季語/乙字忌(おつじき)を使った俳句

「乙字忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「乙字忌」について

【表記】乙字忌

【読み方】おつじき

【ローマ字読み】otsujiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒雷忌(かんらいき:kanraiki)

・二十日忌(はつかき:hatsukaki)

季節による分類

・「お」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

乙字忌を含む俳句例

大仙は雲の中なり寒雷忌/吉田冬葉

乙字忌の一書に執し己れ勤む/平川雅也

乙字忌の海の荒ぶをみて旅す/皆川盤水

乙字忌の滅法寒くなりにけり/川崎展宏

乙字忌の膳に正せし朱塗椀/河野多希女

乙字忌や一歩出づれば風の盾/河野南畦

乙字忌や居士の吟声耳にあり/小澤碧童

乙字忌や海の荒ぶをみて旅す/皆川盤水

乙字忌の来ねば大寒とは言へず/河野南畦

乙字忌の沖にぎつしり三角波/八牧美喜子

乙字忌や凡の四十路も半ば過ぐ/橋本義憲

乙字忌や火遊びのごと句に溺れ/河野南畦

乙字忌や谷地の古老に出羽の山/村山古郷

季語季感一句つらぬく乙字の忌/河野南畦

室咲の菜の花活けて乙字の忌/鈴鹿野風呂

畦だけに雪が積もりて乙字の忌/吉田鴻司

異論者も来て乙字忌を修しけり/吉田冬葉

乙字の忌豆腐が冷めてしまひけり/石飛如翠

玻璃窓の夜空うつくし乙字の忌/金尾梅の門

二句一章踏まえて来たり乙字の忌/細木芒角星

俳句例:21句目~

二十日忌は雪の降るさへなつかしき/大森桐明

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ