季語/蓴菜(じゅんさい)を使った俳句

「蓴菜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蓴菜」について

【表記】蓴菜

【読み方】じゅんさい

【ローマ字読み】junsai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蓴(ぬなわ:nunawa)

・蓴の花(ぬなわのはな:nunawanohana)

・蓴採る(ぬなわとる:nunawatoru)

・蓴舟(ぬなわぶね:nunawabune)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蓴菜を含む俳句例

青田より水の高さや蓴沼/虚子

大沼に近く蓴の沼別に/稲畑汀子

旅人に遠く唄へり蓴採/飯田蛇笏

蓴生ふ池のみかさや春の雨/蕪村

亡母恋の傾き進む蓴舟/姉崎/昭

蓴菜や一鎌入るる浪の隙/広瀬惟然

蓴舟帰りし沼の夕明かり/難波三椏

吹かれ寄るごとく相寄り蓴舟/林翔

ふところに山を鎮めの蓴池/岡康之

蓴池蛇の渡りて静かなり/高浜虚子

蓴生ふ金毛閣に遊山せり/岡井省二

二の腕まである手甲蓴採/平川秋帆

二三人買手来てをり蓴舟/入村玲子

蓴採る日がな己の影の中/桑原晴子

採蓴を諷ふ彦根のそう夫かな/蕪村

風のある日は見当らず蓴舟/松尾緑富

漕ぎ出て日向となりぬ蓴舟/奥野素径

碧き星一つ蓴の生ひゆるる/堀朱雀門

箱舟にみどり汲みあげ蓴採/堀口星眠

ひそけさは沼の精かも蓴採/堀口星眠

俳句例:21句目~

蓴採る池の深さの色なりし/山澄陽子

写したる顔かき乱し蓴採る/鎌田利彦

蓴生ふる水の高さや山の池/高濱虚子

二つ池山中にある蓴かな/河東碧梧桐

京へ文蓴の池をおもふべく/石川桂郎

傾ぎゐて女ばかりの蓴舟/新谷ひろし

蓴舟みにきし時は現れず/永田耕一郎

大藪をしぼれる水や蓴生ふ/笠原古畦

小倉山そびゆる池の蓴かな/柏崎夢香

採蓴の舟も近づく渡りかな/会津八一

採蓴の船に水寺の念佛かな/会津八一

故郷を去つて蓴を喰ふかな/会津八一

水の面に額づくごとく蓴採り/山下節子

蓴生ひ芹立ち蝌蚪は形を了ふ/石塚友二

ぬらぬらと雫こぼし蓴摘む/高瀬吉佐子

はばからず降れる大雨蓴沼/和田耕三郎

蓴採る舳先に膝を乗り出して/赤羽岳王

両脚の見えで水輪や蓴生ふ/徳永山冬子

暑くなる蓴の池を去りにけり/山口青邨

蓴取り午報待たずの昼餉かな/湯橋喜美

俳句例:41句目~

蓴撰りわけるだけなる日傭女/後藤立夫

蓴摘みめよき顔を上げよかし/松藤夏山

蓴採る手に萍をつけしまゝ/小山/二虹

水輪ばかり拡ごる夜の蓴かな/秋山夏樹

池荒れて蓴の宿もなくなりし/福井圭児

蓴とる舟いと小さき堀江かな/会津八一

蓴生ふ月にうるみて河童の碑/岡崎真也

山神の寝くたれ髪は蓴かな/東洋城千句

蓴舟かたむくまゝに双手漕ぎ/川上玉秀

蓴とる舟の蓴を押し分けて/塩月/能子

同齢の死のわたりゆく蓴かな/草間時彦

見えながら鎌からみたる蓴かな/森田峠

身一つを入るる盥に蓴採る/鈴鹿野風呂

動くともなく動きをり蓴舟/三ヶ森青雲

蓴生ふ沼のひかりに漕ぎにけり/西島麦南

沼の日や音たぽたぽと蓴採り/山田みづえ

蓴採見てゐてければ日焼けたる/松藤夏山

たぐり寄せて夕月かゝる蓴かな/高田蝶衣

蓴生う富士の伏流水ぞんぶん/若林つる子

みちのくを去る日も近き蓴かな/高木晴子

俳句例:61句目~

蓴採るがまんくらべの相手なく/宮津昭彦

道孤なり蓴取る池に出たりけり/高浜虚子

蓴採る一舟沼にかたむきて/山野辺としを

蓴池すでに正午を過ぎてゐし/小宮山政子

ぬめることもてあらがへる蓴摘む/桑田青虎

も一つの沼は蓴の生ふるとか/大塚/あつし

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ