季語/緋鯉(ひごい)を使った俳句

「緋鯉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「緋鯉」について

【表記】緋鯉

【読み方】ひごい

【ローマ字読み】higoi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・斑鯉(まだらごい:madaragoi)

・日鯉(ひごい:higoi_)

・錦鯉(にしきごい:nishikigoi)

・変り鯉(かわりごい:kawarigoi)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

緋鯉を含む俳句例

巡禮や緋鯉にひらく大扉/古舘曹人

御僧の遺愛の緋鯉とて大き/森重昭

新しく緋鯉加へし幟立つ/松田義朗

巡礼や緋鯉にひらく大扉/古館曹人

黄塵や逃げし緋鯉が橋の下/岸本尚毅

有明に緋鯉釣るべき柳かな/藤野古白

比叡の水引きて里坊緋鯉飼ふ/川勝春

よう放し支度盥に緋鯉入れ/高澤良一

水涼し緋鯉真鯉と浮き変り/今村蕾橘

水美し山都は川に緋鯉飼う/岡田日郎

寒緋鯉花瓣のごとく沈みけり/大串章

神の庭緋鯉の跳ねし水匂ふ/藤谷紫映

種俵緋鯉の水につけてあり/星野立子

行年の落葉の下の緋鯉かな/野村泊月

緋鯉散り切味持てる山の水/野中亮介

芋洗ふ底を濁せし緋鯉かな/西山泊雲

床下に緋鯉を飼つて鯉屋敷/前田まさを

冬日浴びをる夫の背緋鯉の背/中山純子

周防とや緋鯉の水に指ぬらし/飯島晴子

秋澄みて緋鯉は人に親しかり/高橋利雄

俳句例:21句目~

師走の身触れあふ緋鯉長挨拶/香西照雄

大雨の緋鯉を獲たり四つ手守/木津柳芽

母と子の手波に大き緋鯉来る/加藤典昭

映りたるつつじに緋鯉現れし/高浜虚子

池普請緋鯉は別にしてありし/関戸靖子

炭焼の住める山家や緋鯉飼ふ/根岸善雄

パスワード忘れて緋鯉錦鯉/松田ひろむ

釣殿の橋をめぐれる緋鯉かな/籾山梓月

霙降る池の緋鯉は沈みけり/今成無事庵

あたたかな緋鯉集ひぬ一と餌に/原子公平

ぽつかりと浮きし緋鯉や春の水/野村泊月

屈託もなくて緋鯉の浮き沈み/渡辺たか子

モスリンのやうな緋鯉の色茫と/京極杞陽

冬の水緋鯉打つべく落ちにけり/落合水尾

大いなる緋鯉にじみて照る氷/佐野青陽人

大鯉のことに緋鯉の水澄めり/横岡たかを

宵闇の緋鯉にはかに非を明かす/攝津幸彦

養鯉池雨に緋鯉のうすぼんやり/高澤良一

鱗一枚落して緋鯉沈みけり/長谷川かな女

夢の中わたしは緋鯉誰か呟く/一ノ瀬タカ子

俳句例:41句目~

緋鯉真鯉卯の花腐しうれしくて/阿波野青畝

緋鯉跳ね菩薩の慈悲のごときもの/和知喜八

山の緋鯉危きばかり冴えゆく日々/林原耒井

放たれし緋鯉のくるりくるりかな/高澤良一

跳ねし緋鯉の行方見てをり秋の暮/吉野義子

真鯉の上に緋鯉出たがる幟かな/田中かずみ

ゆたかにも水の濁りて緋鯉かな/大木あまり

緋鯉うかみでて顔真赤水澄めり/池内友次郎

サルビアの映ると見しは緋鯉飼ふ/大島民郎

水に摶たれて白き緋鯉の泳ぎけり/長谷川かな女

夢の世に緋鯉とならばほつそりと/鍵和田のり子

緋鯉泳ぐくにいま若菜のくになつかし/阿部完市

緋鯉一つ池ににじみ出て梅雨明けの夕ベの/大橋裸木

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ