季語/昼寝(ひるね)を使った俳句

「昼寝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「昼寝」について

【表記】昼寝

【読み方】ひるね

【ローマ字読み】hirune

子季語・関連季語・傍題・類語など

・午睡(ごすい:gosui)

・昼寝覚(ひるねざめ:hirunezame)

・昼寝起(ひるねおき:hiruneoki)

・昼寝人(ひるねびと:hirunebito)

・三尺寝(さんじゃくね:sanjakune)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

昼寝を含む俳句例

腸の水の山彦昼寝覚/高澤良一

山寺や昼寝の鼾時鳥/正岡子規

半身は簾の内や昼寝人/辻桃子

皆人の昼寝の種や秋の月/貞徳

皆人の昼寝の種や夏の月/貞徳

窓形に昼寝の台や簟/松尾芭蕉

魂の昼寝の身去る忍び足/上野泰

湖に篠つく雨や昼寝覚/長谷川櫂

歌垣の山ふところや昼寝覚/原裕

金守昼寝も池の水音なか/原好郎

梟の昼寝の夢や夏木立/正岡子規

梟の置物模糊と昼寝覚/高澤良一

今迄は罪もあたらぬ昼寝哉/一茶

山門に旅商人の昼寝哉/正岡子規

たが為ぞ朝起昼寝夕涼/榎本其角

人を見て又々むりに昼寝哉/一茶

霊山や昼寝の鼾雲起る/正岡子規

昼寝組雑談組や山の荘/山本晃裕

雷をさそふ昼寝の鼾哉/正岡子規

霊山や昼寐の鼾雲起る/子規句集

俳句例:21句目~

神護景雲元年写経生昼寝/小澤實

声の主一体誰や昼寝覚/高澤良一

手鞠唄耳に残りて昼寝覚/柴田奈美

講習の袴をぬぎて昼寝哉/正岡子規

昼寝猫袋の如く落ちてをり/上野泰

上人の昼寝さまさじ糸桜/野村泊月

昏昏として長昼寝秋風裡/川端茅舎

洗濯機の反転忙し昼寝妻/田部黙蛙

皆ひとの昼寝のたねや秋の月/貞徳

鬚白き竹の翁の昼寝かな/細川加賀

馬方は鞍に昼寝や馬歩む/正岡子規

菜食の母の昼寝に雲白し/鈴木鷹夫

ひるがほに昼寝せうもの床の山/翁

褌を滝にひたして昼寝哉/正岡子規

鵜づかひの昼寝の床や蠅の声/史邦

大欠伸谿に放ちて昼寝覚/福井圭児

風吹て枕はつれし昼寝哉/正岡子規

人並に昼寝したふりする子哉/一茶

一切を抛擲し去り大昼寝/高浜虚子

魂棚の見えて淋しき昼寝かな/鬼城

俳句例:41句目~

地球儀の一点の島昼寝覚/梅園芳郎

雷をさそふ昼寐の鼾かな/子規句集

麦藁を枕に瓜の昼寐かな/赤木格堂

顔痺れ昼寝終りぬ風の中/斎藤空華

行年を鴎の朝寝昼寝かな/渋川玄耳

あたりから昼寝の客や夏の亭/桃隣

田植あと昼寝の蹠やはらかし/楸邨

昼顔に昼寝夕顔に夕寝す/正岡子規

赤ん坊の昼寝妨げ駄目爺/石塚友二

本堂や昼寝無用と貼札す/尾崎紅葉

勿体なや昼寝して聞く田植唄/一茶

午前中三面六臂午後昼寝/伊藤瓔子

昼寝して顔のかなしき青瓢/森澄雄

古里の風は昔のまま昼寝/杉橋仙蕉

渋紙に渋引く人や昼寝起/正岡子規

号外や昼寝の夢を驚かす/正岡子規

吾子昼寝なかば握りし指敏く/篠原

累代の母恋しやな昼寝覚/三橋敏雄

命綱軒に吊して海女昼寝/西岡安夫

紙たたむ音擦過せり昼寝覚/有働亨

俳句例:61句目~

土工等の昼寝の刻を蝶雀/右城暮石

鉄橋下岩散乱す昼寝覚め/飯田龍太

海よりも陸荒々し昼寝覚/宮坂静生

傘張の傘に隠るゝ昼寝哉/正岡子規

船つけて昼寝にはまた薫る風/素丸

白麹冬を昼寝の母怖ろし/成田千空

朝寝昼寝夏の夜長し五月雨/調盞子

蹼を育てていたる昼寝覚/久保純夫

天草を枕砂ふり女の昼寝/羽部洞然

昼寝覚針刺に針光りをり/館岡沙緻

昼寝覚流れ変りて雲白く/長谷川櫂

松籟に夢や通へる僧昼寝/松藤夏山

昼寝覚崖の上径人往かず/林原耒井

昼寝覚家内暗き吾が四十/菖蒲あや

魂を天に預けて大昼寝/高橋加津夫

昼寝覚凹凸おなじ顔洗う/西東三鬼

人歩む二階の音や昼寝覚/西山泊雲

冬晴れや朝かと思ふ昼寝ざめ/草城

昼寝覚め魂息を吹きかへし/上野泰

帆立貝沖へ帆走る昼寝かな/龍岡晋

俳句例:81句目~

干瓢の乾く風ある長昼寝/上野波翠

干麻に汗の笠抛げ縁昼寝/西本一都

別院の三百畳に昼寝かな/宮本旅川

盗人の昼寝の上や揚雲雀/正岡子規

悠久の印度大陸にて昼寝/藤戸秀庸

昼寝妻顔存分に眠つたり/草間時彦

昼寝して雲散霧消時の枷/高澤良一

大昼寝湖の底抜けんとす/眞鍋呉夫

すぐ覚めし昼寝の夢に鯉の髭/森澄雄

昼寝して我は当家の山頭火/高澤良一

たまたまの昼寝も襷かけながら/篠原

昼寝して童の頃の夢を見て/京極杞陽

昼寝して腕むっちり如来肌/高澤良一

昼寝して臍に雲おく清水越/正岡子規

魂を宙にとどめし昼寝かな/成瀬正俊

熊の皮に昼寝の和尚松の花/河野静雲

混血幼児みな昼寝して照紅葉/及川貞

魂のもどりし気配昼寝人/中田みづほ

昼寝する姿さながら一汐木/高澤良一

深閑と雲湧くところ秋昼寝/長谷川櫂

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ