季語/日盛(ひざかり)を使った俳句

「日盛」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「日盛」について

【表記】日盛

【読み方】ひざかり

【ローマ字読み】hizakari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・日の盛(ひのさかり:hinosakari)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

日盛を含む俳句例

灯台へ心崖なす日の盛/原裕

日盛や半ば曲りて種胡瓜/闌更

日盛や蜘の囲光る小松原/蒼狐

日盛や額爛れし急使/尾崎紅葉

日盛や馬の腹覆羅に/野村喜舟

栗虫の糸吐く空や日の盛り/乙字

日盛りの一本蓼や飛鳥川/原田喬

日盛の蝶飛んでゐる森の中/青邨

長命寺裏の日盛り梅酒のむ/波郷

日盛りの女陰冷たき青線忌/蝶丸

煤下がる日盛りあつし台所/怒風

日盛や松脂匂ふ松林/芥川龍之介

日盛や杖の鈴鳴る盲僧/小川軽舟

日盛りの一個の鞄軽からず/八木實

日盛りや祭の聯の小買物/増田龍雨

日盛りや二筋黒き壁の跡/関森勝夫

日盛のひそけさ人のあはぬ道/暁浪

日盛りの街海坂に傾ける/石原舟月

笹原や笹の匂も日の盛/芥川龍之介

玉虫を殺めて美童日の盛り/岩村蓬

俳句例:21句目~

日盛や鏡のごとき父の墓/西野晴子

日盛や鐘を撞かせて端書売る/篠原

日盛の潮の汚れに白秋碑/木村蕪城

日盛りの蔓あそばせて吉野山/魚目

火口湖の湛ふ寂寞日の盛り/有働亨

洛中に地卵が来る日の盛/大屋達治

日盛りの岩をめがけて草の蔓/宋淵

日盛を来て山坊の水甘き/田中延幸

日盛りの町中にして傘屋/飯田蛇笏

日光の東照宮も日の盛り/岡本武三

大杉の巌の如し日の盛り/高浜虚子

日盛や人大笑す道の家/東洋城千句

日盛や土塊の影蝶の影/島村元句集

日盛りや葭雀に川の音もなき/一茶

日盛や松の下なる手桶水/野村泊月

日の盛鎹打たる仁王の脛/高澤良一

日盛や汽車路走る小さき蟹/泉鏡花

仏飯をつらぬく箸や日の盛り/狩行

日盛や漂流物の中に櫛/夏井いつき

日盛を御傘と申せ萩に汗/榎本其角

俳句例:41句目~

日盛りの時鳥啼く杉の山/吉田冬葉

日ざかりや海人が門辺の大碇/子規

梅干すや撫子弱る日の盛/子規句集

蜩や山の施餓鬼の日盛に/北原白秋

腰太き南部日盛農婦かな/成田千空

日盛や橋立の松あるものに/尾崎迷堂

日盛や罔兩一人汝か我か/松根東洋城

ささげまつる鉄鉢の日ざかり/山頭火

日盛や蟻這ひ出づる蝉の穴/会津八一

日盛を少し気弱になり歩く/武藤和子

日盛や誰も応へぬ種物屋/藤田あけ烏

日盛りの老人割引利く映画/高澤良一

古人見詰めけむ日盛の影法師/草田男

日盛りや褥を背後退路なし/斎藤空華

日盛や鯉に瞼のあるらしく/山本洋子

山初雪鍬の柄熱き日の盛り/永井龍男

好き友のくすし見えけり日の盛/太魯

山下りていま日盛りの娑婆世界/春樹

日盛りにとびの黒人足場組む/熊沢豊

女一人帯解寺に日の盛り/冨田みのる

俳句例:61句目~

日ざかりの吉野に入るや靭草/森澄雄

古釘を打ち直しゐる日の盛り/龍岡晋

日盛りに蝶のふれ合ふ音すなり/青々

日ざかりの花やすずしき雪の下/呑舟

力無きあくび連発日の盛り/高浜虚子

万象に影をゆるさず日の盛/相馬遷子

一通り消息つげて日の盛り/中村汀女

萬象に影をゆるさず日の盛/相馬遷子

日盛に知らぬ小鳥の遠音かな/泉鏡花

日盛りの元湯六花の六角堂/高澤良一

日盛の門を出て行く曠衣哉/尾崎紅葉

日盛の坂おし上くる車かな/尾崎紅葉

月草は日盛りの花とも思ふ/行方克巳

日盛りの鉄砲屋敷溝潺々/下村ひろし

日盛の風ありと見し孔雀草/柏崎夢香

軒下の天水くらし日の盛/細木芒角星

よき友のくすし見えけり日の盛/大魯

東京のいまが日盛り水中花/高野素十

日盛の庭にをかしや蛸の籠/高橋馬相

日盛の念珠懸けたる柱かな/松村蒼石

俳句例:81句目~

日盛や乗り降りなきにドア開く/爽波

日盛や人の噂に口あはせ/馬場移公子

日盛や人の気もなき二尊院/野村泊月

見上げ行く芝居櫓や日の盛/野村喜舟

日盛りの畳つめたき父の家/辻田克巳

日盛りの唐鳩は声忘れしか/斎藤道子

日盛や岸打つ汐の音は音/東洋城千句

日盛や息をしてをる蜥蜴の尾/辻桃子

日盛や所かへたる昼寝犬/島村元句集

日ざかりや凌霄おごる松の上/森鴎外

日盛の火焚けば肌にくる煙/右城暮石

カルストの立枯松や日の盛り/森田峠

銀行の窓の葭戸や日の盛り/増田龍雨

我が影に齢生じる日の盛り/谷口桂子

日盛の破船無数の蟹が棲む/中島斌男

日盛りの宅造天に至るまで/福原紫朗

日盛や箕に溢れたる垣刈穂/西山泊雲

獄門に息せき近む日の盛り/飯田蛇笏

日盛りを来て病廊の暗さかな/清水不二

日盛りを煌めき渡る風のあり/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ