季語/金雀枝(えにしだ)を使った俳句

「金雀枝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「金雀枝」について

【表記】金雀枝

【読み方】えにしだ

【ローマ字読み】enishida

子季語・関連季語・傍題・類語など

・金雀花(えにしだ:enishida_)

・金雀児(えにしだ:enishida__)

季節による分類

・「え」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

金雀枝を含む俳句例

金雀枝や暗き水嵩が垣の外/本橋仁

金雀枝や兎皮買の車過ぐ/小池文子

庭先の金雀枝明り畳縫ふ/石川文子

金雀枝や肋の青き少年期/星野石雀

荒城や群るる金雀枝夕映に/小池文子

金雀枝に歩行訓練声出して/西浦一滴

金雀枝や喪の裏窓の鬱金色/小池文子

金雀枝をくゞることかな祭笛/齋藤玄

金雀枝や構へてみても女かな/徳永弘子

金雀枝の黄に出会ふ風旅楽し/稲畑汀子

夢紡ぐまで金雀枝の花あかり/藤田湘子

溝鼠金雀枝の下ゆききする/川島彷徨子

金雀枝や日蓮は日の降る國へ/井上康明

金雀枝の爛熟や日の高みより/橋本榮治

金雀枝や基督に抱かると思へ/石田波郷

金雀枝や地の神々を遠くして/坂井三輪

金雀枝の丘をそびらに調香師/井上閑子

金雀枝やわが貧の詩こそばゆし/森澄雄

鶯や生花の稽古はえにしだに/野村喜舟

えにしだや蔵は原酒の香り満つ/堤京子

俳句例:21句目~

町筋に金雀枝の咲く鍛冶屋あり/清崎敏郎

金雀枝や時計を隠しおほすべう/柚木紀子

金雀枝に前世のごとき記憶あり/平井照敏

金雀枝に微熱の午後の長かりし/岡本雅洸

処女眠し金雀枝遠く咲き満てば/岸風三樓

金雀枝の黄にある空の碧さかな/石川風女

えにしだのタベは白き別れかな/臼田亞浪

えにしだの花の吹かれて漂へる/本田空也

えにしだの金に天気のたちなほる/上村占

えにしだの黄や夕月はいろどらず/原一穂

えにしだや胎内よりの夕ごころ/高田律子

大風の金雀枝にきて進まざる/蓬田紀枝子

春雨のえにしだの素直なる青さ/臼田亜浪

えにしだは暮れて遐世の眠りかな/太田鴻村

金雀枝や子の声常にかたまれる/古賀まり子

金雀枝や白堊に罅の領事館/七田谷まりうす

金雀枝や祈りの果てを狂ひたる/田中ただし

吾子という朝虹の緒よ金雀枝よ/川田由美子

花街みて夜の金雀枝の前にたつ/渡辺七三郎

金雀枝を咲かせて花壇あるくらし/稲畑汀子

俳句例:41句目~

芽ぶくともなく金雀枝の枝青し/川島彷徨子

金雀枝にサラダ菜振るや西透きぬ/小池文子

えにしだの細きにも雪つきそめし/臼田亞浪

金雀枝の咲きあふれ色あふれけり/藤松遊子

金雀枝の咲きそめて地に翳りあり/鈴木東州

金雀枝やカエサル如何に息絶へし/大林淳男

えにしだの黄色は雨もさまし得ず/高浜虚子

金雀枝の闇にひそみて黄なりけり/藤松遊子

金雀枝の黄もやうやくにうつろひぬ/長尾修

厚き雪がえにしだを捕え枝撓む/田川飛旅子

金雀枝の黄金焦げつつ夏に入る/松本たかし

溷濁を眼にえにしだの風の午後/千代田葛彦

金雀枝が黄を吐き崖を吐きに吐く/増田まさみ

石化金雀児呪詛の解かれぬまま夜長/嶋田麻紀

しづごころともなし金雀枝の夕あかり/森澄雄

金雀枝のたつぷり咲いて消え果てぬ/栗林千津

金雀枝の暮れがての黄の濃かりけり/藤松遊子

金雀枝のそよぎにふれて噴湯立つ/岡本まち子

金雀枝に瞳を炎やし少年となりぬ/千代田葛彦

金雀枝や嬰児は漬物石と同じ重さ/柴田白葉女

俳句例:61句目~

金雀枝の明るさに目を止めてゆく/永森とみ子

金雀枝や子の耳打ちに背をかがめ/永井たえこ

風の金雀枝あやふし吾子の歩み初め/中嶋秀子

金雀枝や日の出に染まぬ帆のひとつ/水原秋櫻子

ひながき日にごり金雀枝黄をつくす/川島彷徨子

産みに来てえにしだの黄に喰はれゐる/栗林千津

えにしだの黄にむせびたる五月かな/久保田万太郎

夕霧は捲毛のやうにほぐれ来てえにしだの藪も馬もかなはぬ/斎藤史

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ