季語/初秋(はつあき/しょしゅう)を使った俳句

「初秋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初秋」について

【表記】初秋

【読み方】はつあき/しょしゅう

【ローマ字読み】hatsuaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・新秋(しんしゅう:shinshu)

・首秋(しゅしゅう:shushu)

・上秋(じょうしゅう:joshu)

・孟秋(もうしゅう:moshu)

・肇秋(ちょうしゅう:choshu)

・蘭秋(らんしゅう:ranshu)

・早秋(そうしゅう:soushu)

・桐秋(とうしゅう:toshu)

・盆秋(ぼんしゅう:bonshu)

・秋初め(あきはじめ:akihajime)

・秋浅し(あきあさし:akiasashi)

・秋口(あきぐち:akiguchi)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

初秋を含む俳句例

山水やまだ初秋の香散/句空

初秋や帷子ごしにかかる雨/毛

秋口や雨にぎやかに潦/岸田稚

鱒泳ぐ初秋風の水の皺/森田峠

初秋や親に離れし相撲取/米巒

夢かれて初秋犬の遠音かな/西吟

初秋や蚊屋に透き来る銀河/嘯山

初秋や杉の谷より青煙/沢木欣一

初秋の芭蕉動きぬ枕元/夏目漱石

秋口の粥鍋しづむ梓川/飯田蛇笏

初秋や軽き病に買ひ薬/高浜虚子

初秋や小雨ふりこむ膳の上/成美

初秋や山中は魚串刺しに/斎藤玄

初秋や往来端の竹細工/井上井月

初秋やまだ美しい水の色/千代女

初秋や仏にあげて五目飯/小澤碧童

初秋や余所の灯見ゆる宵の程/蕪村

筆の先双つにわれて秋初/中嶋秀子

初秋の竹の枯葉や竹の垣/藤野古白

初秋や酢のきゝ過ぎし膳の物/篠原

俳句例:21句目~

初秋の色なになにぞ山の川/飴山實

秋口や戻り俥の幌の揺れ/石川桂郎

秋口の庭池の扉や月の雨/飯田蛇笏

初秋や耳かきけづる朝朗/上島鬼貫

初秋の土ふむ靴のうす埃/杉田久女

初秋の雲を宿せる山の湖/加藤耕子

新秋や両耳立てし筑波山/皆川東水

新秋やチロル木彫の皿軽し/有働亨

初秋の千本の松動きけり/夏目漱石

新秋の遠見に白き牧の柵/倉橋弘躬

峠にて朴の鬱たる秋はじめ/森澄雄

初秋や蝗握れば柔かき/芥川龍之介

初秋の椎の木下る蚊喰鳥/萩原麦草

水郷の初秋風に舟を棹す/岩崎照子

初秋や薬にうつる星の影/黒柳召波

初秋や人のうしろを風が過ぎ/桂信子

初秋や名札を足に新生児/斎藤志津子

きりこきりこと初秋の乳母車/原田喬

初秋や噴井流るゝ草の中/大場白水郎

初秋や宗祇も看たる山川よ/滝井孝作

俳句例:41句目~

初秋や旭出ぬ間の寺まいり/高井几董

初秋や松葉の土の松ぼくり/小川軽舟

母に抱かれて初秋の波の音/藤原満喜

初秋や蝗つかめば柔かき/芥川龍之介

初秋や通夜の灯うるむ花氷/渡辺水巴

初秋や餘所の灯見ゆる宵のほど/蕪村

初秋に大事がらるる宿り哉/正岡子規

初秋のどれが露やら雨の露/上島鬼貫

壺の塩甕の水など秋はじめ/長谷川双

初秋のまぶたに涼し芳野山/藤野古白

山に来て山の夢みてゐし初秋/上村占

峡初秋老のせて舟平らなり/山本古瓢

文机に初秋風を招きけり/阿波野青畝

新秋の舟に四五人棹し下る/薗田秀子

初秋の四十もうとき寐覚哉/松岡青蘿

初秋の埃もつかぬ茄子かな/中島月笠

新秋の草食みて牛つや~し/長沢鴨水

新秋や体内の水入れ換ふる/北村典子

新秋や女体かがやき夢了る/金子兜太

物置かぬ机上初秋風のもの/井沢正江

俳句例:61句目~

初秋の尚宵々を出ありきぬ/石井露月

秋口に降りては埃くさき雨/高澤良一

秋口の他意なきものに夕鴉/長谷川双

秋口の振舞餅を食ひにゆく/田中裕明

秋口の星みどりなる嶽の上/飯田蛇笏

秋口の雨にぬれたる岩魚釣/飯田蛇笏

芋の秋初孫ふぐり忘れずに/西島麦南

赤帽のポーター徘徊驛初秋/高澤良一

雁行や初秋の雪の降る地平/対馬康子

雨降つて一足飛びに秋口ヘ/近藤一鴻

秋口の泉に生きるもの動き/佐野美智

初秋の簾に動く日あしかな/正岡子規

初秋の純白をもて参籠す/加倉井秋を

初秋の蛇打ちし石火を発す/萩原麦草

初秋の蝗つかめば柔かき/芥川龍之介

初秋の逆光に入る鳥の数/沼尻巳津子

初秋の雲がかゝるや富士の山/谷活東

初秋やあたま冴出す葉鶏頭/滝井孝作

初秋やきのふと違ふ山の丈/手塚美佐

初秋やそろりと顔へ蚊屋の脚/廬元坊

俳句例:81句目~

初秋やまだうつくしい水の音/千代尼

初秋の歩けば物をもらふ子よ/岩田由美

きつつきや新秋白き山の湖/千代田葛彦

初秋の蓮の葉ひろき面かな/岡本癖三酔

秋口の湯治の客の宵寝かな/宇佐美魚目

初秋や障子さす夜とさゝぬよと/炭太祇

秋口の横波鳴れりタグボート/高澤良一

初秋よし静脉透きて脉摶つよ/藤木清子

丘の径から初秋の漁夫のこゑ/飯田龍太

秋口のすはやとおもふ通り雨/飯田蛇笏

初秋と思ふはるかだと思ふ/野見山朱鳥

初秋のまひるまぶしき皿割りぬ/桂信子

初秋や寺の電話を借りて語る/永井龍男

初秋の三日月ほのと雲のあひ/西島麦南

初秋の言づてせられゐたりけり/有働亨

新秋のことに真萩の雨あがり/清原枴童

初秋の大きな富士に対しけり/星野立子

秋口のいくたびそそぐ竹の雨/松村蒼石

新秋の光となりて滝落ちる/山根きぬえ

初秋の小鯵の味も忌のこゝろ/斎藤空華

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ