季語/雪渓(せっけい)を使った俳句

「雪渓」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪渓」について

【表記】雪渓

【読み方】せっけい

【ローマ字読み】sekkei

子季語・関連季語・傍題・類語など

・クレパス(くれぱす:kurepasu)

季節による分類

・「せ」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

雪渓を含む俳句例

雪渓を戴き屋根の尖る駅/林翔

雪渓は船出の形青空へ/矢島恵

雪渓の裾の放牧山桜/川村紫陽

雪渓に紫曳いて海迫る/古館曹人

一痕の雪渓肩に男富士/富安風生

雪渓を天の鏡に開田村/野澤節子

声のなき雪渓の裾岩鏡/石原八束

白馬岳雪渓天に翼張り/橋本研二

雪渓へ馬柵黒黒と新冠/毛塚静枝

黒し白し雪渓交ふ地の牙は/林翔

雪渓を撮影隊の走りけり/白瀬露石

雪渓を渡りて神の山近し/富川敬三

雪渓を貫く如き山の雨/小竹由岐子

山梨熟れ穂高雪渓眉の上/飯田蛇笏

巌々に雪渓の裾乱れ落つ/橋本鶏二

巌頭に雪渓を来し霧分る/内山亜川

雪渓に人間といふ者小さし/上村占

雪渓に何誇るべく子を産みし/原裕

雷鳥の腹雪渓のいろ残る/棚山波朗

雪渓に遇ひし強力畳負ふ/西田浩洋

俳句例:21句目~

雪渓に黒い給水管よぎる/藤岡筑邨

雪渓を擁し鹿島は双つ峯/福田蓼汀

雪渓のひかり押へし一朶雲/岸田稚

水と時間と雪渓の底流れ/津田清子

水の音して雪渓の髄滅ぶ/津田清子

雪渓の太き亀裂を人跨ぐ/橋本鶏二

雪渓の楔アンデス山脈に/品川鈴子

雁渡し雪渓汚れ見えにけり/及川貞

雪渓に新しき傷生れけり/小林貴子

白描の雪渓白濁の霧の中/岡田日郎

雪渓が直立峰の高ければ/山口誓子

雪渓の風抗ふは火山聳つ/宮津昭彦

雪渓へ旅の終りの一礼す/都筑智子

雪渓に獣のごとき一つ岩/佐藤鬼房

雪渓やなべて短き高嶺草/佐藤瑠璃

立山の雪渓湖へ弧を描く/猪俣壽水

羊剪毛雪渓指呼に青みたり/下田稔

雪渓いまだ見ず透明な頸飾/野澤節子

雪渓の一岳ごとに蒼ざめぬ/伊藤敬子

雪渓の裾の浸れる阿弥陀池/岡田日郎

俳句例:41句目~

雪渓の水汲みに出る星の中/岡田日郎

雪渓に白夜もあをき天蓋を/桂樟蹊子

雪渓の位置定まれる一樹光/飯田龍太

雪渓の村に伝へて黙示劇/加倉井秋を

雪渓の嶺傘雲をただよはす/高橋冬竹

雪渓の底の暗がり轟ける/井合つとむ

雪渓に対き祝祭の黒い列/加倉井秋を

雪渓に山鳥花の如く死す/野見山朱鳥

雪渓に泣いて日高の赤ん坊/斉藤夏風

人里に迫る雪渓モンブラン/田中由子

便追や見えて雪渓近からず/中村省一

雪渓といふ天帝の忘れもの/八染藍子

雪渓の霧やりすごす野鶲か/堀口星眠

夏の蝶一つ雪渓渡りけり/金尾梅の門

雪渓の風の抜け口おお涼し/高澤良一

雪渓のままに傾き蝶飛べり/河野南畦

雪渓の風紋に落ち蝶死せり/橋本鶏二

雪渓の黒点むくと歩き出す/山田晴彦

天よりも雪渓ひかる夜明け前/原柯城

黒雪渓山の睡気を持ち歩く/津田清子

俳句例:61句目~

雪渓の端攀ぢいつか雲の中/岡田日郎

婚終へて雪渓に死す雪虫か/堀口星眠

完全に吾がもの雪渓真正面/山口誓子

雪渓へかかる無韻の蒼き影/仙田洋子

雪渓も大堰堤ものしかかり/西本一都

雪渓も白樺さへも梅雨の闇/大島民郎

雪渓や白山指呼にバス走る/磯野多希

雪渓に真向ひ老の血の匂ふ/山口草堂

雪渓や秘境尋めゆく鉈目道/西本一都

雪渓や身を傾けつ靴緊める/河野南畦

雪渓をふり返らんと腰入れぬ/岸田稚

暮れてなほ雪渓見ゆる坊泊り/山口重

雪渓を削り大瀧とどろけり/松本章三

槍沢も雪渓となる雲往来/石橋辰之助

水芭蕉垂るる雪渓より白し/羽部洞然

雪渓を天に懸けたり娶る家/木村蕪城

火口湖に浸く雪渓の青き端/太田英友

雪渓に罐詰うづめあり楽し/福田蓼汀

白馬の雪渓見よと鳴く青鵐/大島民郎

雪渓の一つがさつに風の谷/高澤良一

俳句例:81句目~

雪渓を源流とせり青胡桃/冨田みのる

雪渓を蝶越ゆらんと影乱し/河野南畦

窯出しの壺雪渓へ並べたる/河野南畦

芳しき雪渓の岳おそれけり/伊藤敬子

落石とどまる雪渓の仮の平/津田清子

雪渓の下にたぎれる黒部川/高濱虚子

蓑をつけ雪渓の辺の蕨摘む/西本一都

雪渓を踏み来し足を絨毯に/稲畑汀子

雪渓の汚れて堅き象皮なす/茨木和生

雪渓を鋭き羽のゆきにけり/石田郷子

袈裟がけに青山肌に一雪渓/福田蓼汀

雷鳥の声雪渓の風にのり/小原菁々子

鳴く蛙たゞに雪渓天懸る/石橋辰之助

蹠に雪渓にじむちんぐるま/前田鶴子

雪渓の水音の白根葵かな/伊藤いと子

突つ張の雪渓の端しづくして/津田清子

さびしさの日の雪渓の裾を踏む/有働亨

ひざまづく白根葵に雪渓に/青柳志解樹

雪渓のさやぐ音のみ小屋泊り/堀口星眠

雪渓の舌の先なるチングルマ/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ