季語/初月(はつづき)を使った俳句

「初月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初月」について

【表記】初月

【読み方】はつづき

【ローマ字読み】hatsuzuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初月夜(はつづきよ:hatsuzukiyo)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

初月を含む俳句例

初月や兎の臼の作りかけ/支考

初月や向ひに家のなき所/芭蕉

初月に蒟蒻玉を掘る光り/萩原麦草

初月に京女をつれて真葛原/飯田蛇笏

初月の鷹匠町に来てゐたり/関戸靖子

初月や島に着きたる定期船/森山抱石

初月や影まだしまぬ地のくもり/素丸

初月や雲に夕栄の名残あり/寺野竹湍

初月に声色舟の流れ来ぬ/長谷川かな女

初月やまだ真青なる楡の空/古賀まり子

初月の辰巳にひけて更けにけり/加藤郁乎

初月やうすき紅さす汝に添へば/鈴木只夫

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ