季語/椎の花(しいのはな)を使った俳句

「椎の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「椎の花」について

【表記】椎の花

【読み方】しいのはな

【ローマ字読み】shiinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花椎(はなしい:hanashii)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

椎の花を含む俳句例

頭痛する八専中や椎の花/程己

旅人の心にも似よ椎の花/芭蕉

椎の花日雇妻の額狭し/岩田昌寿

浅草寺真昼花椎匂ひけり/杉本寛

浅草寺真昼花椎匂ひけり/杉本寛

椎の花同病友達眸に深く/斎藤玄

町騒を隔て大樹の椎の花/塩田晴江

遠き闇詰まりやすらぐ椎の花/原裕

花椎や連休無為に鼻毛伸び/杉本寛

首塚は椎匂ふより雨ほそし/有働亨

下品下生の仏親しや椎の花/滝春一

椎の花疲れて何も考へぬ/行方克巳

椎の花神も漢の匂ひせり/角川春樹

満月に水の量感椎匂ふ/和田耕三郎

匂ひ来る方へ明るく椎の花/浅賀木

包丁は水にて傷み椎の花/長谷川櫂

花椎は和蘭陀坂の前髪か/堀口星眠

椎の花人もすさめぬにほひ哉/蕪村

村々に椎の花かな法然忌/永田耕衣

釣瓶よりぢかに水飲む椎の花/森澄雄

俳句例:21句目~

唐衣舞へば椎の香動きけり/稲畑汀子

椎の花十代遠くなりにけり/三村純也

墓地口といふ改札や椎匂ふ/奈良文夫

椎の香やひとり頷く夜の坂/藤田湘子

老婢来し夜の茶を濃くす椎匂ふ/林翔

観音も咽せ給ふらん椎匂ふ/尾崎越翁

椎の花箱根全山雨ふり出す/村山古郷

椎の花雨となりゆく夜を白し/及川貞

椎の花つづらの中の指人形/二村典子

夜も椎の花の匂へる無縁坂/江口千樹

椎の花青面金剛へ石を踏む/久米正雄

椎咲いて金箔匂ふ嵯峨御輿/堀口星眠

杜に入る一歩に椎の花匂ふ/山口誓子

髪黒くなりしか椎の下闇に/手塚美佐

父の手に子供ねむたし椎の花/齋藤玄

猿田彦大神がこぼす椎の花/久米正雄

眼鏡かけて刻む西暦椎の花/西東三鬼

箭の如く散る花椎や祭来つ/堀口星眠

苔掃くや椎の花ふる臨川寺/村田橙重

裏庭に病衣を干して椎の花/添野光子

俳句例:41句目~

金華山鳶あをぞらに椎の花/石原舟月

坂がかりつつ椎の花匂ひけり/西村和子

つきとめし香ぞ曇天の椎の花/坂根と志

椎咲くや腕まくりして僧執務/久米正雄

椎咲くや恋芽ぐみゐる英語塾/野村喜舟

花椎鬱仔鹿雌となり雄となる/津田清子

椎咲けば若者のごとく憂鬱に/相馬遷子

椎匂ふ未生以前の大気かな/正木ゆう子

伊勢姫と一人の僧と椎の花/三浦つき子

椎の花鉄棒下りし手のにほふ/福永耕二

濡れ色の月が匂へり椎の花/小松崎爽青

教師みなどこか疲るる椎の花/上野波翠

梵鐘のうつうつとして椎の花/伊藤通明

椎の花いつも無口の斜面あり/城門次人

椎の花おのづとこぼれ鶏あそぶ/和地清

遠目にはもゆる色なり椎の花/松藤夏山

椎の花こぼれて兄の地獄見ゆ/和知喜八

神の井の垣へ散りたる椎の花/升本行洋

夜はさらに森のふくらみ椎の花/檜紀代

椎の花の心にも似よ木曽の旅/松尾芭蕉

俳句例:61句目~

荷づくりの絵皿をかさね椎の花/中田剛

近き香の失せ遠き香の椎の花/稲畑汀子

椎の香の般若の芝を覆ひけり/稲畑汀子

肩に降るは椎の花とも幻住址/多田裕計

椎匂ふ一夜の夢の宮迎ふ/長谷川かな女

椎の花虚空よりふる観世音/野見山朱鳥

椎の花竹にこぼれてさら~と/西山泊雲

花椎のこぼれつぐ道少し駈け/都筑智子

花椎の下照る径や子を賜へ/星野麦丘人

豹の挙措無頼と見れば椎匂ふ/矢島房利

椎の花気甘き夕べや苦き朝/相生垣瓜人

椎咲いて猫のごとくに尼老いぬ/河野静雲

椎咲いてむっとするなか狸穴坂/高澤良一

椎の花日雇として女の前を通る/岩田昌寿

椎咲きてわが年輪のほのぐらき/松村蒼石

雷晴れや日にのぞかるる椎の花/飯田蛇笏

息々の閑に堪へをれば椎匂ふ/千代田葛彦

椎にほふ未定稿抱き眠る夜も/能村登四郎

椎の香と云ひかけて顔見合せり/高澤良一

椎の香の猛々しきを深く吸ふ/正木ゆう子

俳句例:81句目~

べたべたの顔に椎咲き噎びけり/草間時彦

もたれゐし木の椎の花匂ひけり/木下夕爾

二上山へ押し寄せてをり椎の花/中澤康人

椎の花こぼれて水の暗さかな/増田手古奈

椎の花こぼれし土に松の影/阿部みどり女

椎の花まみれに遊び暮れしかな/石川桂郎

椎の花匂ひこぼるゝとはこの事/高浜虚子

椎の花夜目にもをとこ盛りかな/行方克巳

椎の花散りしく道にかゝりけり/松藤夏山

今日の知恵けふ使ひきり椎の花/能村登四郎

椎の香のこれぞてふ香に立ち止る/高澤良一

椎の花古葉まじりに散り敷きし/松本たかし

蒸す夕日おもおもと入れ椎の花/稲垣法城子

樹下の恋はやして椎の花こぼる/小田切輝雄

こは父の咳なりき椎の花降れり/千代田葛彦

椎匂ふ夜を充ち充ちて書きゐたり/大野林火

抑へ抑へし花椎の香の雨後発す/能村登四郎

椎の花餅を搗く蚊のこぼしけり/阿波野青畝

抑へ抑へし花椎の香の雨後発す/能村登四郎

花椎の風かげり幼児の欠伸さそふ/原田種茅

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ