季語/櫨の実(はぜのみ)を使った俳句

「櫨の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「櫨の実」について

【表記】櫨の実

【読み方】はぜのみ

【ローマ字読み】hazenomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・はじの実(はじのみ:hajinomi)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

櫨の実を含む俳句例

櫨の実の干の房々会へぬ母/宮崎文恵

櫨熟れて鳥放生に任せたり/石塚友二

房垂れに櫨の実黒し初時雨/五十嵐播水

櫨の実やむかし陣屋の門構へ/古木新三

櫨の実を買ひに近江の木蝋師/藤田あけ烏

櫨の実を風鳴らし過ぐ殉教碑/藤崎美枝子

裸木の櫨の実少し残りけり/坪井/さちお

初冬の炉櫨の実買ひのおとなひぬ/西島麦南

櫨の実の房重くして雲降りる/長谷川かな女

猿のごと櫨の実採りてゐたりけり/三由淡紅

はぜの実の白くはじけて揺れてゐる/河合甲南

櫨の実の黄なるひかりが冬をよぶ/吉岡禅寺洞

櫨の実のしづかに枯れてをりにけり/日野草城

櫨の実の黄なるひかりが冬をよぶ/吉岡禅寺洞

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ