季語/走馬燈(そうまとう)を使った俳句

「走馬燈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「走馬燈」について

【表記】走馬燈

【読み方】そうまとう

【ローマ字読み】somato

子季語・関連季語・傍題・類語など

・回り燈籠(まわりどうろう:mawaridoro)

季節による分類

・「そ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

走馬燈を含む俳句例

深海を一息で消し走馬燈/檜紀代

走馬燈舳がきざむ笑ひ皺/竹中宏

浦風のあはれに強し走馬燈/篠原

深海のが空とぶ走馬灯/井沢正江

広告の大走馬燈高島屋/高木晴子

先の影後の影追ふ走馬燈/近藤一鴻

老人の日課の如く走馬燈/高浜虚子

お夏追ふ清十郎の走馬燈/京極杞陽

耳遠き母に夜の来て走馬燈/林明子

光より影をほのかに走馬燈/有働亨

赤き蟹横這ひ急ぐ走馬燈/福田蓼汀

龍宮に迫る一や走馬燈/高橋淡路女

走馬燈追へど縋れぬ袖袂/新田幸江

夫恋の爪立ちに吊り走馬燈/赤松子

世の如く人は人追ひ走馬燈/上野泰

走馬燈の国へ灯を入れて/鈴木栄子

旅愁はや昔の闇に走馬燈/水原春郎

松風にふやけて疾し走馬燈/原石鼎

水中に鳥の卵や走馬燈/吉本伊智朗

走馬燈母の夢にも早瀬あり/齋藤愼爾

俳句例:21句目~

走馬燈廻り逸れど徒労なる/河野南畦

走馬燈廻さずと決め弔慰文/松山足羽

くさぐさの末心中や走馬灯/野村喜舟

生悲しとも愛しとも走馬燈/千原叡子

走馬灯按摩が先を走るかな/野村喜舟

走馬灯百喩經をば廻りけり/野村喜舟

走馬燈少女膝抱き言もなし/石田波郷

走馬燈百喩経をば廻りけり/野村喜舟

走馬燈売る口上はなかりけり/樋笠文

走馬燈売るや雨空気にかけて/樋笠文

紅い父青い母走馬灯かこむ/鷹羽狩行

走馬燈いずれは水を渡るべく/橋間石

へろへろと走馬燈の游かな/後藤夜半

草市や一からげなる走馬灯/高浜虚子

薄月の走馬燈廻ることあり/林原耒井

走馬燈初雁来ると廻りけり/野村喜舟

二男二女孫は数へず走馬燈/長谷川双

人の世に後戻りなし走馬燈/下村梅子

仏壇の灯に遠からず走馬灯/山田弘子

借なくて貸なす一語走馬燈/石川桂郎

俳句例:41句目~

海の夫を女恋ふなり走馬燈/羽部洞然

影を売るごと走馬灯売る男/有馬朗人

走馬燈馬車の窓なる官員を/後藤夜半

戦ひの絵なれば暗し走馬灯/小川一灯

戸袋に一人倚る児や走馬燈/野村泊月

幸すこし不幸をすこし走馬灯/岬雪夫

走馬燈青女房の燃やしぬる/山口誓子

走馬灯廻る昔の速さもて/後藤比奈失

走馬燈僕の時代が遠くなる/高澤良一

村雨に打たれし草や走馬燈/長谷川櫂

走馬燈鳴かぬ狐が走りをり/野坂民子

業俳の田舎まはりや走馬燈/加藤郁乎

走馬灯面上を刻とびこゆる/井沢正江

店番は留守走馬燈励みをり/都筑智子

洪いなる川は濁れり走馬燈/古舘曹人

走馬燈並ぶ異なる早さにて/河野南畦

土に置く佃の火なり走馬燈/古舘曹人

走馬燈言葉すくなに商へり/福田蓼汀

裏側をゆくとき遅し走馬燈/橋石和栲

走馬燈草いろの怨流れゐる/友岡子郷

俳句例:61句目~

走馬灯止る戦さを経たる闇/小林康治

走馬燈たまの端居にしづ心/清原枴童

鳩寿越す母の生涯走馬燈/吉本/信子

走馬燈老の夫婦に廻るなり/田中冬二

走馬燈童心といふ忘れもの/平子公一

走馬灯草いろの怨流れゐる/友岡子郷

走馬灯吾が病歴の廻りをる/三好潤子

走馬燈やや後戻りして止る/今成千代

走馬燈ふるさとびとの長話/田中冬二

走馬燈法華太皷を廻りけり/野村喜舟

走馬燈はやし鵜篝暗くなる/内藤吐天

走馬燈廻ればあの世めく一間/中嶋秀子

走馬燈文を地に描き跼み売る/福田蓼汀

走馬燈曾我の仇討果てしなく/岡本松浜

走馬燈止る速さとなりにけり/小林康治

走馬燈消えし主客に十時打つ/清原枴童

走馬燈消えのこる炎の早廻り/野澤節子

走馬燈無明を紡ぎはじめけり/鈴木貞雄

廻燈籠の下に坐れる傴僂かな/野村泊月

走馬燈虚子桃邑と廻るなり/深見けん二

俳句例:81句目~

走馬燈見る子の額を鳥獣飛ぶ/福田紀伊

走馬燈軒の深きに山気満ち/小林紀代子

走馬燈輪廻の音のなかりけり/鈴木貞雄

走馬燈雨大粒となりゐたり/石田阿畏子

追はるるは昔のをんな走馬燈/井澤正江

青海のめらめらと燃ゆ走馬灯/山口誓子

また父に逢ふごと廻る走馬燈/影島智子

風煽つ走馬燈から馬飛び出す/内藤吐天

首ほそき少女なりしが走馬灯/前山松花

吹き暗むあとの迅しや走馬燈/皆吉爽雨

売文や捨て去りし世の走馬燈/小林康治

廻らねば白く淋しき走馬燈/水谷たつ子

日と月と音なく廻る走馬燈/岩淵喜代子

昔も今も手古奈の秘事走馬燈/石塚友二

浅草に無く鎌倉で買ふ走馬燈/高浜虚子

海峡の灯やひとの世の走馬燈/坂本宮尾

火を入れて昔句座の辺走馬灯/田中英子

火を入れて草の匂ひの走馬灯/鷹羽狩行

火を消して寂寞の白走馬燈/能村登四郎

灯が入り生命もどりし走馬燈/菖蒲あや

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ