季語/初薬師(はつやくし)を使った俳句

「初薬師」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初薬師」について

【表記】初薬師

【読み方】はつやくし

【ローマ字読み】hatsuyakushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初薬師を含む俳句例

枯桑の径の往来は初薬師/奥田可児

念仏の雨にとぎれて初薬師/山口得

一山の雪の深さや初薬師/野津無字

初薬師参道匂ふ焼つぐみ/津和大樹

御前に重たき餅を初薬師/今川凍光

団扇餅鬻ぐ草家や初薬師/吉田一彩

初薬師苗木に隣る農具市/中沢文次部

海見ゆる産湯の里の初薬師/児島青波

すぐ裏を電車の通る初薬師/山下竹揺

水煙の雀が呼ぶや初薬師/杉田賀代子

み仏に男の煮炊き初薬師/松本千代子

平成の月日はじまる初薬師/城戸緑楼

初薬師より青空を連れ帰る/小澤克巳

鉈彫の秘仏はくらし初薬師/北澤瑞史

矮鶏の閧山に弾めり初薬師/林ヨシ子

荒星の掴む近さや初薬師/曽根原幾子

護摩祈祷待つ日溜や初薬師/富田潮児

香煙を母にかけやる初薬師/宮田俊子

初薬師磴に霰の敷きそめし/松波はちす

初薬師祖母に買ひたる一位箸/安田建司

俳句例:21句目~

接待の火鉢撫でをり初薬師/土橋石楠花

畑見ゆ町のはづれの初薬師/山村庄太郎

かんざしを豊年挿しや初薬師/後藤綾子

人波へ湯気吐く露店初薬師/加藤風信子

初薬師初金毘羅と逢ひ貯めて/鈴木栄子

初薬師風邪いましめて帰しけり/安住敦

遊里よりつき来し猫や初薬師/岡本庚子

真言のおんころころや初薬師/馬場一扇

降る雪に大護摩焚けり初薬師/熊田鹿石

願かけの母の手をひき初薬師/新井桜邨

初薬師小雪のあとの薄日ざし/徳田林泉

初薬師かへりの芹を摘みにけり/岸風三樓

ハイヒール提げて火渡る初薬師/永井武子

初薬師売れぬ苗木を糶つてゐる/嶋崎楓峰

杉の雪しきりに落ちぬ初薬師/大峯あきら

もちよりし幕やうすべり初薬師/駒田菓村

なゝくさや明日は野寺の初薬師/松岡青蘿

ささやかな願ひごとして初薬師/関口栄子

願ひごとあれば参らむ初薬師/大賀/賢子

初薬師ねんねこがけで詣でけり/河原白朝

俳句例:41句目~

鼻がしら凍みつぱなしや初薬師/溝口青於

初薬師ぬくき一ト日となりにけり/佐藤信子