季語/初鴨(はつがも)を使った俳句

「初鴨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初鴨」について

【表記】初鴨

【読み方】はつがも

【ローマ字読み】hatsugamo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鴨来る(かもきたる:kamokitaru)

・鴨渡る(かもわたる:kamowataru)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

初鴨を含む俳句例

初鴨の着水一糸乱れざり/西村琢

初鴨の蹼ひらく水の中/尾崎隆則

初鴨の中の一羽の馴々し/樋笠文

鴨渡る鍵も小さき旅鞄/中村草田男

朝の櫂昼乾きゐて鴨渡る/野澤節子

初鴨に居着の鳰のよく潜る/大串章

鴨渡る気色に夜を徹しけり/原石鼎

初鴨や刈らぬ水田に波をたて/雲道

真鴨来ず小鴨軽鴨睦み合ふ/岡田日郎

父死後の湖や初鴨浮き沈み/関戸靖子

泰山木くだつ霖雨や通し鴨/渡邊水巴

上州の横雲はやし鴨渡る/白澤よし子

五色沼鴨来て色を深めけり/鈴木漱玉

人参の大畑が照り鴨わたる/岡井省二

凶作の野に雨しみて鴨来る/松村蒼石

初鴨が着く草川を忘れずに/佐野美智

山葵田の水初鴨の水と会ふ/石田勝彦

雨戸繰る寝衣潔白鴨わたる/宮武寒々

初鴨の一陣朝日きらめかす/河本好恵

初鴨や穂高の霧に池移り/水原秋櫻子

俳句例:21句目~

鴨来るや城址に残る薬研堀/恵良いさ子

鴨渡る暮色はずいと沼の上/小檜山繁子

鴨渡る月下蘆笛の音もなし/水原秋桜子

初鴨にふるさとの人の声透る/石原八束

初鴨に沼波たたみたたむなり/木村蕪城

初鴨のしぶき大きく水に着く/佐藤和枝

初鴨のつきし湖畔と朝散歩/小原菁々子

初鴨のやがて始めし波あそび/関戸靖子

初鴨の光りを曳きて着水す/横山美代子

初鴨の水尾まつすぐに折返す/鷹羽狩行

初鴨の泳ぎ廻つてをりにけり/三村純也

初鴨の空のはしより着水す/小林せつ子

初鴨の降りて水輪を重ねあふ/井口朝子

初鴨を待つ紀の川の水平ら/つじ加代子

初鴨を湖はきらめきもて迎ふ/山下美典

古刀根や鴨来そめたる秋の風/野村喜舟

奥の江に虹被て鳴けり初鴨は/桂樟蹊子

橋立の海荒れつゞき鴨来る/島谷王土星

渡り来し鴨渡りくる鴨を待つ/稲畑汀子

焼土も済む里人に鴨来初む/廣江八重櫻

俳句例:41句目~

聲奏づシヨパン生家に初鴨も/依田明倫

遥けさの初鴨の声聞きとむる/皆川盤水

鴨わたり太白月と冴えのこる/木津柳芽

鴨わたり来て山の幅人の幅/大木あまり

けふ凪ぎて初鴨沖に泛べたり/篠田悌二郎

なにげなく見ゆ初鴨の一たむろ/松村蒼石

初鴨やしだいに晴れて沖の点/篠田悌二郎

初鴨の多摩の横山がかりかな/八木林之介

初鴨の四五に足らず池ひろし/水原秋桜子

天上を鴨わたりゆく響きかな/宇多喜代子

初鴨のみづうみ渺として遠し/百合山羽公

沼面より迎へ翔つあり鴨来る/石井とし夫

初鴨の大羽博ちにも比良黙す/阿波野青畝

鴨来ると湖畔のみ堂ほとけ満つ/皆吉爽雨

鴨渡るあきらかに又あきらかに/高野素十

海よりも空が碧くて鴨わたる/佐野まもる

初鴨のいまだ遊意の水尾ならず/高野途上

しろがねに濡れたる湖や鴨来そめ/堀口星眠

初鴨の青置き湖水よみがへる/きくちつねこ

西施湖に鴨来るころを船遊び/野見山ひふみ

俳句例:61句目~

野明りやあちらこちらへ鴨渡る/中村草田男

鴨わたる見て汽車降りぬ湯村かや/森川暁水

鴨来そめ豊かなる潮にたゆたへり/松村蒼石

又飛んで又飛んで鴨来てをりし/石井とし夫

はぐれ鴨来る坂鳥の明け放れ/安斎櫻カイ子

海くらしとぎれとぎれに鴨わたる/大橋櫻坡子

鴨翔ちしかなたをとほく鴨わたり/長谷川素逝

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ