季語/卯月(うづき)を使った俳句

「卯月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「卯月」について

【表記】卯月

【読み方】うづき

【ローマ字読み】uzuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・卯の花月(うのはなづき:unohanazuki)

・花残月(はなのこりづき:hananokorizuki)

・夏初月(なつはづき:natsuhazuki)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

卯月を含む俳句例

歌枕卯月曇に松ななめ/木村蕪城

水底の草も花さく卯月かな/梅室

溜池に蛙闘ふ卯月かな/夏目漱石

卯月寒生涯湖の蜆掻く/西本一都

立山の卯月の谺返しくる/萩原麦草

引くときの滅法愉し卯月波/辻桃子

一壷あり卯月曇の空映し/若林北窗

大鳴門卯月曇の渦を見ず/桑田青虎

門々に卯月八日の花を挿す/瀧春一

酒置いて畳はなやぐ卯月かな/林徹

蝋涙や卯月曇の女人堂/櫛原希伊子

茫々と湖上卯月の青曇り/野澤節子

尼寺や卯月八日の白躑躅/飯田蛇笏

良寛堂卯月半ばの雀来て/高澤良一

艇おろす卯月曇の水の上/和田祥子

水底は卯月明りや鴎の死/中村苑子

生涯の佳き日給はる苑卯月/高木晴子

牛蒡たく匂ひに卯月曇かな/青木月斗

烏賊干して卯月曇の船隠し/石本秋翠

吉野葛ときてふたりの卯月寒/築城京

俳句例:21句目~

母似の子卯月曇りの蹠して/栗林千津

御番衆の交代したる卯月哉/中川四明

妹の忌の濤音高き卯月かな/角川春樹

決めかねし卯の花月の旅衣/山田閏子

鑑真像帰る卯月の月明に/冨田みのる

卯月はや筍固くなりにけり/野村喜舟

卯月住むや楓の花と妹ぎり/渡邊水巴

卯月曇ペンキを厚く霧笛室/堀野信子

草刈の帯の赤きも卯月かな/野村喜舟

卯月潮午後を高まる流刑島/大橋敦子

いとど谷に青筋青き卯月かな/野村喜舟

いま見しは大魚か人か卯月波/中村苑子

満ち潮に藻の立つ卯月曇かな/船越淑子

潜戸のわづかな軋み卯月尽/徳田千鶴子

父につよく呼ばれし夢の卯月浪/竹中宏

たそがれの草花売も卯月かな/富田木歩

たまゆらの月の曇りに卯月星/石塚友二

虚無僧の四五人卯月曇りかな/渡辺町子

豆腐佳し今宵卯月の月ありや/斎藤空華

骨肉の情うとく読む卯月かな/西島麦南

俳句例:41句目~

三姉妹卯月の宵を少女めき/佐々木美乎

仏さま杖つき来ませ卯月の夜/村越化石

鶏のはるかを呼べる卯月かな/山本洋子

卯月波白磁のごとく砕けたり/皆川盤水

卯月浪白磁のごとく砕けたり/皆川盤水

卯月野に笑つて沈む明日の陽/佐藤鬼房

卯月野の法隆寺なり詣でけり/尾崎迷堂

卯月野や茜消えなば母も消ゆ/中村苑子

浮灯台ゆらりと卯月波の上/村田豊三郎

大釜に卯月八日の蕎麦滾る/蓬田紀枝子

島近し卯月ぐもりの日は殊に/稲畑汀子

影沼に吾が影寄れる卯月かな/飯島晴子

過去帳に卯月の仏殖えにけり/野村喜舟

淡海にも立ちて卯月の波かしら/飴山實

日はながし卯月の空もきのふけふ/千代尼

越の田個々卯月青空みな容れて/河野南畦

濁り川突きささりゐる卯月浪/中戸川朝人

椎茸の山へ卯月の水を引く/阿部みどり女

卯月浪父の老いざま見ておくぞ/藤田湘子

み名の山卯月の雲のたもとほり/林原耒井

俳句例:61句目~

磧はしる水筋多き卯月かな/長谷川かな女

卯月野やげんげん褪せて水光る/青木月斗

枯山水卯月あかりの木々やさし/河野南畦

山落ちて野を行く水の卯月かな/尾崎迷堂

汐入りの汐さす卯月ぐもりかな/石原八束

松影は卯月こよなきしづけさよ/右城暮石

卯月波父の老いざま見ておくぞ/藤田湘子

卯月野にうち捨てられし手塩皿/柿本多映

卯月紀伊国日中/仮寝寝耳に水/高柳重信

卯月浪この子を抱き飽きにけり/遠山陽子

生まれ家の柱のとよむ卯月かな/柿本多映

文弱のそしりに堪ふる卯月かな/西島麦南

遙かなる国を訪ひ得し卯月かな/高木晴子

酒のあと蕎麦の冷たき卯月かな/野村喜舟

卯月の夜夢見むための身の眠り/村越化石

酢を提げて卯月の山の陰をゆく/橋石和栲

卯の花や誰が卯月より此の曇り/立花北枝

横川まで卯月曇の尾根づたひ/中井余花朗

彼方なる卯月の浪となりにけり/清水基吉

水虎鳴く卯の花月の夜明けかな/飯田蛇笏

俳句例:81句目~

切花に飽いたるひとの卯月かな/安東次男

卯月来ぬましろき紙に書くことば/三橋鷹女

すぐやみしことも卯月の蝉らしさ/市場基巳

はやり来る羽織みじかき卯月かな/立花北枝

弥生卯月と遅遅たり籠に白よもぎ/金子兜太

国境に雪を降らせし卯月かな/長谷川かな女

時しも卯月潮の早瀬の矢の如し/水原秋櫻子

卯月風まるた飛ばぬもかなしけれ/林原耒井

潮に濡れし肩の乾がたう卯月の日/林原耒井

卯月野のほとけの親にあひに来し/西島麦南

くばりあふ卯月八日のよもぎ餅/長谷川素逝

卯月来ぬ吾にてのひらほどの幸/ほんだゆき

仕入れたる茄子の小さき卯月かな/鈴木真砂女

師をしたふこゝろに生くる卯月かな/飯田蛇笏

虫退治の紙切れ貼りし卯月古家/長谷川かな女

蚊の居るとつぶやきそめし卯月かな/高浜虚子

雨つややか卯月あかりの野に出でし/河野南畦

火を焚いて依りどころなき卯月かな/橋石和栲

つやつやと卯月野へもの捨てに行く/永末恵子

この空につづくみちのく卯月晴/阿部みどり女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ