季語/初比叡(はつひえい)を使った俳句

「初比叡」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初比叡」について

【表記】初比叡

【読み方】はつひえい

【ローマ字読み】hatsuhiei

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の地理」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初比叡を含む俳句例

東男の婿にて候初比叡/菊池志乃

初比叡洛中半分日当りて/高澤良一

北面の厳しき相を初比叡/中村君永

南へ肩ゆるやかに初比叡/村尾梅風

大空にわが生涯の初比叡/小谷明峰

火と水の相輪崇め初比叡/磯貝碧蹄館

石に反る厠草履や初比叡/波多野爽波

初比叡五雲の彩をたなびかせ/宇咲冬男

初比叡常より常にありにけり/豊田都峰

初比叡鎮護の尖りひとしほに/豊田都峰

杉の秀に白刃当つごと初比叡/増田十王

初比叡や中堂の辺のはだら雪/上林白草居

初比叡水のながれのありありと/潮見朋子

バス停のゴスペルソング初比叡/宮澤せい子

初比叡むらさききざすかぜのこゑ/加藤耕子