季語/一つ葉(ひとつば)を使った俳句

「一つ葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「一つ葉」について

【表記】一つ葉

【読み方】ひとつば

【ローマ字読み】hitotsuba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・いわぐみ(いわぐみ:iwagumi)

・いわのかわ(いわのかわ:iwanokawa)

・唐一葉(からひとつば:karahitotsuba)

・石蘭(せきらん:sekiran)

・石韋(せきい:sekii)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

一つ葉を含む俳句例

一つ葉も鳥獣界も土用凪/上村占

一つ葉の一つ一つの雨雫/鈴村寿満

一つ葉の囲はいでるそよぎかな/一茶

一つ葉の風に熟睡の臥羅漢/三沢布美

一つ葉や少年たるも僧形に/小山梧雨

一つ葉や忿怒相して磨崖仏/南上北人

夏来てもたゞ一つ葉の一葉かな/芭蕉

一つ葉に初霜の消え残りたる/高浜虚子

一つ葉の一叢茂るしづかかな/長谷川双

一つ葉の大岩も冬迎へけり/八木林之介

一つ葉や手に乗るほどの円空仏/長田等

一つ葉や清明の滝懸りたる/阿波野青畝

切り立ちて一つ葉の崖滴れる/石川桂郎

磐石に一つ葉殖ゆる一つづつ/富安風生

一つ葉の二葉の時ぞ見まほしき/正岡子規

一つ葉や履いてつめたき男下駄/小林篤子

一つ葉や船作る木を船に干し/大木あまり

一つ葉を小指ではじき予後永し/池上樵人

木洩日の揺れ一つ葉の波打てる/稲畑汀子

箸とめてひとも一つ葉見て在るか/上村占

俳句例:21句目~

一つ葉の一つづつ揺れ美濃の雨/殿村菟絲子

一つ葉の胞子を飛ばす山中に/久保田月鈴子

一つ葉も人を愛することするや/後藤比奈夫

一つ葉や遍路ふるみち濡れてをり/井上閑子

旅ひとり一つ葉ひけば根のつづき/山口草堂

さびしさに一つ葉の葉のよぢれたる/但馬美作

一つ葉や背かるるよりひとりがよし/八牧美喜子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ