季語/初詣(はつもうで)を使った俳句

俳句例:201句目~

初みくじ大吉とあり信じ度し/澤草蝶

初詣厄除け塩は小指ほど/小島千架子

初詣五十鈴川には銭沈む/山口波津女

暁闇に白妙むすぶ初みくじ/長束澄江

履きそめのかたき鼻緒や初詣/吉屋信子

初詣マスク清らにかけにけり/吉屋信子

山の辺のみち踏みもして初詣/茂里正治

恵まれし寿をかしこみて初詣/富安風生

杜をゆく馬車の灯もあり初詣/田村了咲

恵方にはかかはりもなき初詣/岡安仁義

行く道の直ぐなるはなし初詣/青木重行

水掛けて消ゆる罪あり初詣/江川由紀子

初詣少年祖母によりそわず/宇野三千女

鎌倉に馬車あり乗りて初詣/松本たかし

ミサの灯の堂の深きに初詣/野田きみ代

えりあしのましろき妻と初詣/日野草城

つまづかぬ程の灯ともり初詣/曽我玉枝

ひよんの実を拾ひしが幸初詣/田中英子

初詣受けて平家の赤破魔矢/百合山羽公

ひろまへに志賀の湖あり初詣/久米幸叢

俳句例:221句目~

みたらしに杓の灯影や初詣/五十嵐播水

両の手にあまる鈴の緒初詣/五十嵐播水

海路にて着きし熊野の初詣/川口美江子

船飾りたてて海女らの初参宮/橋爪里浦

仲見世はあとの楽しみ初詣/今井つる女

初みくじ凶と出こころ引締る/築谷暁邨

初詣いつか背中を見られをり/前野雅生

初詣一社は渡船志賀さまヘ/小原菁々子

初みくじ結ひし無数の指想ふ/藤田湘子

吹き下ろす風いさぎよし初詣/下村梅子

知らぬ子の手の堅かりし初詣/星野明世

末吉の末にあやかる初みくじ/高原倉吉

横向きに乙女のひらく初神籤/高澤良一

海光の眩しさに解く初みくじ/藤木倶子

結びたり海の男の初みくじ/藤井冨美子

聖天やくるくる廻る初みくじ/角川春樹

初詣一度もせずに老いにけり/山田みづえ

いきほひのある絵馬を買ふ初詣/住田歌子

母としてねぎこと多し初詣/阿部みどり女

蟇自若たり石のごと身じろがず/三宮初詣

俳句例:241句目~

初詣月明かかりしよべひと夜/池内友次郎

星かとも尾根ゆく灯あり初詣/白澤よし子

初詣はらからたちの中にゐて/中曾根康弘

初詣なづなの畦を踏みゆけり/谷口ゆり女

戦火なき世のとはにあれ初詣/上田正久日

初みくじ梛の老樹に実のありて/中尾孝子

世の幸にいとしやわが幸初詣/池内友次郎

ふたたびのふたりとなりて初詣/三嶋隆英

埋れ木に花咲くとあり初みくじ/江川虹村

つちのこ御符に長蛇の列や初詣/川井玉枝

いみじくも奏ずるかけひ初詣/五十嵐播水

富士小さく小さく見ゆる野初詣/茂里正治

天に舞う鳩地を歩む鳩初詣する/荻原井泉水

種子明かす手品師も居し初詣/竹下しづの女

二あし三あし麦を踏みたる初詣/廣江八重櫻

初みくじ神の言葉を樹に咲かせ/野見山朱鳥

初神籤良きことばかり信じたり/市野沢弘子

吉吉ならず凶凶ならず初みくじ/三宅清三郎

宝庫番と暮れてまかるや初詣/竹下しづの女

ちりひぢの旅装かしこし初詣/竹下しづの女

俳句例:261句目~

たゞならぬ世に生きるなり初詣/大場白水郎

山かげ池の氷る末社にも初詣する/荻原井泉水

ときめきの結ひても残る初みくじ/七田千代子

初詣身ぬちそこばく悲しめる/『定本石橋秀野句文集』

信仰といふにもあらぬ初詣りこの民俗はなほつづくべし/四賀光子

タイトルとURLをコピーしました