季語/蚊帳吊草(かやつりぐさ)を使った俳句

「蚊帳吊草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蚊帳吊草」について

【表記】蚊帳吊草

【読み方】かやつりぐさ

【ローマ字読み】kayatsurigusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

蚊帳吊草を含む俳句例

向脛に蚊帳吊草の花の露/高濱虚子

月明の蚊帳吊草の下は崖/岸本尚毅

塗薬吹いて乾かす蚊帳吊草/鈴木鷹夫

かやつり草翁も泊てし川港/高澤良一

草の戸の二帳三帳蚊帳吊草/山口青邨

脛痒く蚊帳吊草の中にゐる/中原道夫

露涼し蚊帳吊草は花つけて/小杉余子

吾が弱気妻の強気や蚊帳吊草/鈴木鷹夫

蚊帳吊草早く昔になればいい/齋藤愼爾

蚊帳吊草日当つて花紛れけり/宮津昭彦

蚊帳吊草古風な風を送りけり/高澤良一

島に来て蚊帳吊草の日暮かな/守山琴女

思ひ出は蚊帳吊草をつりしこと/牧野風

筆塚にかしづく如し蚊帳吊草/笠原古畦

代参や蚊帳吊草も実をもちて/萩原麦草

蚊帳吊草玄燈のいつ始まるか/高澤良一

蚊帳吊草繃帯の子に憧れて/正木ゆう子

くもの囲も蚊帳吊草も露びたり/橋本鶏二

ながらへて蚊帳吊草を吊り遊ぶ/和田祥子

旅の野の蚊帳吊草をすいと割く/入江朝子

俳句例:21句目~

昭和日暮の蚊帳吊草を吊る遊び/柿本多映

風知つて動く蚊帳吊ぐさばかり/大野林火

枯れ枯れて蚊帳吊草とわかるまで/上村占

母死なむ蚊帳吊草にわが佇てば/藤田湘子

淋しさの蚊帳吊草を割きにけり/富安風生

蚊帳吊草昼酒のややふかかりし/草間時彦

蚊帳吊草海へ去りゆく風ばかり/有馬籌子

ある日挿すかやつり草と白木槿/黒田杏子

いつぽんの蚊帳吊草よ父の墓よ/塚原夜潮

かたくなに一人遊ぶ子蚊帳吊草/富安風生

かやつり草裂きて悲しみ新たなる/菊池輝行

蚊帳吊草寺領に童女が尿とばす/磯貝碧蹄館

仔牛の目かやつり草にかこまれて/藤田湘子

くさむしり蚊帳吊草はさはやかに/松村蒼石

かやつり草一と茎は児に引き残す/林原耒井

かやつり草雲のふくるること迅し/藤岡筑邨

香にたちて裂きて蚊帳吊草あそび/皆吉爽雨

蚊帳吊草用なきもののたくましき/西村和子

蚊帳吊草唇にくはへぬ吾にもなく/加倉井秋を

かやつり草背高きは摘み取られけり/高澤良一

俳句例:41句目~

真珠湾みる蚊帳吊草を踏み立ちて/田川飛旅子

蚊帳吊草蚊帳知らぬ児に吊りて見す/中原冴女

蚊帳吊草はらばへば見ゆ補陀落も/河原枇杷男

かやつり草うたた寝に似しこの世なる/櫛原希伊子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ