季語/榧の実(かやのみ)を使った俳句

「榧の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「榧の実」について

【表記】榧の実

【読み方】かやのみ

【ローマ字読み】kayanomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・新榧子(しんかや:shinkaya)

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

榧の実を含む俳句例

榧の実や史実の中の広き庭/吉田功

榧の実や赤賓頭盧も露の情/下村槐太

榧の実のごろごろ道に辟易す/高澤良一

榧の実を蹴り転がしぬ神社裏/高澤良一

激突の榧の実種を吐き出せる/高澤良一

沢蟹の榧の実運び尽しけり/水原秋櫻子

榧の実の青々として寺領なる/中西舗土

榧の実の目をそらしたる兎波/吉田素糸

榧の実のこぼれて昔行在所/伊藤いと子

榧の茶屋とて榧の実の廂打つ/大橋宵火

榧の実を干し紋付を于す日かな/山本洋子

榧の木は榧の実降らす雨降らす/中村明子

峯寺の茶受けは榧の実でありし/大槻牛歩

余呉の霧榧の実あをく育ちけり/井口秀二

信心の榧の実まろく澄めりけり/佐野良太

室生寺の榧の実食べてしまひけり/原田喬

山寺や干して榧の実胡桃の実/山崎ひさを

干榧の実を両の手にあたゝかき/佐藤礼子

東京を去る朝榧の実が匂ふ/阿部みどり女

栗鼠馴れて榧の実かくす寺の畑/黒木野雨

俳句例:21句目~

榧の実のこぼるゝ雨の通りかな/関夫久子

榧の実の転びて村社古りにけり/藤井智明

榧の実の落ちて鈍き音又挙ぐる/高澤良一

榧の実の落つるにまかせ仏たち/館岡沙緻

榧の実や杣のほとけを担ぎだす/角川春樹

青榧の実のふつくらと楸邨忌/猪俣千代子

榧の実の青さ掌に霧流れ来る/阿部みどり女

榧の実のそれと知らるる曲ある香/高澤良一

榧の実のかく榧の木となりしかは/赤岡淑江

榧の実の落ちてはずめる親しさよ/橋本鶏二

榧の実の匂ひ掌にある楽しさよ/浜田佐佗子

掃き寄せしまゝの榧の実鎮守さま/星野恒彦

榧の木に榧の実のつくさびしさよ/北原白秋

榧の実のぽとりと落ちて寺暮るゝ/黒瀧昭一

人を恋ふ榧の実なれば植ゑにけり/橋本鶏二

ゆく雲や九月榧の実まみどりに/鈴木しげを

ほたほたと落つ榧の実も夢のもの/石塚友二

てのひらは野にあり榧の実匂う鬼や/金子皆子

榧の実のやさしくあれば他をおもふ/藤田湘子

榧の実を拾ひてジヨギング折り返す/守谷順子

俳句例:41句目~

榧の実落つひとつひとつの行末へ/山上樹実雄

榧の実を山蟻とぶやうにして越え/阿部みどり女

こんなにも淋しい人生がある獨り榧の実を煎る/安斎櫻カイ子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ