季語/向日葵(ひまわり)を使った俳句

俳句例:201句目~

向日葵の背よりも低き花きちがい/仁平勝

向日葵の芯蒼海を秘めにけり/千代田葛彦

向日葵の花のすがれに粉虫かな/西山泊雲

向日葵の蕊らんらんと智恵子抄/吉野義子

向日葵の蕊を見るとき海消えし/芝不器男

向日葵の蕊焼かれたる地図のごと/今井聖

向日葵の蕋を見るとき海消えし/花不器男

向日葵の赫と咲き出で背後失す/野澤節子

向日葵の迷路どこまで波の音/小野恵美子

向日葵の重き頭吾の手に委ね/橋本美代子

向日葵の金の雨だれ終りしよ/秋元不死男

向日葵の金を身に浴び裸児よ/金箱戈止夫

向日葵の首ふり径のゆきどまり/相馬黄枝

向日葵の黄の畑すべてウイグル区/森田峠

向日葵の黒ければ黒き日に向くよ/齋藤玄

追撃兵向日葵の影を越え斃れ/鈴木六林男

向日葵もなべて影もつ月夜かな/渡辺水巴

向日葵も油ぎりけり午後一時/芥川龍之介

向日葵やさも天竺の日の輪大/東洋城千句

向日葵や地獄の鬼のかくれんぼ/村井羊風

俳句例:221句目~

向日葵や幼な顔してホテルマン/上島幸重

向日葵や画布打つ筆の音荒く/相生垣瓜人

向日葵や花に影なきゴッホの絵/青木重行

向日葵や黄といふ色は脳に染む/京極杞陽

向日葵をひき抜き棒としたる妻/田村了咲

向日葵をめぐりて虻の止らず/深見けん二

向日葵を倒し大地を明け渡す/中居梨津子

向日葵を直射しヘッドライト消ゆ/今井聖

向日葵大輪仰ぎ尻餅つく吾子よ/太田土男

向日葵播き雲の上なる日を探す/西東三鬼

向日葵苗すでに優劣ありにけり/館岡沙緻

呆け立つ大向日葵を揺さぶりぬ/柿本多映

咲き痴れて大向日葵の捩れかな/都筑智子

大向日葵めぐらし家族みな長身/吉野義子

大向日葵悪童の業みそなはす/上田五千石

大向日葵笑ひは風の湧くごとし/伊藤京子

子を生んで大向日葵に蹤いてゆけ/原田喬

寒菊の空の蒼さを身にまとひ/渡辺向日葵

底なしの向日葵の瞳に映るもの/高澤良一

恍惚と秘密あり遠き向日葵あり/藤田湘子

俳句例:241句目~

日向なる飛ぶ向日葵と日の言葉/高柳重信

昏れてゆく向日葵の時を監視せよ/仁平勝

星と向日葵中を平に爆音行く/田川飛旅子

曇り来て向日葵は葉を平らにす/田村了咲

機嫌よき女に向日葵咲きにけり/仙田洋子

濤見えて向日葵へまで音の来ず/西村公鳳

炎天に蒼い氷河のある向日葵/富澤赤黄男

白昼の崖うつうつと大向日葵/柴田白葉女

立ち並ぶ向日葵くらき夜の貌/深見けん二

笑ひもて子の嘘ゆるす大向日葵/伊藤京子

群がれる蟻に向日葵朽ちゆけり/柴田奈美

職無しといふ鈍痛を向日葵に/田川飛旅子

花閉づる術なく雨の大向日葵/猿橋統流子

荒野より声す向日葵播きをれば/齋藤愼爾

裏庭のまづしきが見ゆ向日葵と/岸風三楼

裸者と死者向日葵の種採りし夜の/徳弘純

遠泳を見てか向日葵沖に向き/鈴木真砂女

郵便帽は黒い向日葵日の仲間/磯貝碧蹄館

いかに愛さん茎太き大向日葵/橋本美代子

いつも見る安静明けの痩せ向日葵/岸田稚

俳句例:261句目~

島闌けて日車に星座さだかなる/宮武寒々

いづこにも向日葵咲かせ戦後妻/吉野義子

ひまわり畠の大きな沈黙南印度/伊丹公子

めざましく向日葵咲かせ土の家/西村公鳳

ゆつさりと廻かけて輝く向日葵/北原白秋

アダムめく遠向日葵に石投げて/川口重美

向日葵が咲く軍服の兄がゆく/ほんだゆき

ひまはりの暮れゆく渦や太秦に/大屋達治

向日葵が炎ゆ軍服の兄がゆく/ほんだゆき

ひまはりの迷路孤独は鋭利なもの/今井豊

向日葵とあり退陣の鼓を鳴らし/三橋鷹女

ひまはりへ娘から風吹いて来る/坊城俊樹

向日葵と白猫ともにふりむかず/堀口星眠

大ひまはり花壇の外に咲いてをり/大串章

海の音ひまはり黒き瞳をひらく/木下夕爾

向日葵に沖かけて降る雨しばし/加藤佳太郎

向日葵咲く向日葵好きの妻に咲く/三苫知夫

雨の日の向日葵あざやかに一つ/高田風人子

向日葵をきれいな花と思ひけり/今井杏太郎

向日葵多花女は待つにすぐ跼み/田川飛旅子

俳句例:281句目~

向日葵は灼けて土偶のおほらかさ/高澤良一

向日葵の重さに堪へてゐたる日よ/松本誠司

うしろから向日葵を見る嫉妬かな/萩原麦草

水打つて向日葵の葉を堅くせり/猿橋統流子

向日葵に鉱山びとの着る派手浴衣/飯田蛇笏

向日葵や夜を駆る馬に水飼へる/楠目橙黄子

向日葵護れ南京玉の指輪の子を/中村草田男

ビツグバン大向日葵が首振れば/佐怒賀正美

向日葵に見透かされたる計りごと/杉山青風

向日葵の葉にとぶ蠅やみなみかぜ/飯田蛇笏

向日葵のゆさりともせぬ重たさよ/北原白秋

向日葵に見下されつつ甘んぜり/相生垣瓜人

夕べ向日葵いづこ手触れても痛し/松村蒼石

向日葵に蔭なき焦土つづきけり/榎本冬一郎

キリストに挿せし向日葵のみ新た/山口青邨

向日葵や街きらきらと野の上に/永田耕一郎

向日葵を生かす大地のひび割れて/津田清子

向日葵に大学の留守つづきおり/鈴木六林男

向日葵の花のかげなる志摩の海/鈴鹿野風呂

近づいてゆけば向日葵高くなる/石井とし夫

タイトルとURLをコピーしました