季語/初伊勢(はついせ)を使った俳句

「初伊勢」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初伊勢」について

【表記】初伊勢

【読み方】はついせ

【ローマ字読み】hatsuise

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初伊勢を含む俳句例

初伊勢や官憲筋の五六人/高澤良一

初伊勢の松の中なる三番叟/渡辺純枝

初伊勢や五つの色の生姜糖/倉本幹子

初伊勢や泥長靴の遠国人/奥野曼荼羅

初伊勢にゆく暗がりの泊瀬道/谷口秋郷

初伊勢の点り初めたる常夜燈/高澤良一

初伊勢の神々の名のみな長し/行沢雨晴

初伊勢やをろがむ顔ものごと/高澤良一

初伊勢や守武ぶりの一句出来/高澤良一

初伊勢や松籟に和す笛太鼓/伊藤いと子

初伊勢や福鈴をどる小風呂敷/川村不二

初伊勢や羊歯茂りして蜑の墓/飯塚風像

初伊勢や船路船人瀬戸に乗る/宮内一珍

船飾りたてて海女らの初参宮/橋爪里浦

初伊勢の玉砂利鳴らし往路帰路/高澤良一

初伊勢の鴛鴦にあひをりしなり/岡井省二

初伊勢や伊良湖路にある翁道/小田実希次

初伊勢や真珠のいろに神饌の海/伊藤敬子

初伊勢や腰の曲がるも何のその/高澤良一

初伊勢や菓舗の大釜湯がたぎり/宮下初子

俳句例:21句目~

初伊勢やかたまつて藻のやうに/織田敦子

初伊勢や鳩のくぐもりごゑの中/高澤良一

初伊勢やかまどに榾の爆ぜる音/伊藤いと子

初伊勢や二見泊りに子を連るゝ/名和三幹竹

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ