季語/初霞(はつがすみ)を使った俳句

「初霞」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初霞」について

【表記】初霞

【読み方】はつがすみ

【ローマ字読み】hatsugasumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・新霞(にいがすみ:niigasumi)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の天文」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初霞を含む俳句例

ことさらに唐人屋敷初霞/蕪村

初霞鶏犬の声遠近に/笹川臨風

国中の初霞より列車音/茂里正治

三宝に御供米の白初霞/毛塚静枝

初霞舗装の街に土恋し/香西照雄

初霞して文具屋の四枚戸/岡本眸

初霞畠重なり山重なり/宮下歌梯

初霞ぺん~草の垣根より/龍岡晋

初霞娘の嫁ぎゆく麓村/羽吹利夫

初霞山に加へし齢かな/朝倉和江

初霞川は南へ流れけり/青木月斗

地に遊ぶ鳥は鳥なり初霞/千代女

旅人と旅人の子の初霞/長谷川櫂

祝婚の坂東太郎初霞/宮澤せい子

藁塚を畷に伏せて初霞/富安風生

観覧車動き動かず初霞/六本和子

まだ顔の空へはおもし初霞/千代尼

初霞赤城紫紺の裾引けり/岡田日郎

空席の猿のこしかけ初霞/嶋野國夫

初霞無人境には平和あり/香西照雄

俳句例:21句目~

初霞雪二上の裾よりぞ/筏井竹の門

初霞ぺんぺん草の垣根より/龍岡晋

初霞倶利伽羅不動つつみけり/柏禎

師も父も夫もおとこ初霞/池田澄子

朝紅や水うつくしき初霞/上島鬼貫

葛城の神のねむりの初霞/川崎展宏

天と地の打ち解けりな初霞/夏目漱石

居喰して餌に飽く鹿や初霞/北野民夫

初がすみ大和山城色頒つ/能村登四郎

初霞して御社の杉にほふ/柴田白葉女

日の匂ふ寝そべり松や初霞/井上井月

初霞して赤松のうるほへり/伊藤通明

淀よりも伏見に濃くて初霞/山本洋子

琴の糸干して比叡の初霞/野上智恵子

初霞して鵙の胸野をてらす/飯田龍太

苑の端の木立おもてや初霞/飯田蛇笏

初霞猶寒林といふ外なし/長良扶沙子

マラソンの全走者消え初霞/丸山哲郎

まなきりの銚子の海や初霞/小川芋銭

赤人の名は付かれたり初霞/中村史邦

俳句例:41句目~

手の下の山を立きれ初がすみ/内藤丈草

初霞満ちゐん素建の小家にも/香西照雄

初霞立つや温泉の湧く谷七つ/内藤鳴雪

塩ふつて魚の眼さます初霞/神尾久美子

つつまざる僧のつむりや初霞/石田勝彦

こころより立つや白根の初がすみ/樗良

湯上がりのふぐりのあたり初霞/高澤良一

園の端の木立おもてや初がすみ/飯田蛇笏

見馴れゐて見飽かぬ富士や初霞/川村紫陽

流寓の目をあげてみる初がすみ/遠藤正年