季語/元日(がんじつ)を使った俳句

「元日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「元日」について

【表記】元日

【読み方】がんじつ

【ローマ字読み】ganjitsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・お元日(おがんじつ:oganjitsu)

・鶏日(けいじつ:keijitsu)

・月の始(つきのはじめ:tsukinohajime)

・日の始(ひのはじめ:hinohajime)

・三始(さんし:sanshi__)

・三の始(みつのはじめ:mitsunohajime)

・三元(さんげん:sangen)

・元三(がんさん:gansan)

季節による分類

・「か」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

元日を含む俳句例

元日や軒深々と草の庵/石鼎

元日の畳恋しや肘と膝/敏雄

元日や上々吉の浅黄色/一茶

元日の海の風吹く峠道/龍太

元日の炭売十の指黒し/其角

元日や草の戸越の麦畠/召波

元日や夜深き衣の裏表/千川

炊煙が這ふ元日の溝明り/裕

我庵や元日も来る雑煮売/一茶

我遊ば昼過からが元日ぞ/一茶

元日も夕べとなりぬ藪雀/風生

元日や人の妻子の美しき/梅室

元日や商うて居る煙草店/篠原

元日や松しづかなる東山/闌更

元日の出帆旗ある異国船/播水

元日の一湖を拓く鴨の陣/原裕

元日や四十漢の広額/西島麦南

大浪に乗り元日の群鴎/岸田稚

元日や一の秘蔵の無分別/木因

盃の中に鶴亀お元日/榎本栄子

俳句例:21句目~

水にこゑかけ元日の厨妻/原裕

元日や漸々うごく紙鳶/服部嵐雪

元日や都の宿の置巨燵/正岡子規

元日の川波明り窓にくる/桂信子

元日も立のまゝなる屑家哉/一茶

元日や時の鐘鳴る葱畑/中島月笠

元日の心張棒を父外す/皆川白陀

元日の日向の母に鶏集まる/直人

元日の金玉の時過ぎて行く/瓜人

元日の昼たけてあり凧二つ/森潮

元日やされば野川の水の音/来山

元日や島をたよりの港口/原月舟

元日の墨摺つて呼ぶ父の声/春樹

元日も爰らは江戸の田舎哉/一茶

夕日さす元日の野の水緊り/原裕

ふるさとが見え元日の炭俵/原裕

元日の雲運びをり樺の風/中拓夫

元日や夕照走る剱ケ峰/渡邊水巴

午前の元日暗き町家哉/角田竹冷

元日や神代の事も思はるる/守武

俳句例:41句目~

元日の西東生むひかりの矢/原裕

元日の犬の憂鬱硝子越し/桂信子

元日の田ごとの畦の静かな/青畝

元日の膝上膝下虚空なり/斎藤玄

元日の芦を掴める鶲かな/岸田稚

元日やこがねの鞍に馬白し/曾良

元日の真顔にもどる夜の卓/哲郎

元日は大吹雪とや潔し/高野素十

元日や向島まで川蒸汽/野村喜舟

俎の白く元日夜更けたり/岡本眸

顔洗ひゐる元日の末娘/飯田龍太

元日や鬼ひしぐ手も漆の上/梅室

元日の光をためし霜の花/コウ子

元日の劇薬瓶みな肩落し/澁谷道

元日や前山颪す足袋のさき/蛇笏

元日や比枝も愛宕も雪の山/虚子

元日や蘭の日南に常の如し/零余子

元日や父に肖ぬ我似し弟/中島月笠

元日の開くと灯る冷蔵庫/池田澄子

元日や葉蔭にひそと青木の実/碧童

俳句例:61句目~

お元日目許賢き鳩が来て/高澤良一

元日の酔詫に来る二月哉/高井几董

寧けしや元日父の白粥は/皆川白陀

元日や煤の中なる蹲り/松根東洋城

姫島に発つ元日の舟にをり/原田喬

元日や胡桃のあぶら鼻油/水田正秀

元日の夕心ちふ心はも/相生垣瓜人

元日を雪や粟田は松青く/中川四明

一穂の土器の灯やお元日/松藤夏山

元日を遥に伊勢の霞かな/会津八一

元日や浜の揚船およそ百/福田蓼汀

元日やどちら向ても花の娑婆/一茶

元日の逆波うすし鳴瀬川/皆川白陀

元日を地球が廻る元日も/安藤和風

元日やい行き道ゆき礼をなす/澄雄

元日の机辺親しむ心あり/稲畑汀子

元日や一句一語に力満つ/河野南畦

元日の桜咲きけり畑の中/渡辺水巴

元日や微酔これ往生之心/河野静雲

元日や日のさしうつる椀折敷/成美

俳句例:81句目~

元日の櫻咲きけり畑の中/渡邊水巴

元日や島のうしろの沖つ浪/原月舟

元日や山容無類不老富士/橋本夢道

元日の居ごころや世にふる畳/太祇

元日の青畳といふ一奈落/齋藤愼爾

元日や少しの水と少しの鹽/中田剛

元日の富士に逢ひけり馬の上/漱石

元日の闇に時間の充満す/中村正幸

元日も鉄砲きくや裏の山/会津八一

元日の勉強机ひとりぼち/一條友子

元日や二十六年同じこと/正岡子規

元日の日を満面に屏風巌/関森勝夫

元日や雪白き比叡楼角に/中川四明

元日や非を改むる非のはじめ/紹廉

元日や朝からものゝ不平なる/子規

元日に来る鶲や紋つけて/和田祥子

元日の生木を燃やす白煙/桑原三郎

元日や手をつかへたる宿の妻/几董

元日や我のみならぬ巣なし鳥/一茶

元日にかはいや遍路門に立つ/一茶

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ