季語/向日葵(ひまわり)を使った俳句

「向日葵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「向日葵」について

【表記】向日葵

【読み方】ひまわり

【ローマ字読み】himawari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・日車(ひぐるま:higuruma)

・日輪草(にちりんそう:nichirinso)

・天竺葵(てんじくあおい:tenjikuaoi)

・日向葵(ひゅうがあおい:hyugaaoi)

・天蓋花(てんがいばな:tengaibana)

・ロシアひまわり(ろしあひまわり:roshiahimawari)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

向日葵を含む俳句例

向日葵の傾く水の夕ばえぬ/舟月

向日葵の下に現れ隣の子/林博子

向日葵の眼は洞然と西方に/茅舎

向日葵の空仰ぎては拳あぐ/原裕

向日葵の月に遊ぶや漁師達/普羅

向日葵の大き黒蕋秋の風/瀧春一

彼岸過ぎの川向日葵の焼柱/中拓夫

向日葵の空傾けて接吻す/岩田昌寿

向日葵の芯へ白浪繰返し/近藤一鴻

療園の一本向日葵の全き円/岸田稚

向日葵よ青年は血と鉛の海/徳弘純

向日葵の瞠る旱を彷徨す/野澤節子

向日葵の種充満す嫌悪感/松山足羽

高原の向日葵の影われらの影/三鬼

たま~の日も向日葵の失へる/汀女

背教や向日葵夜も瞠けり/津田清子

向日葵全焼青年の夏衰えり/仁平勝

向日葵にあふや深夜の坂の上/予志

向日葵の裏と経にけり過半生/林翔

校庭の大向日葵に母の会/深川路子

俳句例:21句目~

向日葵の茎の林立なまぐさし/耕二

向日葵や越後へ雨の千曲川/森澄雄

日輪に向日葵ばかり昏倒す/中田剛

向日葵の全うしたる象かな/武居愛

草童に向日葵の顔うつろへり/蛇笏

向日葵の日を奪はんと雲走る/篠原

向日葵に暗き人波とほりゆく/篠原

穹深く向日葵の背後何もなし/原裕

大雨急大向日葵を打擲す/星野立子

大向日葵竜顔を拝すごと/高澤良一

夕立のみ馳けて向日葵停れる/篠原

青空に飽きて向日葵垂れにけり/篠原

向日葵の花と離れて碧い空/京極杞陽

妊ると知る向日葵の大き柄/太田土男

向日葵が深夜一燈のために咲く/昭彦

百日の向日葵抜けば風通る/辻田克巳

向日葵を長身仏の華とせる/岡井省二

向日葵に天よりも地の夕焼くる/誓子

どの庭も向日葵太し田舎町/小林綾子

向日葵と塀を真赤に感じてゐる/白泉

俳句例:41句目~

海鳴りへ大向日葵へ長停車/奈良文夫

向日葵の頸太し女子農学校/川村紫陽

夫戻り夜の向日葵を閲兵す/横山房子

向日葵を敵にまはして鬼瓦/井坂景秋

向日葵や傷つきやすき地獄耳/仁平勝

劇的に向日葵一つありにけり/内野修

向日葵や子の大胆を母愛す/村田青麥

昔日の海向日葵の瞳の中に/高澤良一

大向日葵種みつみつと強面/市川アツ

向日葵をつよく彩る色は黒/京極杞陽

向日葵のわが菜園に屹立す/水原春郎

向日葵の黄は廻る日や道埃/高濱年尾

向日葵に長城聳えつつ走り/桂樟蹊子

向日葵やいくさ終りし山の原/井上雪

向日葵や起きて妻すぐ母の声/森澄雄

向日葵の重い肝臓のみ思う/和知喜八

向日葵畑迷路に己が齢捨つ/茂木杏花

向日葵の公開の蘂孕むなり/津田清子

向日葵の初々しくて若々し/京極杞陽

夕浅間向日葵は黄を強く放つ/桂信子

俳句例:61句目~

向日葵や夜は何星と言交す/島谷征良

向日葵に雪国の窓欝とあり/石原舟月

向日葵や天寿全うせし家に/村越化石

向日葵の焦げて了りし初嵐/石川桂郎

向日葵の金色冷ゆれ月の秋/渡邊水巴

向日葵の爛々と潮道に乗る/西村公鳳

向日葵の王道ずんと地平線/高澤良一

向日葵の秋日の蕊となりにけり/麦南

向日葵や光背うせし飛鳥仏/西本一都

向日葵に脳の芯透くひまはなき/槐太

大天に日車めぐりきそさらぎ/原石鼎

日車や喧嘩でこいと軍鶏鬨す/中勘助

月の花日車いたく萎れをり/岡本松浜

水俣や向日葵海に背を向けて/菖蒲あや

検事宅向日葵に疾く周忌来ぬ/宮武寒々

未完成道路の広さ向日葵咲く/右城暮石

向日葵の頤見し夜の夢精かな/齋藤愼爾

教会のくらさ向日葵を見しゆゑか/星眠

向日葵が挑み続けし昼了る/相生垣瓜人

向日葵や朝より我を追ふ童女/堀口星眠

俳句例:81句目~

向日葵が花頭捧ぐる原爆忌/榎本冬一郎

向日葵と立つ門衛や農学部/深見けん二

向日葵と蝉のしらべに山羊生れぬ/篠原

向日葵と闘ふ如く描くなる/相生垣瓜人

屍を送る痩せ向日葵の一巨花よ/岸田稚

宝鏡に見ゆれ高野の向日葵は/品川鈴子

向日葵にビルは裏側もて聳ゆ/古舘曹人

向日葵や室戸の沖は沖ばかり/矢島渚男

向日葵は天授われより丈高く/下村槐太

向日葵に吐き出されたる坑夫かな/篠原

大ひまわり咲けり直情径行に/田中政子

向日葵の花一列に過疎の村/大久保武司

向日葵の茎は棍棒火山灰大地/高澤良一

向日葵に日のさすや蹄の韻き/成田千空

向日葵に昼餉の煙ながれけり/西島麦南

向日葵に海女のゆききの夕さりぬ/篠原

向日葵に眼比べを挑まれし/相生垣瓜人

向日葵に立つ妻低し父の家に/杉山岳陽

向日葵や信長の首斬り落とす/角川春樹

向日葵を男がよぎり誰も来ず/坪内稔典

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ