季語/一人静(ひとりしずか)を使った俳句

「一人静」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「一人静」について

【表記】一人静

【読み方】ひとりしずか

【ローマ字読み】hitorishizuka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・吉野静(よしのしずか:yoshinoshizuka)

・眉掃草(まゆはきそう:mayuhakiso)

季節による分類

・「ひ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

一人静を含む俳句例

一人静静の里の相思仏/佐崎和子

妻は恋人一人静の深山口/原子公平

励めとて一人静の花の百/三浦千賀

隠し湯へ一人静の灯る径/木村幸枝

聖処女の一人静の姿かな/平井照敏

雨降るや一人静を花の名に/有働亨

消息の一人静を栞とす/佐々木六戈

一人静植換へし夜の旅心/村本畔秀

香焚かれ一人静の円覚寺/勝村茂美

電話して一人静の風伝へ/北村典子

一人静吉野静の名のありし/浜田秋夫

琵琶の滝一人静の花ぬるる/宮下歌梯

友の来て一人静の目を離す/石川桂郎

大勢で一人静を囲みけり/豊田喜久子

一人静女の声のつつぬけに/椎橋清翠

一人静つひの没日に見出でけり/林翔

牡丹見て一人静の鉢を買ふ/石川文子

雲巌寺へ一人静のほそ道や/大木石子

一人静友も片親育ちかな/八牧美喜子

この道の一人静に細るのみ/赤松けい子

俳句例:21句目~

一人静に跼めば夕日来迎図/山田みづえ

一人静早起き雀地を跳ねて/石田あき子

一人静鬼に折らせて静かなる/加藤郁乎

一人静咲く四五人に囲まれて/高橋悦男

花穂ひとつ一人静の名に白し/渡邊水巴

見つけたり一人静と云へる花/森脇襄治

一人静ゼノン静止の内に発つ/加藤郁乎

君が名か一人静といひにけり/室生犀星

いつの世に一人静と名のつきし/伊藤柏翠

きみが名か一人静といひにけり/室生犀星

ほとゝぎす一人静を持ちかへる/渡邊水巴

一人静に跼めば寄りぬ老園丁/石田あき子

一人静花のさびしさ見せもせず/河野南畦

一人静坂越し山越す誰が恋も/中村草田男

ものかげに一人静の名もて咲く/吉年虹二

一人静殖えてしづかに咲き揃ふ/山田みづえ

一人静咲きいで旅のこときまる/水原秋櫻子

一人静ひるの鶏鳴かすれたり/鍵和田ゆう子

寄り添ひて一人静の咲きゐたり/坪井/さちお

ひとりしづか鞍馬を出でてどこへゆく/原田喬

俳句例:41句目~

ひとりしづか生けて夕べははや散れり/上野さち子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ