季語/茗荷の子(みょうがのこ)を使った俳句

「茗荷の子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茗荷の子」について

【表記】茗荷の子

【読み方】みょうがのこ

【ローマ字読み】myoganoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・茗荷汁(みょうがじる:myogajiru)

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

茗荷の子を含む俳句例

朝は涼しい茗荷の子/種田山頭火

親しさの十二三人茗荷汁/澤ゑい

飲食は一人に限る茗荷汁/大口元通

頷いて寡黙の別れ茗荷の子/紅林震

健啖の和尚好みの茗荷汁/江里蘆穂

小恙の床をはなれて茗荷汁/夏目麦周

山荘に懐古夜明かす茗荷汁/山口草堂

弱き父強かりし母茗荷の子/長谷川双

ひる飯の鹿島の宮の茗荷汁/高野素十

みちのくの泊り泊りの茗荷汁/森江楓

鉄筋に疲れのたまる茗荷汁/桑原三郎

上品も下品もあらず茗荷の子/福島勲

金色に茗荷汁澄む地球かな/永田耕衣

茗荷汁ほろりと苦し風の暮/日野草城

茗荷汁愛なき恋は忘れたく/東浦六代

台所不如意の時の茗荷汁/川原みや女

茗荷汁前の世の河まだ渡る/永田耕衣

新豆腐茗荷の子には事欠かず/安住敦

茗荷汁うつりて淋し己が顔/村上鬼城

茗荷の子今摘み頃と思ひ病む/川村千英

俳句例:21句目~

茗荷の子妻産月となりにけり/杉山岳陽

茗荷汁にうつりて淋し己が顔/村上鬼城

葬一つきのふに済ませ茗荷汁/高澤良一

十五城を豊子にわたせ茗荷の子/中勘助

初穫りのただ一粒の茗荷の子/杉山鶴子

夕月や梅酢に漬けし茗荷の子/草間時彦

姉がりに来て妻たのし茗荷汁/下村槐太

孕子がまぶたを閉ずる茗荷汁/鳴戸奈菜

往き来して裏庭同志茗荷の子/藤本朋子

朝市や地べたに盛りて茗荷の子/西山誠

胸閉ぢて混り食ふなり茗荷汁/石塚友二

濯場に洗ひあげたる茗荷の子/遠藤梧逸

煤が煤むすび長けたり茗荷汁/石川桂郎

知られざる地球の皮や茗荷汁/攝津幸彦

茗荷の子かかるものにも死の心/齋藤玄

茗荷の子きしきし洗ふ峡の水/山本照子

この家のまひるは寂し茗荷の子/黒田杏子

茗荷の子童女の尻を見てゐたる/河野南畦

茗荷汁したたかに召し給ひてよ/会津八一

茄子籠にまじりて白し茗荷の子/喜多皎友

俳句例:41句目~

夏蔭やおはぐろとんぼ茗荷の子/小杉余子

茗荷汁吹きて真顔となりゐたり/伊藤京子

盗まるる庭に見てをり茗荷の子/石川桂郎

今宵たぶ茗荷の子など水に浮く/金田咲子

一怒すれば一老とかや茗荷の子/川崎展宏

この家を離れず老ひぬ茗荷の子/光信喜美子

ちり取に貰ひ受けたる茗荷の子/広瀬志津女

父呆けて飽かぬ茗荷の子を食ふも/清水基吉

茗荷の子とんと刻んでふたりきり/黒田杏子

茗荷の子もおもちなさいと集乳罐/和知喜八

茗荷の子二つ掘りたる石に置く/石田あき子

淡々と出て茗荷の子ゆるぎなし/大木あまり

朝餉に火かけて茗荷の子をとりに/宮下翠舟

日は宙にしづかなものに茗荷の子/大野林火

ゆきずりの農婦にもらふ茗荷の子/佐藤仲子

ルカ病院の雀がとんで茗荷の子/加賀美子麓

茗荷よりかしこさうなり茗荷の子/正岡子規

いぶかりて猫がころがす茗荷の子/小林烏有男

立ち寄りて茗荷の子など見てゆかれ/前山百年

茗荷汁たまには辞書を引きたまへ/佐々木六戈

俳句例:61句目~

愚にかへれと庵主の食ふや茗荷の子/村上鬼城

句をやめむは生絶つごとし茗荷の子/下村槐太

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ