季語/初詣(はつもうで)を使った俳句

「初詣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初詣」について

【表記】初詣

【読み方】はつもうで

【ローマ字読み】hatsumode

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初庭(はつにわ:hatsuniwa)

・初参(はつまいり:hatsumairi)

・初社(はつやしろ:hatsuyashiro)

・初祓(はつはらい:hatsuharai)

・初神籤(はつみくじ:hatsumikuji)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初詣を含む俳句例

初詣双親寿かれと/蓼汀

我が生の盛衰流転初詣/泰

自ら定まる心初詣/高木餅花

初詣駒形に来て泥鰌汁/碧童

建国の神に柏手初詣/田原憲治

階に御鬮のちりや初詣/橙黄子

夜風添ふ篝の火の粉初詣/風生

幾泉見て初詣深大寺/皆吉爽雨

初詣浮世話をして歩く/上野泰

女坂人声のして初詣/高野素十

一山に薬師三尊初詣/吉原朱雀

山迫り来て飛ぶ雪や初詣/蕪城

生涯を一陶工や初詣/吉村陶季

口開いて矢大臣よし初詣/青畝

頂へ道の集まる初詣/高澤良一

起承転我還暦や初詣/岩田沙悟浄

初詣帝釈さまのよもぎもち/青邨

初詣幾千人の私語の中/正木海彦

走り根の薄雪被く初詣/加藤高秋

裏山は松が枝ばかり初詣/桂信子

俳句例:21句目~

はや暮るゝ多門寺道や初詣/晁湖

藪いでて又畦をゆく初詣/風三楼

初詣無住の宮の一灯に/川島千枝

舌うつて末世の神に初詣/斎藤玄

海神に捧ぐる櫂や初詣/北山新樹

幡高く畝傍に流れ初詣/鈴間斗史

簪のゆれつゝ下る初詣/山口青邨

乞食の嬰児貌薔薇色や初詣/正雄

姉妹と母と父なり初詣/永井龍男

人々を率てちらばりて初詣/虚子

初詣羽田航空神社かな/高澤良一

人波に何か淋しく初詣/高木晴子

松籟の高き札所へ初詣/上崎暮潮

機関車は裾も湯げむり初詣/誓子

左右より松の梢や初詣/山口青邨

島人の素通りの陵初詣/上崎暮潮

初詣賽銭箱の大きさよ/千才治子

篝火の金銀舞へり初詣/矢納満江

神域に信号つけて初詣/和田郁子

兀として男山あり初詣/富岡犀川

俳句例:41句目~

石段の変らぬ堅さ初詣で/桂信子

石段のなき玉津島初詣/中谷楓子

初詣雪見事なる太鼓橋/鈴木花蓑

初詣ありあけ月の森づたひ/松浜

土器に浸みゆく神酒や初詣/年尾

初詣夫の蹤ききて女坂/水野龍子

山頂の磐座に来し初詣/茨木和生

道々のこゝ宮戸川初詣/小澤碧童

初詣はや梅ふふむ人麿社/堀古蝶

珊瑚玉首より垂らし初詣/上村占

参道の直なる歩み初詣/皆吉爽雨

参道の草家点れり初詣/清崎敏郎

辻といふ道の不思議を初詣/狩行

古町の川音に沿ひ初詣/田村了咲

日本がここに集る初詣/山口誓子

初みくじ開くり指先に/小松和子

潮退きて徒で小島へ初詣/森田峠

初詣仰山いかたこ姿焼/川崎展宏

初みくじ大国主に蝶むすび/静塔

土器の神酒冷たき初詣/池田秀水

俳句例:61句目~

飛梅に傘ひしめくや初詣/白水郎

颯颯と祓はるる厄初詣/奈良文夫

足伸ばし岬の宮へ初詣/小島雅夫

満潮に赫奕と日や初詣/大橋敦子

杉山は湖にのめりて初詣/廣瀬直人

校庭に足止めて去る初詣/斉田輝月

樹々の黙光るまで佇つ初詣/知世子

かなめ垣雫してをり初詣/石橋秀野

水神に鯉を供へて初詣/登/七曜子

さやけさの楢の小川や初詣で/紫影

氷上の径野につづき初詣/田村了咲

海見ゆる高宮を選り初詣/茂里正治

渾身の鐘ひとつつき初詣/若木/睦

滝音に近づいて行く初詣/保坂嘉子

爛漫と鳩を翔たしめ初詣/福田蓼汀

白鷺に逢ひし一事や初詣/原コウ子

ぬかづけば我に立つ神初詣/上野泰

石段に一歩をかけぬ初詣/高浜虚子

社運かけ二十数名初詣/深見けん二

祖師はわが隣の上人初詣/山口青邨

俳句例:81句目~

神慮今鳩をたゝしむ初詣/高浜虚子

神橋のことに飛雪裡初詣/皆吉爽雨

神籬によれば鵯なく初詣/岸風三楼

紀の国は木の神多し初詣/山川喜八

老杉の直ぐなるに立つ初詣/原和子

下向路の泉香にたち初詣/皆吉爽雨

胸突きの二百の磴や初詣/中村雄松

脇宮も洩れなく賽し初詣/島村茂雄

自らを炎となさむとて初詣/桂信子

人つゞく方に末社の初詣/日原方舟

人波に旨く乗りけり初詣/高澤良一

船寄せて島の宮居へ初詣/浅海津舟

人間の息のあつまる初詣/本宮哲郎

葛城にかかる虹あり初詣/南光翠峰

住吉に歌の神あり初詣/大橋櫻坡子

蛇女見たくて来たる初詣/茨木和生

八百楠の囲める宮の初詣/高澤良一

蛸焼の紅に日のさす初詣/沢木欣一

賽銭を手裏剣投げに初詣/木田千女

道いつか平らかになり初詣/桂信子

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ