季語/初市(はついち)を使った俳句

「初市」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初市」について

【表記】初市

【読み方】はついち

【ローマ字読み】hatsuichi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初立会(はつたちあい:hatsutachiai)

・大発会(だいはっかい:daihakkai)

・初相場(はつそうば:hatsusoba_)

・市始(いちはじめ:ichihajime)

・初市場(はついちば:hatsuichiba)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初市を含む俳句例

初市や深海族糶られをり/春

初市の跡はそのまゝ霞哉/成美

初市や雪に漕来る若菜船/嵐蘭

初市や霧立ちこめし天満橋/鼎二

手を〆めて初立会の勢ひ年/梨葉

初糶や蛸の逃げるを引戻し/杏史

初市へ農夫甘藍光らせて/森水仙

初糶の只中太き船の笛/水岡芳子

絹の上に算盤がのり市始/渡辺青楓

初市の裸灯に透けり干鰈/伊藤京子

信濃川渡りて町の初市へ/成海/静

初市の輪飾飛んで踏まれたり/可空

初市の金盞花抱へ顔隠る/宮津昭彦

初市の祝儀値弾む瀬田蜆/斎藤朗笛

初市の鰤差上げて糶りにけり/霜天

初市や刻印にほふ熊野杉/松本幹雄

初市や大臼値ぶむ声太き/遠藤孝作

初市や海鼠一籠隅にあり/青木月斗

初糶の濁声潮に鍛へたる/白井新一

前橋の初市風に明けにけり/瀬尾蓼穂

俳句例:21句目~

初糶の白湖も明けそめて/長谷川史郊

初市で買ふ青竹の笊ひとつ/若月瑞峰

初市や棚の海神吹きさらし/大島民郎

初糶の声高らかに築地かな/西岡仁雅

初糶のはじめの氷汲まれけり/下田稔

初市の豚の鼻みな息をせり/神生彩史

初糶の花荷積まるる雪の上/山谷三郎

初市の焚火受継ぐ煤け漁婦/皆川盤水

初糶の祝なますはお手のくぼ/ふみ子

初糶の背に暁光の日本海/海野ふさ子

青葱を雪に並べて市始め/北川つるゑ

初市の花荷積まるる雪の上/山谷三郎

初市の積荷にもたれ空は晴れ/菖蒲園

初市や雪に投げ出す鯛の色/矢野月片

靄染めて花の初市香もきそふ/山岸治子

飾られて初市に出る牛の瞳よ/千原叡子

いさましく柝を入れてけり初相場/汀波

初河岸の御祝儀に鯛を買はさるる/迂外

初糶の牛の祝儀値きまりけり/成島秩子

いくたびも山裾めぐり初市へ/巌寺堅隆

俳句例:41句目~

初市に生きたる鯛の糶られけり/草日居

初市のあとの花屑掃かれをり/北詰雁人

初市のうしろは加茂の流れかな/金子晉

初市に引きゆく牛を飾りけり/野原春醪

初市や安房の花舟漕ぎよせて/佐藤瑠璃

初市や鰤の目凍みて買はれゆく/杉本苑子

初市や抱き寐の子にも雪積り/田川飛旅子

初市の梯子のうしろ通りけり/栗田九霄子

初糶やまづ沖の日をおろがみて/白岩三郎

達磨目なくて力む初市方言浴び/相葉有流

ぽんぽんに脹らめる河豚初市に/柳澤和子

初糶の果物の香にむせてをり/山田/渓舟

初糶や跳ねては河豚の高値呼ぶ/木屋四風子

初市に妻と来て買ふ志野茶碗/七田谷まりうす