季語/汗(あせ)を使った俳句

「汗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「汗」について

【表記】汗

【読み方】あせ

【ローマ字読み】ase

子季語・関連季語・傍題・類語など

・汗ばむ(あせばむ:asebamu)

・玉の汗(たまのあせ:tamanoase)

・汗水(あせみず:asemizu)

・汗の香(あせのか:asenoka)

・汗みどろ(あせみどろ:asemidoro)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

汗を含む俳句例

へそが汗ためてゐる/山頭火

汗と拭く柱鏡の脂顔/石塚友二

汗拭や左袒ぐ夏芝居/高井几董

祇園会や古き錦に汗の玉/青々

汗取や袖に浪こす沖の石/調鶴

汗取や菅の小笹に残す風/西和

青空と一つ色なり汗拭ひ/一茶

團結の歌ごゑ汗の拳振り/上村占

発掘に従ふ学徒汗拭かず/森田峠

母の汗拭へば終の白額/野澤節子

泥汗に眦ただれ田草取/大熊輝一

大仏の蔭や汗拭く旅の人/谷活東

汗臭き手拭濯ぐ流かな/羅蘇山人

淵にたつ汗の父拭く夕茜/渋谷道

石仏に雲累々と汗落す/古舘曹人

汗拭いて米搗く僧や帰り花/蓼太

盆踊汗水節といふ曲も/沢木欣一

雫汗雫男らどつと汽車へ/原田喬

小説の発端汗の捨切符/藤田湘子

曇日の汗頸すぢに君失ふ/岸田稚

俳句例:21句目~

鐘撞いて男ひと日の汗拭ふ/原裕

汗入て身を仏体と知る夜哉/我則

豚饅に汗し行列中華街/高澤良一

南天にしばしと干すや汗拭/山店

汗や露おのが染たる柿帷子/自鶴

花木槿美作に来て汗白し/森澄雄

花に酒汗して牛の引く日哉/蓼太

汗は汗私は私誤字探す/高澤良一

汗の旅生徒教師を敬はず/楠節子

街を出る喝采あれや肩の汗/竹中宏

病人の汗は流れず縷紅草/石田波郷

二歳児に存分の汗森深し/都筑智子

畳屋の汗は大粒鳳仙花/大岳水一路

産声や目鼻にからむ泪汗/杉山岳陽

塔逆さまに頭の汗を拭き/和知喜八

塩一石汗一石砂積み崩し/沢木欣一

人の汗見る鏡中の街角で/対馬康子

戦う汗涙となりぬ夕栄に/高澤良一

生死や一本の葦汗の手に/齊藤美規

夏草の溝越え茂る街汗す/横光利一

俳句例:41句目~

生の松いかに忘れん汗拭/榎本其角

玉の汗五大堂にて一休止/高澤良一

夕焼の栄光の中胸汗ばむ/斎藤空華

爆心地汗の帽子の裏を干す/小田亨

流す汗今若からず終戦日/手島靖一

仏桑華汗の眼窩に朱狂ふ/脇野素粒

汗若き鉄工に浮き黄の気球/徳弘純

休暇語る汗の生徒ら燦爛たり/林翔

文弱の身ほどに汚れ汗拭/深谷雄大

汗拭ふ向ふに高し雲の峯/子規句集

汗拭ひ拭ひ漢の一礼す/涌喜摩耶子

黄の色の汗修道尼日本人/右城暮石

傾城の汗の身をうる暑哉/横井也有

傾城の汗臭くなるをどりかな/木導

太陽も金の汗する田草取/辻田克巳

旅人や杖に干し行く汗拭/正岡子規

汗垂れて乾き渺たる一僧侶/斎藤玄

あぐらかく者に満つ汗蟇/赤尾兜子

駒よせに汗打ち払ふ風もなし/一鳥

耕すや天より汗を賜りて/細谷源二

俳句例:61句目~

日盛を御傘と申せ萩に汗/榎本其角

子の汗のすがしく匂ひ神輿振/林翔

頑なに汗の背中や泥鰌汁/加藤楸邨

兜虫漆黒なり吾汗ばめる/石田波郷

汗し倦む法皇庁の宝石庫/小池文子

ハンカチや汗一滴の広額/西山泊雲

静脈の黒さ汗の手吊革に/石塚友二

老車夫の汗を憐む酒手哉/正岡子規

羅に汗さへ見せぬ女かな/高浜年尾

神妙に汗も拭はず鉾の児/伊藤松宇

少年の汗ほとばしる大太鼓/酒井武

雲雀野をゆく膕の汗ばみて/中田剛

汗し病み馬肉煮る日の蹠/片山桃史

神の座へ急峻の證汗光る/島田青琴

汗冷えつ笠紐浸る泉かな/飯田蛇笏

石に絞る香や橘の筆の汗/浜田酒堂

鉄斎へ汗念力の膝がしら/加藤楸邨

鼻梁汗かく原爆祭うつろなり/原裕

山畑や笠の紐より汗しづく/上村占

ぼんのくぼ押へし汗の掌/高濱年尾

俳句例:81句目~

札所寺百日紅に汗退けり/高澤良一

金売露地深く来て汗拭ふ/加藤楸邨

出色の百日紅に汗退けり/高澤良一

軍艦や流るる汗に鋼の膚/筑紫磐井

勤勞の汗が君らの宝なり/筑紫磐井

足早に本堂よぎる汗手貫/加藤節子

松籟は峠ならむと汗ばみ登る/篠原

貝をむく汗の口辺法師蝉/古沢太穂

一瞬の汗引く仰臥漫録に/藤浦昭代

言葉つまる心の隙に汗ありて/林翔

万歩計見て満足の汗拭ふ/小林勇二

三人の汗の男の石を切る/本岡歌子

褒貶や汗で真向ふ挽肉機/河野南畦

裾の蝉汗かき不動峰の蝉/和知喜八

薄髭に汗溜め遊泳監視員/永作火童

友の前胸の薄さの汗拭ふ/木村蕪城

盆踊り汗水節といふ曲も/沢木欣一

百姓の広き背中や汗流る/高野素十

榊鬼汗拭く暗き隅を得て/星野昌彦

芋団子汗の童べ膝に肩に/細谷源二

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ