季語/初芝居(はつしばい)を使った俳句

「初芝居」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初芝居」について

【表記】初芝居

【読み方】はつしばい

【ローマ字読み】hatsushibai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初春狂言(はつはるきょうげん:hatsuharukyogen)

・初曽我(はつそが:hatsusoga)

・春芝居(はるしばい:harushibai)

・二の替(にのかわり:ninokawari)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初芝居を含む俳句例

初芝居苦節何十年の貌/高澤良一

満開の紙の桜の初芝居/佐野典子

南北の又棺桶や二の替/野村喜舟

太棹を三本揃へ初芝居/草間時彦

行燈に油を注ぐ春芝居/猪股洋子

暮方の空が大好き初芝居/中村和子

幕の内頼むも手順初芝居/鈴木栄子

箸にかゝるその白も二の替/原月舟

初芝居御用提灯揺れて幕/大島民郎

初曽我や敵を前に長科白/大堀柊花

近道にして街竝や二の替/古舘曹人

初芝居梅沢某の股旅もの/高澤良一

河岸に汐さしてくる初芝居/福島勲

緞帳の富士端麗に初芝居/伊東宏晃

山幕にうつる焚火や二の替/増田龍雨

かのせりふ待ちなる初芝居/横山昭作

二の替古き外題の好もしき/高浜虚子

上町に住める役者や初芝居/高浜虚子

国許の母が来てゐて二の替/富安風生

黒衣著て孫の後見初芝居/中村吉之丞

俳句例:21句目~

初芝居三吉賽を振りにけり/増田龍雨

隠居名の白猿襲ぎぬ二の替/野村喜舟

初芝居団十郎の烏帽子かな/子規句集

子役の声隅まで透る初芝居/安斉君子

初芝居工藤祐経好きになり/谷川邦廣

花は恋をまいた種也初芝居/井原西鶴

歌舞伎座へ妻に従ふ初芝居/中谷静雄

初芝居香水強き人の居て/富樫美津子

木偶にいま魂入りて初芝居/品川鈴子

初芝居木挽町なる地名無く/今泉貞鳳

道すがら半衿を買ふ初芝居/並松玉哉

幕間の帯も浮き立つ初芝居/今泉貞鳳

客席に役者もをりて初芝居/都筑智子

初芝居意休の咳も芸のうち/江口千樹

招待の旅程に組まる二の替/新島艶女

薄幸ゆゑ女うつくし初芝居/三木妙子

初芝居板東太郎を前にして/高澤良一

初芝居須磨子に積る紙の雪/古橋千江子

初芝居鼓に合はすなづな打ち/大谷純子

吉田屋も繭玉垂れぬ初芝居/水原秋櫻子

俳句例:41句目~

団十郎なきあとの初芝居かな/富崎梨郷

帰りゆく但馬は遠し初芝居/五十嵐播水

幕あきて舞台の寒気初芝居/依田由基人

座の紋の梅も匂ふや初芝居/水原秋櫻子

我住みし明治の世なり初芝居/高浜虚子

掛け声の闇より飛んで初芝居/寺岡捷子

初芝居出を待つ清め塩撒かれ/片岡我当

暗転といふしじまあり初芝居/中/享子

海老蔵に雪降らせけり初芝居/野口里井

病人のある気がかりや初芝居/高浜虚子

花道や足ゆびしつかと初芝居/三浦斗牛

逢へば泣く明治の恋や初芝居/中島順子

初曽我や柔と剛とを守り継ぎ/阿部朝子

二の替世は心中のはやりかな/野村喜舟

亡き母のひいきをひいき二の替/中火臣

日の本のその荒事や初芝居/東洋城千句

手拭の紙屋治兵衛も二の替/後藤比奈夫

初芝居坂田金平と名乗り出づ/岡本綺堂

春にまけて優長逝きぬ二の替/飯田蛇笏

初芝居我当一と役つゝましく/高浜年尾

俳句例:61句目~

初芝居浪速の恋をうつくしく/岩崎照子

花につらしつりがね三重初芝居/立花北枝

初芝居見に行くといふ妓も侍り/高浜年尾

初芝居母もわすれし江戸言葉/小沢満佐子

初芝居はね曽根崎の灯に濡るる/山田弘子

初芝居この世の外に遊びけり/今井つる女

初曽我や幕いつぱいのあばれ熨斗/龍岡晋

幌の中に見る小鏡や初芝居/阿部みどり女

初曽我や灯にひるがへる蝶千鳥/吉田冬葉

さそはれし妻を遺りけり二の替/正岡子規

妻あらば誘ひしをこの初芝居/能村登四郎

姉妹三人連れだつことも二の替/大橋敦子

幌に降る雪明るけれ二の替/阿部みどり女

思ひ切り泣くことにして二の替/島野汐陽

牡丹雪小やみもなくて初芝居/水原秋櫻子

琴責めの琴よこたへぬ初芝居/水原秋櫻子

年々歳々花相似たり初芝居/久保田万太郎

紙の雪髷に落ち来ぬ初芝居/阿部みどり女

初芝居馬うなづいて見せにけり/細川加賀

初芝居見て来て曠著いまだ脱がず/子規句集

俳句例:81句目~

初芝居見て来て晴著いまだ脱がず/正岡子規

初芝居おきく播磨に切られけり/稲垣きくの

歳々年々人同じからず初芝居/久保田万太郎

あの役者この役者なし初芝居/久保田万太郎

よく泣いて足りし心や春芝居/阿部みどり女

柝の入りてひきしまる灯や初芝居/水原秋櫻子

茶屋へゆくわたりの雪や初芝居/久保田万太郎

桝席は「いろはにほへと」初芝居/奥村すみれ

アヴエマリア鐘鳴りいづる初芝居/水原秋櫻子

播磨屋の句かゝげ歌舞伎初芝居/翁長日ねもす

こめかみに柝のひびきけり初芝居/片山由美子

炭の香のなみださそふや二の替/久保田万太郎

せりあげのなりものゝいま初芝居/久保田万太郎

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ