季語/蚤(のみ)を使った俳句

「蚤」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蚤」について

【表記】蚤

【読み方】のみ

【ローマ字読み】nomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蚤の跡(のみのあと:nominoato)

季節による分類

・「の」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蚤を含む俳句例

蚤とばす枕銭より集金す/下田稔

蚤ひろふ猿の胡座や苔の花/蓼太

天堂の絨緞に住め蚤虱/幸田露伴

富士の山蚤が茶臼の覆かな/芭蕉

蚤虱馬の尿するまくらもと/芭蕉

石菖に蚤飛び移る朝戸かな/几董

蚤逸す木曽川下り舟の中/龍岡晋

川越や蚤にわかるる横田川/彫棠

蚤飛ぶや草の庵の青畳/赤木格堂

寝台の風樹も九月蚤の市/小池文子

赤き蚤柩の前を歩きをり/永田耕衣

夏の夜や寝ぬに目覚す蚤の牙/言水

山の姿蚤が茶臼の覆かな/松尾芭蕉

緑さす机の角に蚤殺す/百合山羽公

ここもはや馴れて幾日ぞ蚤虱/惟然

痩蚤の這出るかたや旅枕/内藤丈草

杏村腿に小花の蚤の痕/小檜山繁子

寝覚の淵きのふは蚤に喰れけり/一鉄

あれにけり蚤の都のおもてがへ/松意

きられたる夢はまことか蚤の跡/其角

俳句例:21句目~

蚤捕ふことに雨夜の農の妻/豊山千蔭

恋衣起きては蚤を振ひけり/尾崎紅葉

そろばんを枕の旅人春の蚤/宮武寒々

蚤取粉買ひに御僧や夜の町/河野静雲

朝がほや稚き足に蚤のあと/高井几董

朝の間や蚤に寐ぬ夜の假枕/井上井月

田祭や蚤取粉打つて小百姓/前田普羅

燭台に枯葉とまるや蚤の市/小池文子

蚤の市立つ十月の楡の下/鈴木しげを

凱風快晴朝に蚤をふるひけり/龍岡晋

珍しう蚤のくふ夜や春の雨/横井也有

蚤振ふへき千仭の岡もかな/尾崎紅葉

暑き朝蚤の歌など放送す/相生垣瓜人

蚤ひとつ連城の璧曳きにけり/龍岡晋

有明や不二へふじへと蚤のとぶ/一茶

蚤鼠詩性拳銃餓死議事堂/鈴木六林男

蚤飛ぶや長坐の客の尻の跡/守屋青楓

蚊か蚤か南京虫か目が覚めた/堺利彦

嘘つくや豆粒程の蚤なりと/星野麦人

隙明や蚤の出て行く耳の穴/内藤丈草

俳句例:41句目~

旅人の昼寝のあとや草の蚤/藤野古白

蚤ふるふ袖行合ぬ今朝の秋/松岡青蘿

宿直の申おくりに蚤のこと/黒田甫夕

大鰐の蚤をもらひて旅了る/山口青邨

松島や名所の蚤のわれをくふ/正岡子規

あるじ我病みをり蚤にふえられて/林翔

桃の香の中に夜明けの蚤帰る/飯田龍太

犬の蚤寒き砂丘に跳び出せり/西東三鬼

わが蚤をもらひし妻の虔しや/加藤楸邨

猫の蚤わが足に来て火花せり/山崎愛子

膳さきへかたむく桑や蚤の宿/飯田蛇笏

臍を噛む蚤もおかしや韮の宿/会津八一

芥子咲くや蚤のひろ程昼の夢/浜田酒堂

虎にねて豊干は蚤にくはれけり/中勘助

蚊の宵と思へば蚤の夜明かな/尾崎紅葉

蚤とんで失せぬ雷火に村打たれ/上村占

蚤と蚊に一夜やせたる思ひ哉/正岡子規

やけ土のほかりほかりや蚤さわぐ/一茶

蚤に寝ぬ夜の衣をかへしけり/尾崎紅葉

蚤に覚めをり百憂忘れしに/篠田悌二郎

俳句例:61句目~

蚤に足らず虱にあまる力かな/正岡子規

ガラス絵を買ふ水無月の蚤の市/鈴木晶

一疋の蚤をさがして居る夜中/尾崎放哉

蚤ひとつ魯般の梯子のぼりけり/龍岡晋

蚤も馬も神の位に冬はこべ/菅原多つを

蚤紅く逃げむとすなる美しさ/山口誓子

冬の蚤畳の痛き目を蹴つて/佐々木六戈

蚤蝿にあなどられつゝけふも暮ぬ/一茶

蚤跳ねし音など妻はよく眠る/香西照雄

講戻り蚤つき来しと帯をとく/高田蝶衣

大足や蚤取粉撒くひとりの夜/下村槐太

戦後久し犬には犬の蚤がいる/田中久子

掛茶屋の床水通ひ蚤多し/長谷川零餘子

明燈の下をとんだり秋の蚤/百合山羽公

景清もあきれし蚤の行方かな/椎本才麿

欠伸猫の歯ぐきに浮ける蚤を見し/原月舟

嘆ずるは君鼻のこと吾蚤のこと/細谷源二

欠び猫の歯ぐきに浮ける蚤を見し/原月舟

すこしづつ子を押し真夜の蚤をとる/篠原

見事なる蚤の跳躍わが家にあり/西東三鬼

俳句例:81句目~

桃の香のなかに夜明けの蚤帰る/飯田龍太

蚤飛んで葵の花にまぎれけり/五十嵐播水

星月夜われらは富士の蚤しらみ/平畑静塔

夜鷹啼く夜は夜半なり蚤いらち/内藤丈草

美事なる蚤の跳躍わが家にあり/西東三鬼

蚤に起きて嬉しや月物干にあり/尾崎紅葉

混むバスの中にて背にたしか蚤ゐる/篠原

畦道の蚤の綴りを受け継ぎて/佐々木六戈

わが閨は刺ある如く蚤ひそむ/相生垣瓜人

蚤振ふを見し白眼や背き寝ぬ/島村元句集

不吉なる音立て蚤取粉を噴ける/平畑静塔

二兎を追ふ蚤二匹とも逃しけり/会津八一

蚤取粉買ふや夜の雲いらだたし/大野林火

冬虹や足し合ひて来し蚤夫婦/小島千架子

切られたる夢はまことか蚤の跡/宝井其角

老犬の死してのこりし蚤取粉/後藤比奈夫

母恋ひし手ふれし蚤濡れてゐて/川口重美

憂かりける蚤の一夜の宿なりし/高浜虚子

独りをかし旅の蚤はた家の蚤/千代田葛彦

蚤ふるふ夜更の土もかく乾き/相生垣瓜人

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ