季語/初鰹(はつがつお)を使った俳句

「初鰹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初鰹」について

【表記】初鰹

【読み方】はつがつお

【ローマ字読み】hatsugatsuo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

初鰹を含む俳句例

擂鉢に骨付入れつ初鰹/喜舟

眼には青葉山郭公初松/素堂

目には青葉山郭公初鰹/素堂

目には青葉山郭公初松/素堂

普請して土間通す水初鰹/原裕

一と膳のみな海の幸初鰹/篠原

俎に頭はみだし初鰹/高橋絹代

返稿に朱圏豊かに初鰹/木村蕪城

未婚二十七歳半ば初鰹/馬場駿吉

花鳥もきのふと過て初鰹/芙蓉花

中落に一擲銭や初鰹/松根東洋城

糶に出て女も火玉初鰹/古舘曹人

北溟にどんなやら初鰹/会津八一

山村の祝ぎ唄素朴初鰹/関由紀子

大江戸や犬もありつく初鰹/一茶

流行醤の玄関先や初松/井上井月

江戸亡ぶ俎に在り初鰹/高浜虚子

江戸ツ子の中の神田や初松/五空

初鰹観世太夫がはし居かな/蕪村

鎌倉を生きて出でけむ初鰹/芭蕉

俳句例:21句目~

初鰹糶の氷片とばしけり/皆川盤水

船着くや糶場へ滑る初鰹/池森昭子

卯の花を夜目のあなたや初松/澄雄

一本を抛り足したる初鰹/串上青蓑

市場まで夜船送りや初松/井上井月

御僧は説かず娶らず初鰹/清水基吉

本降りのあとの晩晴初鰹/鷹羽狩行

冷々と舌に載りけり初鰹/増田龍雨

浅草もさみしくなりぬ初鰹/真鍋青

初松厨に人のたかりけり/籾山柑子

町空をとどろかす雷初鰹/井上美子

目には青葉山ほととぎす初鰹/素堂

船津屋の屋敷稲荷に初鰹/田中英子

関東にまた移り住み初鰹/松尾緑富

憂人の鮓にもすこし初がつを/巣兆

初鰹もろ手に捧げ糶りはじむ/謙三

初鰹亭主関白つらぬきて/澤田緑生

初鰹兄弟揃ふ日なりけり/高田堅舟

初鰹包丁持つは夫の役/稲畑廣太郎

初鰹夜の巷に置く身かな/石田波郷

俳句例:41句目~

初鰹小判こぼせし革財布/中川四明

初鰹市へ負ひゆくみな女/亀井糸游

初鰹桶より抜きて暁の糶/中村房子

今日のみは江戸つ子たらむ初鰹/林翔

酖をもつて可なりとやせん初鰹/沙月

街の日に潮や吐かん初鰹/大谷碧雲居

沖を指す航跡ふとし初鰹/益本三知子

久闊や土佐もここなる初鰹/高木晴子

初がつをと筍飯の夕餉かな/田中冬二

初鰹双生児同日歩き初む/中村草田男

水はじき鉄のごとしや初鰹/鷹羽狩行

初松羽が生えたり江戸の空/正岡子規

初鰹威勢よく売る老夫婦/佐野たけ子

包丁を弾ませ下ろす初鰹/内山美智子

初鰹恋にも旬のあるような/高木一惠

初鰹料りし気魄盛られある/高橋笛美

初鰹盛ならべたる牡丹かな/服部嵐雪

初鰹男ばかりで囲みたる/宇多喜代子

初鰹女が負けず糶り落す/夏井やすを

初がつをどすんと岬たたく波/中拓夫

俳句例:61句目~

初松燈が入りて胸しづまりぬ/草間時彦

初松聞をよんだるばかりなり/岡野知十

初鰹その外何も無き荷かな/島村元句集

断つほどの酒にはあらず初鰹/鷹羽狩行

樹々植ゑて神田に住むや初鰹/野村喜舟

初鰹朝風呂好きときこへけり/野村喜舟

初鰹いたくさげすむ門地かな/飯田蛇笏

海を見ぬ月日に馴れて初鰹/宍戸富美子

牟婁の江のにぎわひ続き初鰹/吉田伝治

初鰹血のつながりは父のもの/椎橋清翠

初鰹固しと食らい死を忘ず/藤村多加夫

腹も背もしろがね深き初鰹/宇多喜代子

初鰹都心に出でて日暮れたり/石川桂郎

通り過ぎもどりては買ふ初鰹/如月真菜

受話器とる妻の濡れ手や初鰹/岡田貞峰

雨ざつと来てさっと去り初鰹/太田寛郎

上の句はなんであらうと初松/加藤郁乎

初鰹盛りならべたる牡丹かな/服部嵐雪

初鰹より土佐の旅はじまりし/稲畑汀子

めでたかり出刃打ちこんで初鰹/石川桂郎

俳句例:81句目~

初鰹五十年酒に背きし時あらず/橋本夢道

四明忌やその絵すさびの初松/山口八九子

みどり葉を敷いて楚々たり初鰹/三橋鷹女

夕かげにみどり顕ちけり初鰹/上田五千石

初鰹襲名いさぎよかりけり/久保田万太郎

初鰹子とゐる父にバッハの曲/永田耕一郎

江戸を云ふざつかけなしや初松/加藤郁乎

初松あゝつがもねえなまりとは/加藤郁乎

たつぷりと泣き初鰹食ひにゆく/宇多喜代子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ