の明るさやもぐ巴旦杏/斎藤兼輔

賞与得てしばらく富みぬ巴旦杏/草間時彦

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ